みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • 音楽
  • 夏季オリンピック歴代テーマソング人気ランキングTOP20【五輪】

夏季オリンピック歴代テーマソング人気ランキングTOP20【五輪】(16~20位)

公開:2021-7-20

写真:REX/アフロ

世界中が注目するオリンピックをさらに盛り上げるテーマソング。NHKや民放各局のオリンピック中継で使われていた応援ソングは、何年経っても心に残る名曲ばかりですよね。テーマ曲を聴くと、感動シーンがよみがえってくる…!
そこで今回は、「夏季オリンピック歴代テーマソング人気ランキング」をご紹介します!

※2000年以降に開催した夏季オリンピックの各局テーマソングに限定してランキング調査。

ランキングの集計方法

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「夏季オリンピック歴代テーマソング人気ランキング」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:11,157名/調査日:2021年6月23日)

夏季オリンピック歴代テーマソング人気ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!2000年以降に開催した夏季オリンピックのテーマソングに限定してランキング調査!NHKや民放各局で使われていた五輪応援ソング、あなたはどの曲が一番記憶に残っていますか?


第20位:「Physical」Bradberry Orchestra feat.スガシカオ、Salyu、Crystal Kay(2012/ロンドン五輪)テレビ東京(188票)

20位は2012年のロンドンオリンピックでテレビ東京系のテーマソングに起用された、Bradberry Orchestra feat.スガシカオ、Salyu、Crystal Kayの「Physical」!
豪華メンバーによる楽曲で、世界が広がっていくような壮大でおしゃれなメロディが印象的!アスリートの気持ちに寄り添ったような歌詞と、美しく落ち着いた歌声が心にじんわりと染み渡りますね!







第19位:「起死回生」和楽器バンド(2016/リオデジャネイロ五輪)テレビ東京(190票)

19位は2016年のリオデジャネイロオリンピックでテレビ東京系のテーマソングに起用された、和楽器バンドの「起死回生」!
日本の伝統芸能である和楽器と洋楽器を融合させた、魂を揺さぶるサウンドはオリンピックにぴったり!アスリートの背中を押すような、力強い言葉が散りばめられた歌詞が心に響きますよね。「和楽器で世界進出」というコンセプトに共感したのが、テーマソングに起用した理由の1つなんだとか!







第18位:「ポリ リズム」久保田利伸(2000/シドニー五輪)フジテレビ(192票)

18位は2000年のシドニーオリンピックでフジテレビ系のテーマソングに起用された、久保田利伸さんの「ポリ リズム」!
ゆったりとしたメロディが心地良い、夏季のオリンピックに相応しい爽やかな楽曲。戦うアスリートの美しさを感じさせるような歌詞が素敵ですよね。この曲を聴くたびに、シドニーオリンピックの感動シーンを思い出してしまうという人も多いのでは?







第17位:「今が人生」森山直太朗(2004/アテネ五輪)フジテレビ(193票)

17位は2004年のアテネオリンピックでフジテレビ系のテーマソングに起用された、森山直太朗さんの「今が人生」!
アルバム「新たなる香辛料を求めて」に収録された楽曲を、バックコーラスなどの新たなアレンジを加えて再収録したもの。1人1人の人生に寄り添ってくれるような深みのある歌詞が印象的で、優しく力強い歌声に元気づけられる!







第16位:「PARTNERSHIP」松任谷由実(2000/シドニー五輪)日本テレビ(194票)

16位は2000年のシドニーオリンピックで日本テレビ系のテーマソングに起用された、松任谷由実さんの「PARTNERSHIP」!
穏やかで優しい雰囲気が漂う感動的なメロディと、大切な人と一緒に頑張ってきたことを感じさせてくれるような温かい歌詞が魅力的!オリンピックの応援歌としてだけでなく、いろいろなシーンで心に沁みるはず。






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…