みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • 【もはや別人】役作りでの肉体改造がスゴイと思う俳優・女優ランキング!

【もはや別人】役作りでの肉体改造がスゴイと思う俳優・女優ランキング!(3~4位)

公開:2018-8-7 更新:2019-8-15


第4位:西島秀俊


「芝居へのストイックさが素晴らしい」
「脱いだらスゴイ身体!」
「いろんな役をこなせると思う」


いまやTVや映画、CMにも多数出演している西島秀俊さんが4位。
ただのイケメン俳優というだけではなく、演技に掛ける情熱が熱いことでも有名です。
「サヨナライツカ」(2010年)では、老後のシーンのために体重を13kg増やし、その後の若い頃のシーンのために1か月で15kg減量。2013年の大河ドラマ「八重の桜」では砲術を担当する武士のため、筋肉質な身体に仕上げた事が話題に。
2014年にご結婚された西島さんですが、過去に交際相手に求める7ヶ条についても語っており、その中の一つ、“1カ月半会話なしでも我慢すること”などにもストイックな一面が伺えますね。


第3位:松田優作



「役を演じる上でのこだわりが強い」
「歯を抜いたり、筋肉付けたりですごいと思う」
「独特の役が多かった気がする。亡くなられて本当に残念…」


もはや伝説の俳優となってしまった松田優作さんが3位。
上記コメントにもあるように、映画「野獣死すべし」(1980年)出演の際、「役作りのために少し時間が欲しい」としてしばらくの間スタッフと音信を絶ち、その間に10kg以上の減量と、更に頬がこけて見えるように上下4本の奥歯を抜いたエピソードが有名です。
この作品を機に、アクション俳優から演技派俳優としての地位を確立し、晩年には「ブラック・レイン」(1989年)にて念願のハリウッドデビューを果たしました。
まさにこれから、という時の訃報に全国のファンは衝撃を受けました。
生きておられたらどんな役を演じていたのか、残念というほかありません…。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…