京都アニメーション作品おすすめ人気ランキング【2020年版】

目次

第5位:空を見上げる少女の瞳に映る世界(363票)

  • 純粋なアニメで心が癒されます

京アニらしさが詰まったオリジナルファンタジーアニメ!第5位は空を見上げる少女の瞳に映る世界!

5位は2009年放送アニメ「空を見上げる少女の瞳に映る世界」。京アニ制作アニメの中でも数少ないオリジナルアニメの1つにして、OVAの「MUNTO」、テレビ版を再編集した劇場版アニメ「天上人とアクト人最後の戦い」と合わせて「MUNTO」シリーズを構成する作品となっています。その出演数の多さから「京アニ声優」なんて呼ばれることもある相沢舞さん演じる主人公の日高ユメミをはじめ、小野大輔さん、今野宏美さん、白石稔さんといったおなじみのキャスト陣にも注目であり、京アニらしさが詰まった作品と言えるでしょう。

第4位:映画 聲の形(426票)

  • 切ない心模様が印象的でした
  • 心にささった。すばらしかった

辛さも切なさも感動をも含んだ京アニ渾身の1作!第4位は映画 聲の形!

4位は2016年公開映画「聲の形」。京都アニメーションが手掛けてきた数多くのアニメ映画の中で、TVアニメと連動していない独立した作品となります。物語の中心となるのは生まれつきの聴覚障害を持つ西宮硝子、かつて彼女をイジメていた主人公の石田将也。障害やイジメ、生と死といった重いテーマを扱う本作は、他の京アニ作品にはあまりないモヤっとする描写が見受けられます。しかし、その重さと揺れ動く心模様、誰もが一度は経験したことのある描写があるからこそ心に刺さり、大きな反響を呼んだ作品となりました。ヒロインの硝子を演じた早見沙織さんの素晴らしい演技は、その感動をより大きなモノにする注目ポイントとなっています。

第3位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン(430票)

  • 素敵なエピソードが多かったので続きを観たい
  • 悪役が多くなった子安武人さんの超ステキな上司が観られるので。あの柔らかい声の『ヴァイオレットちゃん』はたまりません!
  • アニメに興味のない友人も『泣いた』と言っていた

京都アニメーションの1つの到達点!第3位はヴァイオレット・エヴァーガーデン!

3位は2018年放送アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。「京都アニメーションと言えば美しいビジュアル」という世間の声があるため、課せられたハードルは高いものがありますが、そんなハードルを悠々と超えていったのが本作。自動手記人形として手紙に関わり「愛してる」の意味を学んでいく主人公・ヴァイオレットの描きこまれた表情、街の風景、練り込まれたシナリオと全てが高水準!王道的ながらも感動的な物語は泣けるアニメの最高峰とまで称され、劇場版も素晴らしいクオリティでした。

気になる2位・1位は…

1 2 3 4 5 6

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次