みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

京都アニメーション作品おすすめ人気ランキング【2020年版】(16~20位)

公開:2020-7-14 更新:2020-7-16

会社創業自体は1981年ですが長らくグロス請けをメインとし、2003年に初めて「フルメタルパニックふもっふ」で元請制作を担当した京都アニメーション。以降様々なアニメ制作に関わってきた同社は、高いクオリティの作画と原作を忠実に再現したスタイルで、原作ファンからも愛されるアニメを数多く世に送り出してきました。そこで、今回ご紹介するのが「京都アニメーション作品おすすめランキング」!時代を超えて愛される名作が並んだアニメファン必見のランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:10~50代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「京都アニメーション作品おすすめ人気ランキング【2020年版】」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:7,058名/調査日:2020年6月30日)


京都アニメーション作品おすすめ人気ランキング【2020年版】TOP20!

まずは20位から16位を発表!あなたが京アニ作品でみんなにお勧めしたいアニメの順位は?高クオリティな作画と繊細な心象風景で人気の京アニ作品、最新TOP20一覧です。注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:AIR(206票)

20位は2005年放送アニメ「AIR」。後に続く「Kanon」、「CLANNAD」といったいわゆるKey作品3部作をテレビアニメ化する京アニですが、その第1号となったのが本作。おとぎ話のような物語には奥深さもあり、劇中で描かれる家族愛に思わず涙します。Liaさんが歌った主題歌「鳥の詩」はネット界隈では「国歌」と称されるほどに愛され、今も多くのファンに支持される人気のアニソンとなっています。




第19位:境界の彼方(210票)

19位は2013年放送アニメ「境界の彼方」。鳥居なごむさんのライトノベルをテレビアニメ化した、異能力者の登場するファンタジーアニメです。メガネっ娘が好きでたまらない主人公の神原秋人、メガネが似合うヒロインの栗山未来が紡ぐ物語はコミカルなシーンも多いですが、終盤の感動展開に涙した方も多いでしょう!





第18位:CLANNAD(212票)

18位は2007年放送アニメ「CLANNAD」。家族愛や友人との出会いをテーマに、主人公の岡崎朋也と古河渚を中心に展開する物語は暖かくも切ない青春物語の傑作です。続編「CLANNAD ~AFTER STORY~」と合わせて、完成度の高い物語は原作であるPCゲーム版からのファンにも高く評価され、数ある京都アニメーション制作作品の中でも屈指の泣けるアニメとなりました。





第17位:甘城ブリリアントパーク(213票)

17位は2014年放送アニメ「甘城ブリリアントパーク」。ダメ遊園地として名を馳せた「甘城ブリリアントパーク」を再建するため、その責を負うことになった主人公の可児江西也が奮闘する物語です。秀逸なデザインの可愛らしいキャラクターも多数登場し、全編を通してコメディチックに描かれるので軽いノリで観られるのも魅力的!気軽に触れられる親しみやすさは京アニ作品の中でもトップクラスですね!





第16位:たまこまーけっと(225票)

16位は2013年放送アニメ「たまこまーけっと」。「けいおん!」でタッグを組んだ監督の山田尚子さん、脚本の吉田玲子さんが再び合体!京都アニメーションは原作のある作品のアニメ化がほとんどですが、本作は数少ない例外である完全オリジナルアニメとなっています。主人公の女子高生・北白川たまこを中心とした人情味あふれる優しい物語であり、2014年には続編となる映画「たまこラブストーリー」も制作されました。




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…