みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【働くすべての人へ】好きな池井戸潤原作ドラマ・映画ランキング!

小説の実写化が止まらない作家・池井戸潤。たくさんのドラマがありますが、皆さんがお好きなものは何なのでしょうか?今回は11280名の方にアンケートを実施。「好きな池井戸潤原作ドラマ・映画ランキング」を発表します!

第10位:アキラとあきら



「見どころがある。何回も観てしまう」
「ドラマ版のキャストが魅力的だった」
「スケールの大きな一作」


階堂 彬と山崎 瑛、二人のアキラがダブル主人公として登場する本作。WOWOWで放送された連続ドラマ版では、向井理さんと斎藤工さんが演じていました。半沢直樹が所属した「産業中央銀行」が舞台となっているので、ファンには必見の作品です。



第9位:七つの会議



「どの俳優もヒリヒリした雰囲気がすごかった」
「製造業に従事しているので身につまされました」
「私はドラマ派でした」


中堅の電機メーカー・東京建電で起きた不祥事を描いた本作。東山紀之さん主演のNHKドラマ版と、野村萬斎さん主演の映画版で、2度映像化されています。主人公の立て方、キャストの雰囲気、話の運び方がそれぞれ異なりますので、原作を読んだ人ほど「そう解釈したか!」と楽しめます。


気になる続きは…