みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

副業で成功!二足のわらじで活躍する兼業芸人ランキングTOP20(16~20位)

公開:2020-10-28

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

今回お届けするのは「二足のわらじで活躍する兼業芸人ランキング」!クリエイティブな才能を活かして作家・画家として活動したり、医師・介護士・飲食店経営など完全な別業種で生計を立てていたり。副業・兼業をしている芸人といえばあなたは誰を思い浮かべますか?ランキングでさっそくチェック!

ランキングの集計方法

調査方法:10~50代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「副業で成功!二足のわらじで活躍する兼業芸人ランキングTOP20」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:9,007名/調査日:2020年10月2日)


二足のわらじで活躍する兼業芸人ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!芸能人の副業の中でも、お笑いに活かすことも多い芸人の副業・兼業をまるっと紹介!注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:おくりびと青木(納棺師)(191票)

20位の芸人はおくりびと青木さん。芸能活動の他、福島県にある実家の葬儀会社で納棺師として働いています。普段あまり知られることのない納棺師の仕事を語る青木さんのトークは実に興味深く、2020年7月には実体験をもとに描いたエッセイマンガ「おくりびと芸人」が配信され話題に。まさに唯一無二の芸風!





第19位:天津・木村卓寛(ロケバス運転手)(195票)

19位の芸人は天津の木村卓寛さん。“エロ詩吟”がブレイクした木村さんですが、なんと現在はロケバス運転手として働いているんです。一足先にロケバスの運転手となっていたムーディ勝山さんに刺激され、副業としてロケバス運転手を始めました。ムーディさんと同じことをしても面白くないということで、木村さんは大型二種の運転免許を取得し、なんとロケバスの運転をする会社に就職。芸人のお仕事がない日は運転手を入れる…と効率良く収入もアップ!




第18位:品川庄司・品川祐(映画監督)(196票)

18位の芸人は品川庄司の品川祐さん。お笑い芸人として活動する傍ら、品川ヒロシの名義で作家、映画監督としても活動しています。2009年に自伝的小説「ドロップ」を自ら監督を務めて映画化し、興行収入約20億円の大ヒットを達成しました。俳優としても活動しており、これまで映画「容疑者Xの献身」や「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」に出演しています。





第17位:かもめんたる・槙尾ユウスケ(カレー専門店店主)(200票)

17位の芸人はかもめんたるの槙尾ユウスケさん。キングオブコント2013で優勝し、コント師として知名度を上げました。昔からカレーが好きだったそうで、2020年に副業として三軒茶屋にカレー屋「マキオカリー」をオープン! 不安定な芸能界でも夢を諦めずに芸を続けていくため、副業で収入を得ることにしたのだそうです。仲間や後輩のためにも「自分で成功例を作りたい」と話す槙尾さん。副業に取り組む芸能人のロールモデルとして頑張ってほしい!





第16位:レギュラー(介護士)(212票)

16位の芸人はレギュラーのお2人。「あるある探検隊」ネタで大ブレイクしたコンビですが、2014年にはコンビ2人揃って介護職員初任者研修の資格を取得。介護イベントや地域のお祭りで講演活動を行い、介護業界を盛り上げています。介護の世界に入った一番のきっかけは、次長課長・河本さんの誘いで参加した施設訪問のボランティア活動。自分たちのネタが年配の方にウケが良いことを知り「介護について勉強したい」と、コンビ2人揃っての資格取得となりました。「介護の世界をもっとみんなに知ってほしい」の思いが今の原動力なんだそうです!考え方も行動力も素晴らしいですね!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…