一気読みしたい!完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】

ラストまで気持ちよく一気読みできるのが魅力の完結漫画!

今回はそんな完結済み漫画の中でも、2020年から2021年に最終回を迎えた少年・青年マンガをランキングで紹介(少年誌・青年誌連載、ウェブ・アプリ配信の作品含む)!
様々なイチオシ作品が登場の注目ランキングです!

完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】
TOP20一覧
  • 1位「鬼滅の刃」吾峠呼世晴 <全23巻> (555票)
  • 2位「進撃の巨人」諫山創 <全34巻> (358票)
  • 3位「はたらく細胞」清水茜 <全6巻> (300票)
  • 4位「コウノドリ」鈴ノ木ユウ <全32巻> (250票)
  • 5位「ドラゴン桜2」三田紀房 <全17巻> (246票)
  • 6位「ハイキュー!!」古舘春一 <全45巻> (216票)
  • 7位「約束のネバーランド」白井カイウ/出水ぽすか <全20巻> (189票)
  • 8位「鬼灯の冷徹」江口夏実 <全31巻> (161票)
  • 9位「ぼくたちは勉強ができない」筒井大志 <全21巻> (143票)
  • 10位「不機嫌なモノノケ庵」ワザワキリ <全18巻> (135票)
  • 11位「七つの大罪」鈴木央 <全41巻> (128票)
  • 12位「僕は友達が少ない」平坂読/いたち/ブリキ <全20巻> (116票)※同率
  • 12位「五等分の花嫁」春場ねぎ <全14巻> (116票)※同率
  • 14位「ゆらぎ荘の幽奈さん」ミウラタダヒロ <全24巻> (115票)
  • 15位「BEASTARS」板垣巴留 <全22巻> (114票)
  • 16位「スモーキン’パレヱド」片岡人生/ 近藤一馬 <全10巻> (113票)
  • 17位「プラチナエンド」大場つぐみ/小畑健 <全14巻> (108票)
  • 18位「トクサツガガガ」丹羽庭 <全20巻> (107票)
  • 19位「さよなら私のクラマー」新川直司 <全14巻> (102票)
  • 20位「サマータイムレンダ」田中靖規 <全13巻> (101票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)4,644名/調査日:2021年7月14日

目次

第1位:「鬼滅の刃」吾峠呼世晴 <全23巻>(555票)

  • 気になると思った頃には完結して驚き。全巻買いました!
  • アニメとの違いを楽しみたい
  • 普段は漫画読まない私も読んでしまいました。家族愛の盛り込みが素晴らしかった

アニメ化から大ヒット!空前の大ブームを巻き起こしたモンスターコンテンツ!1位は「鬼滅の刃」!

1位は週刊少年ジャンプで2016年から連載していた「鬼滅の刃」。2020年12月発売の第23巻をもって完結しました。時は大正時代、とある経緯から鬼と化してしまった妹を救うため、戦いに身を投じる主人公の少年・竈門炭治郎の姿を描きます。王道スタイルな熱血少年漫画にとどまらない死生観を強く感じさせる展開や、魅力あふれるキャラクターたちの心情描写が幅広いファン層の心を捉えました。コミックス累計発行部数は電子書籍版を含めて1億5000万部を突破。わずか4年の連載でここまで驚異的な数字を積み上げた漫画は他にありません!

第2位:「進撃の巨人」諫山創 <全34巻>(358票)

  • 完結してまた1話から読み返したくなった!
  • 巨人と戦うお話という概念をひっくり返すぐらい、面白くてかっこいい漫画
  • 最初はグロテスクすぎて受け入れるのに時間がかかったけど『生とは何か・死とは何か』『人間が一番偉いのか』『身分とは』など色んな事を考えさせてくれた

徐々に広がっていくスケール、明かされる世界の真実に震える!2位は「進撃の巨人」!

