みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

一気読みしたい!完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】(16~20位)

公開:2021-8-12 更新:2021-9-3

ラストまで気持ちよく一気読みできるのが魅力の完結漫画!

今回はそんな完結済み漫画の中でも、2020年から2021年に最終回を迎えたばかりのタイムリーな少年・青年マンガをランキングで紹介(少年誌・青年誌連載、ウェブ・アプリ配信の作品含む)!
様々なイチオシ作品が登場の注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】」のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)4,644名/調査日:2021年7月14日

完結漫画おすすめランキング【少年・青年マンガ編】TOP20!

まずは20位から16位を発表!2020年~2021年に完結したばかりの最新少年漫画&青年漫画のみを集めたランキング!長きにわたる連載を終えた話題の名作に、手軽に読める10巻以内のおすすめ漫画など。あなたはどれを一気読みする?


第20位:「サマータイムレンダ」田中靖規 <全13巻>(101票)





20位は少年ジャンプ+で2017年から連載していた「サマータイムレンダ」。2021年4月発売の第13巻をもって完結しました。主人公・網代慎平は幼馴染・潮の訃報を聞きつけ故郷の離島に戻るも、潮の死には不可解な点があり、さらに島には異変が……というタイムリープ×離島×SFサスペンス漫画。1話から衝撃の展開で、練りに練られたストーリーはクライマックスの伏線回収まで素晴らしいの一言。ジャンプ+でも常に上位人気で、連載中は最新話が更新されるたびにネット上の考察が大盛りあがりでした!2022年にはアニメ化も決定。今のうちにぜひとも読破しておきたいですね!




第19位:「さよなら私のクラマー」新川直司 <全14巻>(102票)





19位は月刊少年マガジンで2016年から連載していた「さよなら私のクラマー」。2021年4月発売の第14巻をもって完結しました。女子サッカーをテーマにした学園青春物語であり、主人公の女子高生・恩田希を中心に描かれる「ガチ」なスポーツ漫画として評価は高し。まだまだ先が楽しめる作品だっただけに14巻での連載終了を惜しむ声は多く、「もっと読みたい!」という意見も聞かれました!




第18位:「トクサツガガガ」丹羽庭 <全20巻>(107票)





18位はビッグコミックスピリッツで2014年から連載していた「トクサツガガガ」。2020年4月発売の第20巻をもって完結しました。特撮好きなOL・仲村叶(なかむら かの)の日常、人間関係をコミカルに描いた人気作であり、特撮作品好きなら思わず笑顔になるマニアックなネタも多め。オタクあるあるな描写も共感を呼び、「独特の濃さ」を保ったまま終わったのも評価ポイントですね!




第17位:「プラチナエンド」大場つぐみ/小畑健 <全14巻>(108票)





17位はジャンプスクエアで2015年から連載していた「プラチナエンド」。2021年2月発売の第14巻をもって完結しました。不幸な生い立ちから飛び降り自殺を図った少年・架橋明日(かけはし みらい)が、天使のナッセによって命を救われた事で始まるファンタジー・サスペンス系の物語となった本作。「神」になるべく始まるサバイバルの様子を、「DEATH NOTE」や「バクマン」で知られる小畑健さん、大場つぐみさんコンビで描き、最後に回収されるタイトルの意味も含めて見ごたえのある一作となりました!




第16位:「スモーキン’パレヱド」片岡人生/ 近藤一馬 <全10巻>(113票)





16位は月刊少年エースで2015年から連載していた「スモーキン’パレヱド」。2021年7月発売の第10巻をもって完結しました。高校生・角上陽光(かくじょう ようこう)の日常は、謎の怪物たちの襲撃によって大きく変貌を遂げ……。アニメ化もした人気作「デッドマン・ワンダーランド」を手掛けた片岡人生さん、近藤一馬さんのコンビで送る、エグさ・グロさの詰まった中二病感ある物語が刺さる人には刺さります。また、スチームパンク風の雰囲気は大きな魅力であり、物語の行く末も最後まで目が離せません!



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…