熱中症対策グッズおすすめランキングTOP20【プレゼントにも最適】

ここ数年、夏といえば「猛暑」が当たり前のようになって、いつの間にか「熱中症対策」が常識になりましたね。あまりの暑さに危険を感じるような日もあって、自分や家族のためにもしっかりと対策をぜひ。さまざまな対策グッズもあって、みなさんのおすすめをアンケートいたしました。仕事や学校、家庭で使える熱中症予防グッズが集まりました。ぜひご覧ください!

「熱中症対策グッズおすすめランキング」
TOP20一覧
  • 1位経口補水液 (1,602票)
  • 2位扇子・うちわ (1,549票)
  • 3位帽子 (1,022票)
  • 4位塩分を摂取できる飴やタブレット (963票)
  • 5位冷感タオル (936票)
  • 6位日傘 (802票)
  • 7位冷感寝具(タオルケットやシーツ、枕) (718票)
  • 8位冷感スプレー (633票)
  • 9位冷感インナー (575票)
  • 10位からだに貼る冷却ジェルシート (526票)
  • 11位瞬間冷却パック (507票)
  • 12位ハンディファン (496票)
  • 13位わきの下専用の冷却グッズ (441票)
  • 14位首掛け扇風機 (437票)
  • 15位氷のう (427票)
  • 16位冷感マスク (406票)
  • 17位ミストも出る水筒 (391票)
  • 18位空調服 (369票)
  • 19位冷感サマースカーフ (340票)
  • 20位帽子専用冷却パッド (285票)

ランキングの集計方法

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「熱中症対策グッズおすすめランキング」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:13,425名/調査日:2020年5月30日)

目次

第1位:経口補水液 (1,602票)

  • 体に必要なミネラル分が取る事が出来るし、体の体温も下げる事が出来る。母が熱中症になってから常備しております
  • 最近美味しくなった。ゼリータイプも好き
  • これを飲んで何度も救われたので

危険を感じたらためらわずに摂取を!第1位は経口補水液!

熱中症対策グッズというよりは、症状が出てしまった場合の治療に近い目的で使用されるのが経口補水液です。脱水症状の改善を目的に、糖分と塩分をバランスよく調整した飲料。熱中症以外にも、下痢や嘔吐、発熱などによる脱水にも使用できるので、万一に備えて準備しておくと良いですね。経口補水液のお世話にならないように備えておくことが大切、でも危険を感じたらためらうことなく摂取してください!

第2位:扇子・うちわ (1,549票)

  • 外出時は扇子をカバンに入れてます
  • すぐ使える。電気、電池、水も不要だから
  • 取引先や電車の中で使ってもひんしゅくを買わないグッズだと思います

手軽にそして確実に涼を取る!第2位は扇子・うちわ!

扇子やうちわって時代劇などでも見かけますが、カタチも機能も使う目的もずーっと変わらないですよね。そして日本に限らず、広く世界でも使われていて、やっぱり昔からそれほど変わってない。安価で、手軽に、そして確実に涼を取るという目的のグッズとしては完成形なんですね、きっと。日々の生活に密着した熱中症対策として、これからも身近に置いておきたい究極の道具です!

第3位:帽子 (1,022票)

  • まず頭を守ってから次のグッズを探すべき
  • こどもでも簡単にできる熱中症対策。基本ですよね
  • 自転車で行動することが多いので帽子を使ってます

熱中症対策の基本アイテム!第3位は帽子!

今さら、熱中症対策として帽子について語るまでもないですね。基本中の基本です。外出時には、まずは帽子をかぶって、さらにその上での対策グッズです。帽子はかぶってないけど、塩分タブレットは持ってるとか、ちょっとダメな感じ。後頭部や首のあたりをしっかりと覆うためのフラップ付き帽子もよく見かけるようになりました。直射日光から必ず頭を守るようにしてください!