2位は別冊少年マガジンで2009年から連載していた「進撃の巨人」。2021年6月発売の第34巻をもって完結しました。人類を襲う謎の巨大生物・巨人と、それに対抗する人々の物語としてスタート。……しましたが、主人公の少年・エレンらが住む地にはとある秘密が隠されていて、そればかりか人間vs怪物ではなく、次第に物語の本質は変化していき……。随所に張られた伏線とその回収などが大きな魅力であり、ハードな世界観で展開するバトルものとして世界中で話題を呼びました。単行本世界累計発行部数は1億部超、作者・諫山創さんが連載期間約11年で描き上げた壮大な物語は今後も長く語られるでしょう!

進撃の巨人の無料フル動画配信の視聴方法を見る

第3位:「はたらく細胞」清水茜 <全6巻>(300票)

  • 身体のことを理解できて、かつ面白い
  • 人間の身体の仕組みや免疫とか、臓器の働きなどが勉強になる。漫画医学書みたいです
  • 細胞が、話したり悩んだり~斬新。人体の不思議を目の前に見せてもらえる

人体では日夜こんな事が起きている!?全6巻にギュっと詰まった魅力!3位は「はたらく細胞」!

3位は月刊少年シリウスで2015年から連載していた「はたらく細胞」。2021年2月発売の第6巻をもって完結しました。人間の体内に存在する様々な細胞、組織の働きを擬人化して描く医療系ギャグ漫画であり、怪我や病気に対する知識をわかりやすく楽しみながら深められる点も◎。本編こそ全6巻で完結となりましたが、「はたらく細胞BLACK」など、原作者・清水茜さんが監修した様々なスピンオフ漫画にも派生して、「はたらく細胞ワールド」はどんどん広がっています!

第4位:「コウノドリ」鈴ノ木ユウ <全32巻>(250票)

  • ありのままの妊娠・出産のすばらしさはもちろん、ハイリスクな出産についての知識も得ることができる名作だと思う
  • 自分も出産をしたから感動した!基本的に一話~二話完結だけど、全体的な医師たちのストーリーも面白い
  • 助産師の私からしてもリアルだし泣ける

周産期医療の現場をリアルに描く!4位は「コウノドリ」!

4位はモーニングで2012年から連載していた「コウノドリ」。2020年9月発売の第32巻をもって完結しました。産婦人科医の男性医師・鴻鳥サクラが担当する妊婦、さらにその家族たちの姿が描かれたリアリティある作風で話題に!1つ1つのエピソードが「命の重み」を痛切に感じさせ、シビアな選択を迫られる産科の現実なども読む人の心にズシっと来ます。出産だけでなく、その後の子育てなどもテーマとして扱い、様々な感動を内包した漫画として高く評価されています!

第5位:「ドラゴン桜2」三田紀房 <全17巻>(246票)

  • ドラマと内容が違うと聞いて俄然気になってる!
  • ドラマが面白かったから、読んでみたい!
  • もっと若い頃に出会いたい漫画だった

現代版・東大受験も説得力バツグンの面白さ!5位は「ドラゴン桜2」!

5位はモーニングで2018年から連載していた「ドラゴン桜2」。2021年6月発売の第17巻をもって完結しました。漫画だけでなく、俳優・阿部寛さん主演のドラマも大好評となった「ドラゴン桜」の続編であり、本作でも元暴走族の弁護士・桜木建二が生徒たちを東大へ合格させるべく指導する様子を描きます。大きなテーマとしては大学受験ですが、各種試験などに通じるモノの考え方や勉強方法など、現代社会に即した実用書的な面も支持されました。説得力あふれる「桜木節」につい共感してしまう場面も多い、との声も上がります!

第6位:「ハイキュー!!」古舘春一 <全45巻>(216票)

  • バレー漫画に初めてここまでハマった!
  • 途中までしか読んでないので、最後まで一気読みしたい!
  • 終わっちゃって寂しい。登場人物全員大好きでした!

バレーに打ちこむ男子たちの熱き青春!6位は「ハイキュー!!」!

