みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

関西弁!意味が難しい関西の言葉ランキングPart2【2021年版】(9~10位)

公開:2021-1-20 更新:2021-8-19

第10位:三角座り(体育座り)(479票)




  • 逆に方言だとは知らなかった

  • 私も関西人でしたが三角座りは使用しなかった

  • えっ、じゃあ逆に何ていうの?

見た目そのまんまです!10位は三角座り(体育座り)!


関西では体育座りのことを、膝を抱え込んで座る様子が三角形に見えるため「三角座り」と呼ぶことがあります。ただし関西弁として広く定着しているかと言えばそうでもないようでして、兵庫県では「体操座り」と言っているところもあったり、普通に体育座りと言っている学校もそれなりにある様子。あの座り方、長く続けていると辛くなりますよね。近頃は必ずしも三角座り=体育時の座り方とはしない流れだそうです。

第9位:アテ(おつまみ)(504票)




  • 飲み屋さんで聞いたことある!

  • ワテ(自分)に聞こえることも多々あった

  • アテって何を当てにしてるのかなって思った

お酒と楽しむ食べ物はすべてこれ!9位はアテ(おつまみ)!


関西弁では広く酒の肴をアテと言いまして、おつまみ的な食べ物はもちろんなんですが、お酒といっしょに楽しむ食べ物全般は「アテ」と言ってもいいかも知れません。冷奴も冷やしトマトもお酒といっしょならばアテ、餃子だってお好み焼きだってビールのアテだし、おでんも日本酒の素晴らしいアテです。ある時はごはんのおかず、そしてお酒と楽しむときには「アテ」になるってことですね。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…