みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

激ムズ!関西の難読駅名ランキングTOP20<読めない!難読駅名の由来は?>(11~15位)

公開:2020-3-26 更新:2020-4-7

激ムズ!関西の難読駅名ランキング<難読駅名の由来は?>TOP20!

15位から11位を発表!激ムズ!関西の駅名は難読が多い!?読めたらすごい、超難読の駅名20位まで発表!注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:椥辻(なぎつじ)(382票)

15位は椥辻(なぎつじ)駅です!これも絶対に読めない…椥辻というのは、駅がある京都市山科区椥辻に梛(なぎ)の大木があり、その大木を目印に周囲から村の位置を確認できたことから、梛という字を村名に使ったそうです!









第14位:櫟本(いちのもと)(414票)

「櫟本(いちのもと)」これもまた難解な駅名ですね…!
櫟本駅は奈良県天理市にあり、昔からこの地域は櫟(いちい)または櫟井(いちい)と呼ばれていたようです。しかし、時代とともに櫟本庄、櫟本郷、櫟本村と名前が変化して今の名前に落ち着きました。









第13位:祝園(ほうその)(416票)

続いてランクインしたのは、「祝園(ほうその)駅」!
祝を「ほう」とはなかなか読めませんね。祝園は、京都府南部の精華町にあります。由来については諸説あって、定かではないそうです。関西の駅名・地名は歴史が古いので、さまざまな説があるのでしょうね!











第12位:平城山(ならやま)(418票)

奈良県にある「平城山駅」。
普通に読むと「へいじょうさん」か「へいじょうやま」ではないかと思うのですが、「平城山(ならやま)」と読むそうです。奈良に京ができた当時、平城京は「平城京(へいじょうきょう)」ではなく「平城京(ならのみやこ)」と呼ばれていました。その名残で現在も「平城山」は「ならやま」と呼ばれているようですよ!







第11位:太秦(うずまさ)(431票)

「太秦(うずまさ)駅」は、京都市右京区にある駅です。
太秦は、映画村があることで知られています。時代劇ファン、映画ファンなら知っている人も多いかもしれませんね!名前の由来はこの地に絹布が「うず高く」積み上げられていたことから来ているようです。







※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!