セ・リーグの「最強現役ピッチャー」ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢9,363名に調査した<セ・リーグの日本人「最強現役ピッチャー」ランキング>を発表します。阪神の村上頌樹選手や中日の髙橋宏斗選手など「新鮮力」の台頭が目立つセ・リーグの投手。その一方、中日の涌井秀章選手らベテランも奮闘しています。若手、ベテラン、左腕、変則フォームと様々なタイプが活躍するセ・リーグの投手。あなたは誰が最強だと思いますか?さっそくランキングをチェック!

セ・リーグの「最強現役ピッチャー」ランキング
TOP10
  • 1位今永昇太(DeNA) (1,011票)
  • 2位大勢(巨人) (542票)
  • 3位菅野智之(巨人) (468票)
  • 4位村上頌樹(阪神) (454票)
  • 5位戸郷翔征(巨人) (424票)
  • 6位髙橋宏斗(中日) (335票)
  • 7位涌井秀章(中日) (230票)
  • 8位大野雄大(中日) (226票)
  • 9位湯浅京己(阪神) (218票)
  • 10位青柳晃洋(阪神) (217票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<セ・リーグの「最強現役ピッチャー」ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)9,363名/調査日:2023年5月2日

目次

第1位:今永昇太(DeNA)(1,011票)

  • 世界でも通用すると思う
  • 緩急つけたグローバルなピッチングが魅力。速球が生きている
  • 日本のエースの一人。小さな巨人!
  • ストレートが秀逸

チームを引っ張る「投げる哲学者」!1位は今永昇太選手(DeNA)!

今永選手が並み居る投手を抑え1位です。2023年のWBC決勝の米国戦、先発のマウンドを託されたのは大谷翔平選手でもダルビッシュ有選手でもなく、今永選手でした。期待に応える好投を見せ後続にバトンをつなぐと、見事な継投で侍ジャパンは金メダルに輝きます。異名は「投げる哲学者」。2022年6月7日の北海道日本ハムファイターズ戦で、チーム52年ぶりとなるノーヒットノーランを達成した際には「記録よりはまずは勝ちたいという気持ちが、自分を無にしてくれた」と求道者的なコメントを残しています。

第2位:大勢(巨人)(542票)

  • スピード球種どれもいい
  • クローザーでは一級だと思います。WBCで活躍しました。自信になったでしょうね
  • サイドスローからの速球はなかなかのもの
  • 球が速いし威力あるから

大勢(おおぜい)のファンのために投げる男!2位は大勢選手(巨人)!

2021年のドラフトで1位で指名され読売ジャイアンツ入りした大勢選手。本名は「翁田大勢」ですが登録は「大勢」にしました。名前だけの登録は巨人では初めてです。サイドスローに近いスリークオーターの変則フォームから、最速158キロのストレートで打者をねじ伏せます。2022年は開幕から守護神に抜擢され、史上初の初登板から7試合連続セーブを記録。最終的にルーキー歴代最多タイの37セーブを挙げ最優秀新人賞(通称:新人王)に輝きました。セーブ機会での失敗が1度というのはさすがです。今、最も勢いに乗っている投手の一人でしょう。

第3位:菅野智之(巨人)(468票)

  • 今までの実績を考えるなら菅野投手だと思う
  • 変化球もあるしスピードボールもあるし球に緩急も入れてくる、安心感があります
  • 彼はすごいピッチャーである。ピンチに三振をとれる

いまだ届かぬ日本一に照準ピタリ!3位は菅野智之選手(巨人)!

ルーキーイヤーの2013年にいきなり開幕ローテーションに入った菅野選手。東北楽天ゴールデンイーグルスとの日本シリーズ第6戦では、その年24勝0敗で無敵を誇った田中将大選手と投げ合い黒星をつけました。その後も最多勝、最優秀防御率、MVPなど数々の栄冠に輝きます。2017年からは2年連続で沢村賞を受賞しました。多くのタイトルを手にした菅野選手ですが、ただ一つ達成していないのがチームの日本一です。悲願成就のためにも、まだまだエースの座は譲らない覚悟でしょう。

第4位:村上頌樹(阪神)(454票)

4位は村上頌樹選手(阪神)!

