みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

イケメンだらけの「逆ハーレム」ドラマ・映画最新ランキング【ラブコメ】(11~15位)

公開:2020-9-25

イケメンだらけの「逆ハーレム」ドラマ・映画最新ランキング【ラブコメ】TOP20!

15位から11位を発表!あなたが好きなラブコメ作品はランクインしている?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:ヒロイン失格(54票)

15位は、2015年の映画「ヒロイン失格」。原作は幸田もも子先生による同名漫画(「別冊マーガレット」連載)。変顔しまくりのハイテンションなヒロイン・はとりを演じるのは美人女優・桐谷美玲さん。はとりの想い人である幼なじみ役を山﨑賢人さん、そして三角関係に発展する学校一のモテ男役を坂口健太郎さんが演じています。
自分が好きな人と自分を好きな人…どっちもイケメンでたまらなく羨ましいシチュエーションですが、思いっきり笑えるラブコメでもあります。そして若かりし美男美女俳優たちのフレッシュな茶髪スタイルも見る価値大アリ!桐谷さんのふりきったコメディエンヌぶりも必見です!








第14位:ひるなかの流星(57票)

14位は、2017年の映画「ひるなかの流星」。原作はやまもり三香先生による同名漫画(「マーガレット」連載)。東京に転校してきたヒロイン・すずめ役を永野芽郁さん、すずめの初恋相手であり担任の獅子尾先生役を三浦翔平さん、さらにすずめに想いを寄せるクラスメイト・馬村役を白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)さんが演じています。
イケメン先生との禁断の恋、そしてイケメンクラスメイトからの告白…THE・少女漫画なシチュエーションがたまらない!
「三浦翔平先生とクラスメイトの白濱亜嵐くんに、あんなに好きになって貰えるなんて……夢みたいなお話です!」とときめくコメントもたくさんただきました!








第13位:トドメの接吻(58票)

13位は、2018年のドラマ「トドメの接吻」。こちらは漫画原作ではなく、いずみ吉紘さんによるオリジナル脚本!
お金と権力にしか興味がないホスト・旺太郎(山﨑賢人さん)が目をつけたのは、セレブな社長令嬢・美尊(新木優子さん)。新田真剣佑さん・佐野勇斗さん・志尊淳さん・菅田将暉さん・宮沢氷魚さんといったイケメン若手俳優が大集結のドラマであり、キスシーンの多さでも話題に。見れば見るほどクセになる刺激的な“邪道ラブストーリー”です!










第12位:L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(59票)

12位は、2019年の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』。原作は渡辺あゆ先生による漫画「L・DK(「別冊フレンド」連載)」で、2014年にも剛力彩芽さん・山﨑賢人さんにより実写映画化されています。本作でのヒロインは上白石萌音さん。2人のイケメンには杉野遥亮さん・横浜流星さんと今をときめく若手たち!
高校には内緒で学校一のイケメン・柊聖(杉野遥亮)とラブラブな同居生活を送っていた葵(上白石萌音)。しかし、柊聖の従兄弟・玲苑(横浜流星)が同居に割り込んできて、三角関係に発展。壁ドン、あごクイ、バックハグなど胸キュンシチュエーションがいっぱいのラブコメ映画です!






第11位:春待つ僕ら(61票)

11位は、2018年の映画「春待つ僕ら」。原作はあなしん先生による同名漫画(「デザート」連載)。友達がいない“ぼっち”の女子高生・美月(土屋太鳳さん)のバイト先に現れたのは、学校でもとびきり目立つバスケ部のイケメン4人組だった…というまさに逆ハーレムなシチュエーション!4人組を北村匠海さん・磯村勇斗さん・杉野遥亮さん・稲葉友さんが演じ、さらに美月の幼なじみ役を小関裕太さんが演じています。恋愛、スポーツ、友情と様々な青春要素でこれ以上ない爽やかさです!






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!