第4位:塩分を摂取できる飴やタブレット (963票)

  • 昼間の外出時、仕事時は貴重
  • 炎天下での釣り等、スポーツドリンクだけだとヤバい時に役に立ちました
  • 水分補給ばっかりで塩分摂取を忘れがちだから

塩分補給も忘れずに!第4位は塩分を摂取できる飴やタブレット!

汗を大量にかくと、水分だけではなく塩分も失われています。その状態で水分だけを補うと、血液中の塩分やミネラルの割合が急激に低下して、熱中症の発症リスクが高まってしまいます。だからこそ、熱中症対策として塩分補給は重要なんです。スポーツドリンクにも必ずと言っていいほど塩分が入っていますね。携帯できて、手軽に塩分補給できる飴やタブレットは対策グッズとしてとっても便利。汗をかいたら塩分補給も忘れずに!

第5位:冷感タオル (936票)

  • 冷たいのでからだを拭くと気持ちいい
  • リンパとかにあてて、身体を冷やす
  • 首に巻いて冷やすだけで全然違う

汗も拭けるしカラダも冷やせる!第5位は冷感タオル!

水に濡らして絞り、数回振るだけでひんやり感が得られるようなタオルが人気です。スポーツの後、こんなひんやりタオルで汗を拭くことができたらとっても気持ちいいですよね。首などに巻いておけば、熱中症対策としても有効。汗も拭けるし、カラダも冷やせるって夏を乗り切るためのグッズとしてかなり優秀です。お子様でも簡単に扱えるグッズなので、毎日の通学時に持たせてあげてもいいですね。

第6位:日傘 (802票)

  • 日差し防ぐには欠かせない。扇風機がついた傘も気持ちいい
  • 遮光の日傘は本当に体感が違うから
  • 日焼けは脱水しやすくなるから。まずは日差しを遮って

日除けだけじゃない高機能製品も続々と!第6位は日傘!

日傘って、強い紫外線から身を守るための日焼け対策グッズというイメージが強かったのですが、近頃の新製品は遮光と共に遮温効果を強調した製品も多く、熱中症対策に力を入れているものに人気が集まってきています。晴雨兼用はすっかり一般的になって、扇風機付きやミストが出るタイプも登場するなど高機能日傘が増えていますよ。さらには男性用日傘っていうのも見かけるようになりましたね。

第7位:冷感寝具(タオルケットやシーツ、枕) (718票)

  • シーツは本当に良い。寝苦しい夜も快適に過ごせる
  • とにかく、寝るときにひんやりしていないとそれだけで寝苦しく、熱中症にもつながる。寝ていたら、水分補給もできないので、対策はするべき
  • 寝ている間って、知らない間に熱中症になる危険があるから

快眠で熱中症に立ち向かうカラダを!第7位は冷感寝具(タオルケットやシーツ、枕)!

ぐっすりと眠って疲れをとることは夏場の熱中症対策としても重要。エアコンもうまく使ってよく眠れる環境をつくることが大切ですね。夏の快眠グッズとも言えるさまざまな寝具類が販売されているのでぜひ活用を。キーワードは「接触冷感」。肌に触れた時にひんやりとさせてくれるような素材、織り方、表面加工など、さまざまな工夫を凝らした寝具がたくさん揃っていますよ。快眠で快適な1日を!

第8位:冷感スプレー (633票)

  • 持ち運びに便利で邪魔にならない
  • 外出する前にスプレーすることで涼しく感じるので役にたった
  • スプレーした瞬間涼しくなるから

汗をかくたびに冷感が得られる便利グッズ!第8位は冷感スプレー!

多くは服の上から吹き付けることでヒンヤリ涼感を得られるスプレーで、冷感成分が汗をかくたびに体を冷やしてくれるタイプと、とにかく冷たい液体をスプレーするタイプに大別されるようです。後者には直接肌に当たると凍傷になるおそれがあるくらいの冷たいグッズもあって使い方には注意が必要ですね。冷たさが持続するタイプが熱中症対策には向いているので、汗をかくたびに冷やしてくれるタイプが良さそうです!