6位は週刊少年ジャンプで2012年から連載していた「ハイキュー!!」。2020年11月発売の第45巻をもって完結しました。高校バレーボールをテーマにしたスポーツ漫画であり、メインとなる烏野高校男子バレー部以外にも様々な高校、キャラクターにも焦点が当たり物語が展開します。熱き友情、バレーにかける青春を楽しめるのはもちろん、夢を追う者、夢を諦める者……と、終盤に訪れる「その後」を描いたストーリー展開も激アツ!作品としての終わり方も美しいと漫画ファンに絶賛されます。巻を追うごとに迫力が出てくる作画もポイントであり、作者・古舘春一さんの進化も感じられる一作ですね!

アニメハイキューの無料フル動画配信の視聴方法を見る

第7位:「約束のネバーランド」白井カイウ/出水ぽすか <全20巻>(189票)

  • あの複雑なストーリーで早くも完結するとは驚き
  • 今までにない作品でハラハラ・ドキドキできた
  • 絵もキレイで読み応えがある

一度ハマると目が離せない、傑作サスペンス・ホラー!7位は「約束のネバーランド」!

7位は週刊少年ジャンプで2016年から連載していた「約束のネバーランド」。2020年10月発売の第20巻をもって完結しました。孤児院・グレイス=フィールドハウスに隠された恐ろしき秘密、その陰謀を知った孤児院の少女・エマらは脱走を計画しますが……。ダークな世界観とスリルに富んだ物語で読む人を引き込み、ただコワいだけでなく感動的な場面も多いのが特徴です。誰が本当の敵なのかわからない恐怖、伏線だらけの脚本、絶望の中で生まれる希望など、様々なテーマをわずか20巻で描き切った白井カイウさんのストーリー構成、出水ぽすかさんの作画力に称賛しかありません!

第8位:「鬼灯の冷徹」江口夏実 <全31巻>(161票)

  • 漫画もアニメも好き!
  • お気に入りです!キャラクターがどれも魅力的
  • 地獄のしっかりとした組織が面白い、結構続いていたのに終わるのは惜しいぐらい

ブラックな笑いが支配する地獄系日常漫画!8位は「鬼灯の冷徹」!

8位はモーニングで2011年から連載していた「鬼灯の冷徹」。2020年9月発売の第31巻をもって完結しました。舞台は地獄、閻魔大王を補佐するドSな鬼神・鬼灯(ほおずき)と周囲の人々のやり取りを描いたギャグ漫画であり、最初から最後まで賑やかで笑いが詰まった作風で親しまれました。地獄や悪魔にまつわる豆知識など、ちょいちょい挟まれるネタも興味深く、楽しげな地獄ライフが最後まで満喫できる、とファンに愛されています。ギャグ漫画を長期連載するのは大変な事ですが、作者・江口夏実さんの高い力量を感じた漫画でしたね!

第9位:「ぼくたちは勉強ができない」筒井大志 <全21巻>(143票)

  • 絵がかわいらしい。続きが気になってついつい最後まで読んでしまうと思います
  • ぼく勉は初めて買ったラブコメです!この作品に出会えてよかった!
  • 最後までめちゃくちゃおもしろかったのでオススメ

結ばれるのは誰?夢の青春ハーレム系ラブコメ!9位は「ぼくたちは勉強ができない」!

9位は週刊少年ジャンプで2017年から連載していた「ぼくたちは勉強ができない」。2021年3月発売の第21巻をもって完結しました。学業成績優秀な高校生・唯我成幸(ゆいが なりゆき)と、彼が勉強を教える美少女たちとの学生生活を描きます。青春ラブコメとしてもちろん恋愛描写がありますが、注目すべきは各ヒロインと結ばれるいくつものパラレルストーリーを用意したこと。最終話のストーリーとは別に、ファンそれぞれの思い入れのあるキャラが結ばれる「ぼくたちは勉強ができない Route:if」バージョンが書き下ろされ、各ヒロインたちの幸せな表情が見られたのも嬉しいポイントですね!

