みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

道民以外には意味がわからない北海道の方言ランキング(6~8位)

公開:2021-4-30

第8位:おだつ(ふざける、調子に乗る、はしゃぐ)(544票)


  • 道東出身なのでほぼ使ったことがあるものばかりですが、これは聞き覚えがない

  • 名詞なのか動詞なのかの想像もつかない!

  • 魚の名前?

北海道民は子ども時代を思い出すはず!8位はおだつ(ふざける、調子に乗る、はしゃぐ)!


調子に乗って悪ふざけしちゃうことを、北海道の方言で「おだつ」って言います。「調子に乗るな!」は「おだつな!」。北海道民の方は子どもの頃に「おだちすぎ!」(=ふざけすぎ!、調子に乗りすぎ!)って親から注意された思い出がある方も多いのでは?ちなみにこの「おだつ」という言葉、北海道以外に東北や福井、三重、大分などの地域でも同じ意味合いで使われているそうです。
それぞれ距離をおいたエリアというところが不思議ですね。

第7位:てんきる(トランプをシャッフルする)(546票)


  • 切る、だから何となくわかるような。でもてん?って感じでわからないかなー

  • トランプを切る、という言葉に方言があるの?

  • 私は北海道人なので、方言だった事を知らなかった

まさかこんなピンポイント動作の方言があるとは!7位はてんきる(トランプをシャッフルする)!


まさか「トランプをきる、シャッフルする」という動作に方言があるとは思ってもみないですよね。「てんをきる」と言う場合もあるようです。由来も語源もあまり明確ではないらしくて、北海道ではこの言葉が方言だと思っていない方も少なからずいるようです。ポイントは「てんきる」という言葉に「トランプを」という対象物も含まれてしまっていること。北海道民のみなさんは余程トランプ遊びが好きなんでしょうか…謎の残る方言ですね。

第6位:はっちゃきこく(必死になる、夢中になる)(557票)


  • なに言ってるのかさっぱりわからない

  • はっちゃが頑張るという意味かな~

  • 語源が想像できない

語感と意味合いがフィット!6位ははっちゃきこく(必死になる、夢中になる)!


羽目を外して機嫌よく騒いだりすることを表した「はっちゃける」という言葉がありますが、「はっちゃきこく」は少しニュアンスが違うようです。一番の違いは羽目を外したりふざけたりするという意味合いがあまり含まれないこと。あくまでも一生懸命に集中したり、夢中になって必死になるのが北海道の「はっちゃきこく」です。張り切りすぎると「あまりはっちゃきこくなよ」って諌められたりするようですね。語感と意味合いがフィットした素敵な方言です。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…