第9位:冷感インナー (575票)

  • さすがに猛暑のときは短い時間で熱くなりますが、いくらか楽にはなります
  • アルペンの-2℃インナー『スゴ涼感 iCOOL』が涼しくて気に入っています
  • ユニクロのインナーが使い勝手いい

機能性インナーウェアで衣服内を快適に!第9位は冷感インナー!

インナーウェアって、冬の保温対策としてはもちろん、夏の汗対策としても重要なアイテムですね。汗を吸収して素早く発散できること、風を通して熱がこもりにくいこと、そして着用時にさらっとした冷たさを感じることなどが夏のインナーには求められます。これらの特性を持った高機能グッズがアパレル各社や下着メーカーから数多く展開されています。仕事内容や生活習慣を踏まえ、熱中症対策として自分のカラダに合った機能のインナーウェアを選ぶようにしましょう。

第10位:からだに貼る冷却ジェルシート (526票)

  • どこでもできるし速効性ある
  • 実際に2年ほど前に自身が室内の仕事で熱中症になってしまい、水分も摂りましたが、おでこと首元にジェルシートを貼った所、火照った身体が頭から冷えていく感じで、そのまま横になっていて徐々に動けるようになりました。それ以来、ジェルシートは仕事場ももちろん自分も必須で持っています!
  • 手っ取り早く冷やすことができるし、貼ればズレるのを気にしなくていいから

貼った瞬間の冷たい感覚がたまらない!第10位はからだに貼る冷却ジェルシート!

熱冷まし用のシート(こんな商品名ありますね)として、よく冷えてピタッと(こんな商品名もありますね)体に貼ることのできるグッズ、誰でも一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。貼った瞬間の冷やっ!とした感覚がホント気持ちいいですよね。毎年のように猛暑がやってくるようになり、熱中症対策として利用されるシーンも増加中。簡単に使える利便性も人気の秘密ですね。

第11位:瞬間冷却パック (507票)

叩いたり押したりすることで袋の中身が混ざって、一気に冷たくなるのが瞬間冷却パック。発熱や打撲の応急処置用として、あるいはレジャー用の保冷剤などの用途で作られ始めたグッズのようですね。もちろん熱中症対策としても有効。首などに巻いて使用するためのホルダーとセットの製品も出てきていますね。一度使った後も冷凍庫で凍らせ、保冷剤として複数回使用できる製品もありますよ。

第12位:ハンディファン (496票)

ちっちゃい扇風機を持って歩いている人、たくさん見かけるようになりましたね。うちわや扇子のようにパタパタしなくても涼しい風を起こすことができてとっても便利。熱中症対策グッズとして幅広い世代に定着してきた感があります。近頃は、携帯電話用モバイルバッテリーとしても使える製品や、空気力学設計による羽のない製品(某ダイ○ン風)も登場。ますます進化を遂げるハンディファンです。

第13位:わきの下専用の冷却グッズ (441票)

「毛細血管が詰まっているとこ=脇!」(by 吉田裕さん via 吉本新喜劇)が科学的に正しい説かどうかは置いておいて、わきの下には浅いところにリンパや血管があるので、発熱時などに脇を冷やす行為自体は相応の効果があるそうです。わきの下専用冷却グッズが熱冷ましに有効ということは、熱中症対策としても十分に活用できるということ。夏の暑い日、わきの下がひんやりして爽快感が得られるだけでもうれしいですね!薬局などで購入できますが、大人サイズと幼児サイズがあるのでご注意を。

第14位:首掛け扇風機 (437票)

読んで字のごとく、首に掛ける扇風機。遠目にはヘッドフォンのように見えたりもしますね。なんでもモバイルの時代、扇風機だって持ち歩けちゃいます。しかも首に掛けておけるハンズフリー仕様。仕事中や家事の間でも使えちゃいますね、夏の便利グッズです。頭や顔、首のあたりを扇風機の風が乾かしてくれて、汗の蒸発といっしょに熱も逃げていくから熱中症対策としても有効。うまく活用して夏を乗り切りましょう!