第10位:「不機嫌なモノノケ庵」ワザワキリ <全18巻>(135票)

  • アニメが面白くてハマった~
  • この作品とワザワキリ先生に出会うことができて幸せです
  • 終わっちゃってロスになってます……!

人間と妖怪たちの不思議な交流を描く!10位は「不機嫌なモノノケ庵」!

10位はガンガンONLINEで2013年から連載していた「不機嫌なモノノケ庵」。2021年7月発売の第18巻をもって完結しました。高校生・芦屋花繪(あしや はなえ)と、物怪庵の当主として妖怪を祓う高校生・安倍晴齋(あべの はるいつき)を中心としたハートフルな物語です。妖怪との交流を時にコミカルに、時に感動的に描き、二人の男子高校生が織りなすバディものとしても支持されます。基本は賑やかな妖怪系ファンタジーですが、ちょっとした寂しさのある終わり方だった点が逆に心に残った……という意見も聞かれますね!

第11位:「七つの大罪」鈴木央 <全41巻>(128票)

11位は週刊少年マガジンで2012年から連載していた「七つの大罪」。2020年5月発売の第41巻をもって完結しました。少年マガジンの看板作品となった長期連載漫画の1つであり、伝説の騎士団〈七つの大罪〉を率いるメリオダスとその一行の戦いが描かれます。能力を駆使して戦う王道系少年漫画としての熱さはもちろんですが、意外な伏線が回収されていく展開も秀逸です。ちなみに、本作の続編として「黙示録の四騎士」も2021年1月からスタートし、世代交代した物語はまだまだ広がっていくようです!

第12位:「僕は友達が少ない」平坂読/いたち/ブリキ <全20巻>(116票)※同率

同率12位は月刊コミックアライブで2010年から連載していた「僕は友達が少ない」。2021年3月発売の第20巻をもって完結しました。原作は平坂読さんが手掛けた同名ライトノベルであり、キャラクター原案はブリキさん。そのコミカライズとなった本作も「残念系青春ラブコメ」として人気に!高校生・羽瀬川小鷹の所属する隣人部に集まる残念な美少女達との学園ライフは、作画を担当したいたちさんの画力によってよりコミカルでイキイキとした雰囲気が魅力の作品となりました!

第12位:「五等分の花嫁」春場ねぎ <全14巻>(116票)※同率

同率12位は週刊少年マガジンで2017年から連載していた「五等分の花嫁」。2020年6月発売の第14巻をもって完結しました。成績優秀な高校生・上杉風太郎と、彼が家庭教師として教えることになった美少女五つ子姉妹との日々を描きます。成長していくキャラクター、魅力あふれる五姉妹と風太郎の関係は大きな見所であり、いわゆる「ハーレムモノ」として風太郎と誰が結ばれるのか気になった方も多いはず。ミステリ要素にも優れた傑作ラブコメです!

第14位:「ゆらぎ荘の幽奈さん」ミウラタダヒロ <全24巻>(115票)

14位は週刊少年ジャンプで2016年から連載していた「ゆらぎ荘の幽奈さん」。2020年12月発売の第24巻をもって完結しました。温泉下宿「ゆらぎ荘」を舞台とするファンタジー系ラブコメであり、霊媒体質な主人公の高校生・冬空コガラシと、「ゆらぎ荘」の地縛霊・幽奈や女性住人たちの賑やかな日々を描きます。読者の予想をハズす物語の結末にもファンから絶賛の声が上がりました!

第15位:「BEASTARS」板垣巴留 <全22巻>(114票)

15位は週刊少年チャンピオンで2016年から連載していた「BEASTARS」。2021年1月発売の第22巻をもって完結しました。擬人化された動物たちの漫画……と書くとよくある漫画のようですが、肉食動物・草食動物にわかれ、人間社会のような種族間の対立、友情、愛情などを描いた意欲作となっています。作者は、同じく少年チャンピオンで連載する「グラップラー刃牙」などで知られる漫画家・板垣恵介さんの実娘・板垣巴留さん。マンガ大賞2018大賞受賞、累計発行部数750万部突破の人気作です!

