みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

「異業種転職」が意外だったアナウンサーランキング(9~10位)

公開:2022-2-18 更新:2022-7-20

テレビ局アナウンサーと言えば、人気度と共に入社難関度も高い憧れの仕事のひとつ。そんなアナウンサーさんがまた新たなキャリアにチャレンジされていることを知ると、シンプルに「すごいなあ」って思えちゃいます。
異業種に転身しご活躍されている元アナウンサーの方々の意外度ランキング、たくさんの才能を開花されているみなさんの「今」に、ぜひ驚いてください!

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「「異業種転職」が意外だったアナウンサーランキング」のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)7,816名/調査日:2022年2月5日

第10位:前田有紀(フラワーアーティスト)(385票)





10位は前田有紀さん!(フラワーアーティスト)



第9位:内多勝康(医療的ケア児の短期入所施設のマネージャー)(400票)





9位は内多勝康さん!(医療的ケア児の短期入所施設のマネージャー)



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…