第15位:氷のう (427票)

氷のうと聞いて、熱が出た時におでこの上にぶら下げるゴムの袋(古いマンガなんかで見かけるアレ)を思い出した方はきっと昭和世代…。今や「アイシングバッグ」なんてカッコいい名前も付いていて、スポーツグッズメーカーからも出されているんですよ。運動後の筋肉を冷却するために作られた、氷を入れる袋です。もちろん熱中症対策にもバッチリ。いろいろなデザインや色もあってプレゼントにも最適のかわいいグッズです!

第16位:冷感マスク (406票)

夏でもマスク、って2020年の新しい行動様式。でも、正直マスクで顔を覆っているとやっぱり暑いですよね。そんなときにうれしいのが冷感マスク。水に濡らすような仕様だと息苦しくなっちゃうので、顔に触れた時にひんやり感のある素材で作られているものが多いようですね。ユニクロのエアリズムマスクや、アイリスオーヤマのナノエアーマスクなどが夏向けマスクとして展開。これからの季節、熱中症対策になるグッズとして、冷たさを感じることのできるマスクの人気がさらに高まりそうですね。

第17位:ミストも出る水筒 (391票)

ミストが出るスプレー付きの水筒があるってご存知でしたか?暑い時に顔など肌の露出したところにミストを当てるだけで、さっぱりしますよね。霧状の水が蒸発時に体の表面の熱を取り去ってくれるので、屋外での熱中症対策としても効果的ですよ。ミスト用スプレーと水筒、両方持ち歩くとなるとかさばってしまいますが、ひとつになっていればとっても便利。このグッズを考えた人、ほんとスゴイです!子供でも簡単に使えます。

第18位:空調服 (369票)

建設業や工事現場、農業をはじめ、炎天下でお仕事される方にとってはマストアイテムになってきている空調服。簡単に言えば、扇風機のついた服ですね。充電式のファンは取り外しができるので、もちろんお洗濯もできます。熱中症対策として近年、一気に広まってきたこのグッズ。最近では作業服としてのみならず、キャンプやBBQでも使えるような男女兼用のデザインのものがアウトドアブランドasobitoからリリースされるなど、バリエーションも増えてきていますよ!

第19位:冷感サマースカーフ (340票)

スポーツ観戦やお祭りの暑さ対策として、濡れタオルを首に巻いたりしたことありませんか。首元がひんやりするだけでとっても気持ちいいですよね。ただ、さすがに濡れタオルを普段の服装に合わせるのも難しくて…、というときに便利なグッズが冷感サマースカーフ。見た目はおしゃれなスカーフ。だけど水に濡らしておくだけで気化熱による冷却効果を発揮するスカーフなんです。おうちで首に巻けば、クーラーの設定温度を下げすぎることなく節電アイテムとしても効果的ですね。

第20位:帽子専用冷却パッド (285票)

熱中症対策として帽子はマストアイテム。ただ、帽子の中にどうしても熱がこもってしまって、暑い日はそれなりに不快感も…。そんな「帽子の中の熱こもり問題」を和らげてくれるグッズが、帽子専用冷却パッド。頭にフィットする形状で、水に濡らしたり、冷蔵庫や冷凍庫でしっかり冷やしたパッドを帽子の中に装着しておけば、頭ひんやりでかなり気持ちいいですね。外仕事で帽子やヘルメットを被る必要がある方にも最適です。

熱中症対策グッズおすすめランキングTOP20!

基本アイテムから新登場の製品まで幅広い熱中症対策グッズが挙げられましたね。
以上、10~60代の男女(性別回答しないを含む)13,425名が選んだ「熱中症対策グッズおすすめランキング」でした。あなたが大切な人にすすめたいグッズはランクインしていましたか?

編集者:畑中
調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:13,425名
調査日:2020年5月30日

\読まれています/
「芸能全般」週間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」週間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」週間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!
目次