みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

ヴァンパイア・吸血鬼映画おすすめ人気ランキング【2020年最新版】(16~20位)

公開:2020-10-20

人の生き血を求める美しき怪物として、世界中で知られるのが吸血鬼。世界各地に様々な伝説・逸話が残っており、現代においては小説や漫画、映画といったフィクションでの活躍もあって、「吸血鬼」を明確にイメージすることは容易く、古典的ながらよく知られた存在と言えます。そこで、今回は「吸血鬼映画の名作は?」という名目で調査し、ヴァンパイア・吸血鬼映画の人気ランキングを実施!伝説的な名作、爽快アクション劇、恋物語……と、様々な作品が登場する注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:10~40代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「ヴァンパイア・吸血鬼映画おすすめ人気ランキング【2020年最新版】」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:3,927名/調査日:2020年10月4日)


ヴァンパイア・吸血鬼映画おすすめ人気ランキング【2020年最新版】TOP20!

まずは20位から16位を発表!昔の名作から人気の新作まで、ヴァンパイア・吸血鬼映画のおすすめ人気ランキングをご紹介!注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第20位:デイブレイカー(2010年公開)(105票)

20位はSFアクション映画「デイブレイカー」。舞台は近未来の地球、人口の9割がヴァンパイアであり吸血鬼が支配する世界で起きるとある事件を描きます。後半にはスプラッタな展開が待っており、血液ドバドバな描写があるため観る人を選ぶ可能性も。吸血鬼の食糧問題やそれに伴うビジネスも扱う視点が面白い吸血鬼映画ですね。
【配信中サイト】U-NEXTなど





第19位:渇き(2010年公開)(106票)

19位は恋愛・ホラー映画「渇き」。歴史的名作「オールドボーイ」などの製作で知られるパク・チャヌク監督による吸血鬼映画です。謎のウイルスを治療するため、人体実験を自らの意思で志願した神父がバンパイアに変貌していく物語となっています。血への欲望とたぎる性愛が暴走したことで、扇情的な描写も多く見られるのが本作の特徴であり、エログロな魅力にあふれた一作です!
【配信中サイト】U-NEXTなど





第18位:ダレンシャン(2010年公開)(112票)

18位はダークファンタジー映画「ダレン・シャン」。日本の子ども達にも人気の同名児童文学の映画化作品であり、バンパイアと出会ったことで変わっていく青年ダレン・シャンの運命を描きます。原作小説を忠実になぞった、というわけではなく、映画独自の解釈や後半にはオリジナル展開もアリ。原作ファンからすると物足りない面はありますが、ダークファンタジー的な魅力が詰まった作品と言えるでしょう!
【配信中サイト】Netflixなど





第17位:30デイズ・ナイト(2009年公開)(116票)

17位はアクション・ホラー映画「30デイズ・ナイト」。舞台となるのは極夜を迎えたアラスカ州バロー。日が昇らない状態が30日も続く街で起きたヴァンパイア集団による襲撃事件を描きます。「ヴァンパイアの活動できる時間は太陽が沈んだあとの夜」と相場が決まっていますが、本作ではずっと夜というシチュエーション。我が世の春といった感じで襲い来るヴァンパイアは恐怖そのもの、もちろん暴力的でグロテスクな展開もあります。対抗する人々は生き残れるのか、ハラハラドキドキの113分間です!
【配信中サイト】U-NEXTなど





第16位:シャドウ・オブ・ヴァンパイア(2001年公開)(117票)

16位はサスペンス・ホラー映画「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」。時代は1922年、15位でご紹介する「吸血鬼ノスフェラトゥ」を撮影する物語ですが、映画監督が連れてきた吸血鬼役の俳優はあまりにも迫真の演技と吸血鬼らしい風貌をした男であり……?「なんとしても理想の作品を創り上げたい」との強い想いを抱く映画監督役を演じたジョン・マルコヴィッチさん、吸血鬼役を演じたウィレム・デフォーさんの怪演は語り草となっています!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…