みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • 【いくらなんでも高すぎ!!】とりすぎだと思う税金ランキング

【いくらなんでも高すぎ!!】とりすぎだと思う税金ランキング(1~2位)

公開:2018-4-20 更新:2019-5-24


第2位:所得税


「働く意欲がなくなる」
「毎月取られる税金の中で一番高い…きつい」
「せっかく頑張ってお給料をもらっても手取りが減っていて悲しい」


毎月給与から天引きされる所得税。

社会人になればみんなが、悩まされる税金の1つ!
ただでさえ手取り額が少ないのに、なぜそんなに持っていくの~!と恨めしい気持ちで給与明細を睨んだことがある人も多いはず…。

今回は調査対象外ですが、「年金」も同じくらい、いやそれ以上の重荷ですね。



第1位:消費税


「やはり取らなくてもできるのでは」
「8%なんて高すぎる!」
「収入の少ない人にまで高い税をかけようとしているから」


1位は国民全員が一律の税金、消費税!
たとえ5歳の子供でも、ジュースが買いたいなら8%の税金がとられてしまいます。

今では当たり前の消費税という制度が始まったのは、1989年(平成元年)。
当時は3%でしたが、そこから5%、8%と引き上げされ、いよいよ10%に…。


今さら消費税を無くすことはないだろうけれど、1万円の買い物で1,000円も余分にとるなんて世知辛すぎる(10%の場合)!

税金ってほんと……見れば見るほどため息がでちゃいますね。


以上、とりすぎだと思う税金ランキングでした!


「とりすぎだと思う税金ランキング」
TOP10
  • 1位消費税
  • 2位所得税
  • 3位ガソリン税
  • 4位固定資産税
  • 5位相続税・贈与税
  • 6位住民税
  • 7位たばこ税
  • 8位自動車税
  • 9位不動産取得税
  • 10位酒税
編集者:後藤
調査方法:20~50代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:7,208名
調査日:2018年4月15日
※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

このランキングは…