第16位:「スモーキン’パレヱド」片岡人生/ 近藤一馬 <全10巻>(113票)

16位は月刊少年エースで2015年から連載していた「スモーキン’パレヱド」。2021年7月発売の第10巻をもって完結しました。高校生・角上陽光(かくじょう ようこう)の日常は、謎の怪物たちの襲撃によって大きく変貌を遂げ……。アニメ化もした人気作「デッドマン・ワンダーランド」を手掛けた片岡人生さん、近藤一馬さんのコンビで送る、エグさ・グロさの詰まった中二病感ある物語が刺さる人には刺さります。また、スチームパンク風の雰囲気は大きな魅力であり、物語の行く末も最後まで目が離せません!

第17位:「プラチナエンド」大場つぐみ/小畑健 <全14巻>(108票)

17位はジャンプスクエアで2015年から連載していた「プラチナエンド」。2021年2月発売の第14巻をもって完結しました。不幸な生い立ちから飛び降り自殺を図った少年・架橋明日(かけはし みらい)が、天使のナッセによって命を救われた事で始まるファンタジー・サスペンス系の物語。「神」になるべく始まるサバイバルの様子を、「DEATH NOTE」や「バクマン」で知られる小畑健さん、大場つぐみさんコンビで描き、最後に回収されるタイトルの意味も含めて見ごたえのある一作となりました!

第18位:「トクサツガガガ」丹羽庭 <全20巻>(107票)

18位はビッグコミックスピリッツで2014年から連載していた「トクサツガガガ」。2020年4月発売の第20巻をもって完結しました。特撮好きなOL・仲村叶(なかむら かの)の日常、人間関係をコミカルに描いた人気作であり、特撮作品好きなら思わず笑顔になるマニアックなネタも多め。オタクあるあるな描写も共感を呼び、「独特の濃さ」を保ったまま終わったのも評価ポイントですね!

第19位:「さよなら私のクラマー」新川直司 <全14巻>(102票)

19位は月刊少年マガジンで2016年から連載していた「さよなら私のクラマー」。2021年4月発売の第14巻をもって完結しました。女子サッカーをテーマにした学園青春物語であり、主人公の女子高生・恩田希を中心に描かれる「ガチ」なスポーツ漫画として評価は高し。まだまだ先が楽しめる作品だっただけに14巻での連載終了を惜しむ声は多く、「もっと読みたい!」という意見も聞かれました!

第20位:「サマータイムレンダ」田中靖規 <全13巻>(101票)

20位は少年ジャンプ+で2017年から連載していた「サマータイムレンダ」。2021年4月発売の第13巻をもって完結しました。主人公・網代慎平は幼馴染・潮の訃報を聞きつけ故郷の離島に戻るも、潮の死には不可解な点があり、さらに島には異変が……というタイムリープ×離島×SFサスペンス漫画。1話から衝撃の展開で、練りに練られたストーリーはクライマックスの伏線回収まで素晴らしいの一言。ジャンプ+でも常に上位人気で、連載中は最新話が更新されるたびにネット上の考察が大盛りあがりでした。2022年にはアニメ化もされ話題になりました!

完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】TOP20!

「鬼滅の刃」に「進撃の巨人」と、日本の漫画文化を代表するビッグコンテンツが次々に完結した2020年~2021年(8月現在)。終わりがあれば始まりもある…今回ランクインした漫画の作者さんたちの次なる連載がどうなるのか、期待しつつ楽しみに待ちたいですね!
以上、10~40代の男女(性別回答しないを含む)4,644名が選んだ「2021年最新の完結漫画おすすめランキング」でした。あなたが一気読みしたい作品はどれですか?

編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)4,644名
調査日:2021年7月14日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次