佐藤健の好きなところランキング【9,853名に調査】

目次

第4位:役作りに対するストイックさ

「プロの役者としての姿勢が凄いと思うから」
「同じ時期に複数の作品に出演していても、きちんと役柄の演じ分けができている」
「どんな役でも完璧に演じきる演技力が素晴らしいと思う」

その役に憑依しているとも思える役の作り込みに、感心する人が多数!

映画「るろうに剣心」やNHK「龍馬伝」などの時代劇物を演じてきた佐藤さん、現代とは違った世界観で生きる人物を違和感なく演じられたのは、彼が相当な役の作り込みをしてきたからではないでしょうか。

特にNHK「龍馬伝」では、見る年齢層も広がり、演技に対する目も厳しく見られがちですが、結果その演技は素晴らしい!と世間を唸らせるほど。2018年に放送された、TBS系「義母と娘のブルース」と朝ドラ「半分、青い。」では放送時期が重なっていたときがあったにも関わらず、見事に役を演じ分けられました。

第3位:ショートヘアでもロングヘアでも揺るがない美形ぶり

「両方似合う人ってなかなかいないので、なんでもこなせるイケメン」
「本当の美形というのは、ヘアースタイルを選びません。彼は本当に素敵です」
「るろうに剣心の時の長髪もよく似合っていたから」

そうなんです。
これまでも佐藤さんは、様々なヘアースタイルを見せてくれました。

男らしいショートヘア、オシャレなクルクルパーマに、TBS系ドラマ「ROOKIES」で見せたドレッドヘア。

どれも似合っており、中でも印象的だったのは映画「るろうに剣心」で主人公である剣心役を演じた時の長髪ヘアではないでしょうか。

二次元度が強い男性の長髪は、似合う似合わないがハッキリと分かれるにも関わらず、バッチリ似合っていましたよね。どんな髪型も似合うということは、正真正銘のイケメンだからではないでしょうか。

市川海老蔵さんのような丸坊主もきっと似合うはず!

気になる2位・1位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次