  • 素晴らしい投手です
  • 2023年はスゴいね~
  • 将来、虎のエースになれそうな逸材

セ・リーグ記録と球団記録に並ぶ開幕から31イニング連続無失点を達成した村上選手。阪神タイガースに現れた新星が60年ぶりの快挙を達成し「虎の村神様」といわれています。コントロールと緩急をつけた投球で、打者を封じるピッチングは見事です。東洋大学からドラフト5位で入団して3年目。新人王を目指して突っ走ります。

第5位:戸郷翔征(巨人)(424票)

5位は戸郷翔征選手(巨人)!

  • WBCで好投したから
  • 先発で頑張っている!
  • やはり最多勝を争うくらいの選手だしWBCでも活躍したからね

2022年は1年間ローテーションを守り、初の2ケタ12勝をマークした戸郷選手が5位に入りました。初のタイトルとなる奪三振王にも輝いた伸び盛りの投手です。2018年のドラフトで読売ジャイアンツから6位で指名され入団。フォークボールを武器に2年目から先発投手として活躍。2023年のWBCでも第2先発として侍ジャパンの優勝に貢献しました。釣りが大好きで、沢村賞というデッカイ獲物も釣り上げてほしいものです。

第6位:髙橋宏斗(中日)(335票)

6位は髙橋宏斗選手(中日)!

  • まだ若いし伸びしろがある
  • ものすごい有望な選手
  • ストレートの質が良い

高卒2年目の2022年に6勝をマークし、中日ドラゴンズの将来のエース候補に躍り出た髙橋選手。いっそうの飛躍が期待されています。2023年に開催されたWBC決勝の米国戦でマイク・トラウト選手、ポール・ゴールドシュミット選手から連続三振を奪った快投に、日本列島中がしびれたことでしょう。

第7位:涌井秀章(中日)(230票)

7位は涌井秀章選手(中日)!

  • 息の長い選手ですね
  • ベテランの威力がある!
  • 西武時代が特に凄かった。まだまだ頑張ってほしい

埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスと渡り歩き、いずれの球団でも最多勝に輝いた涌井選手。2023年は初めてのセ・リーグ、中日ドラゴンズでプレーしています。多彩な変化球を操り、2009年には沢村栄治賞(通称:沢村賞)を受賞しました。喜怒哀楽を表に出さないクールなベテラン投手は、4球団目の最多勝を狙っています。

第8位:大野雄大(中日)(226票)

8位は大野雄大選手(中日)!

  • ドラゴンズのエースだからです!
  • ベテラン中のベテラン
  • 活躍期待しています

最優秀防御率や最多奪三振など数々のタイトルを手にしてきた球界を代表する左腕の大野選手。2022年5月6日の阪神タイガース戦では、10回ツーアウトからヒットを浴び、完全試合とはなりませんでした。チームはサヨナラ勝ちしたとはいえ、悔しいはずの大野選手でしたが、劇的な勝利に大喜び。その姿に感動するファンも多かったようです。

第9位:湯浅京己(阪神)(218票)

9位は湯浅京己選手(阪神)!

  • 一番の成長株!
  • WBCの活躍が印象に残っているので
  • すごく応援しています。湯浅さん頑張れ!

阪神タイガースが誇る若手リリーバー湯浅選手。高校時代は成長痛のため、2年生の冬までマネジャーを務めていました。独立リーグを経て、2018年のドラフトで阪神タイガースから6位指名を受け入団。順調に成長し2022年には最優秀中継ぎ投手賞を獲得しました。WBCでの活躍も印象に残ります。

第10位:青柳晃洋(阪神)(217票)

10位は青柳晃洋選手(阪神)!

  • 間違いなく、困ったときに指名できる
  • 2年連続最多勝投手だから
  • 絶対的エースだ!

変則的なアンダースローから最速149キロの直球と変化球を投げ分ける技巧派投手。2年連続で最多勝、最高勝率のタイトルを獲得したNPB唯一の投手です。球界屈指の雨男として知られ「雨柳さん」との呼び名もあります。チームのムードを盛り上げる頼もしい癒やし系投手です。

セ・リーグの「最強現役ピッチャー」ランキングベスト10

以上、全年代の男女(性別回答しないを含む)9,363名が選んだ<セ・リーグの「最強現役ピッチャー」ランキング>でした。

編集者:とば
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)9,363名
調査日:2023年5月2日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次