【もはや別人】役作りでの肉体改造がスゴイと思う俳優・女優ランキング!

「役作り」とは、簡単に説明すると一般的に役者が脚本を熟読し、その役柄に合わせたイメージや演技の基本方針を固めることを指します。
演じる役者によってはその作り上げたイメージにより近づくために、過剰ともいえる肉体改造をもいとわない方が大勢いらっしゃいます。
そんな“役を演じる”ことに情熱を注ぐ俳優・女優さんの中で、特にスゴイと思われている方は誰なのか、12,029名に調査してみました!

目次

第5位:シャーリーズ・セロン


「『モンスター』という映画で、くたびれ果て精神的にも追い詰められた娼婦の役を、美しさのかけらもなくただひたすら悲哀が漂っていた演技が凄かった」
「役作りのために体重を増やすプロの女優」
「あれだけの美しい人が、別人のように太ったり痩せたりするなんて…!」

気品漂う美しい女優、シャーリーズ・セロンさんが5位。
上記コメントにもある映画「モンスター」(2003年)では、実在の連続殺人犯を演じる際に14kgもの増量を果たし、役になりきるため眉毛を全部抜き、あまりの変貌ぶりに、飼っていた愛犬まで逃げ出したという逸話もあるとか!
また、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)では崩壊した世界で生きる女を演じるため、自らの提案により頭を丸刈りにし全編ノーメイクで臨みました。
演技の為なら美しさを捨てる…、凄まじい!

気になる上位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次