みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

東野圭吾の人気実写化作品ランキングTOP20【映画・ドラマ化】(11~15位)

公開:2020-8-3

東野圭吾の人気実写化作品ランキング【映画・ドラマ化】TOP20!

15位から11位を発表!ドラマ・映画で次々に実写化される東野圭吾作品。あなたが名作小説だと思う作品は何位?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:プラチナデータ(映画)(137票)

15位は2013年に大友啓史監督で映画化された「プラチナデータ」!原作は2010年に単行本が刊行された同名小説。二宮和也さん主演で豊川悦二さん、鈴木保奈美さん、生瀬勝久さん、杏さん、水原希子さんら実力派キャストが集結。
DNA捜査システムによって正確に犯人を特定できるようになり、検挙率が大幅に上がったが、システムの開発者が殺された。システムが示した犯人は…?近未来をリアルに描いた、東野圭吾さんお得意の科学的要素が盛り込まれた壮大なミステリーです。








第14位:秘密 THE SECRET(フランス映画)(145票)

14位は2007年公開のフランス映画「秘密 THE SECRET」。19位にも登場したベストセラー小説「秘密」を原作として、「X-ファイル」シリーズのデビッド・ドゥカブニー主演で映画化されました。監督は、スイス・ローザンヌ出身の俳優で映画監督のヴァンサン・ペレーズ。フランス版らしいリメイクが盛りだくさんで、日本文化の違いも感じされる作品となっています。








第13位:手紙(映画・ドラマ)(151票)

13位は2006年に山田孝之さん主演で映画化された「手紙」。原作は2003年に単行本が刊行され、第129回直木賞候補作に選出されました。2008年には舞台化、2016 年・2017年にはミュージカル化。さらに2018年には「東野圭吾 手紙」というタイトルでドラマ化までされています。ドラマ主演は亀梨和也さん。殺人犯の弟という過酷な運命を背負うことになった主人公が、差別に苦しみながらも家庭を持つまでの軌跡を描いています。家族や絆について考えさせられる名作!










第12位:レイクサイド マーダーケース(映画)(155票)

12位は2005年に青山真治監督により映画化された「レイクサイド マーダーケース」。原作は2002年に刊行された小説「レイクサイド」。中学受験の勉強合宿のため別荘に集まった親子たちが、殺人事件に遭遇し…というミステリー作品。原作は4組の家族ですが、映画では3組の親子に変更されるなど、原作とは違った展開が見どころの一つです。出演は、役所広司さん、薬師丸ひろ子さん、柄本明さん、豊川悦司さん他。「EUREKA」で2000年カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をダブル受賞した青山真治監督にとって初となるミステリー映画です。






第11位:パラレルワールド・ラブストーリー(映画)(156票)

11位は2019年に森義隆監督によって映画化された「パラレルワールド・ラブストーリー」。原作は、1995年に単行本が刊行されたベストセラー小説です。主演の玉森裕太さん演じる崇史は、2つの異なるパラレルワールド(平行世界)に迷い込んでしまいます。1つは愛する麻由子(吉岡里帆さん)と自分が恋人同士の幸せな世界。しかしもう1つの世界では、真由子は親友・智彦(染谷将太さん)の恋人に…。果たして真実の世界とは?見る人をも巻き込むパラレルワールドから目が離せない!なお主題歌の宇多田ヒカルさん「嫉妬されるべき人生」は、監督の熱烈オファーによるものだそうです。






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!