みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • 難しい漢字の食べ物ランキングTOP20!<難読シリーズ>

難しい漢字の食べ物ランキングTOP20!<難読シリーズ>(6~8位)

公開:2020-5-27


第8位:鹿尾菜(ヒジキ)(474票)


  • 「この漢字からは全く想像できない」
  • 「字から海のものとは思えない」
  • 「この漢字を付けた人は何考えてたんだ?」


なかなか変わったモノに例えちゃいました!第8位は鹿尾菜(ヒジキ)!


家庭の常備菜の定番、「ひじきの煮物」。あの黒くて短い海藻が「鹿の尾」…ふむふむ、なんとなく見えてきましたね。江戸時代に書かれた書物でも「鹿には尾がなく、短い黒毛で、この海藻に似ているのでこういう名前がつけられたのであろう」って記述されているそうです。古くから使われている表現なんですね。読みは難しい漢字ですが、とっても親しみのある食べ物です。


第7位:成吉思汗(ジンギスカン)(522票)


  • 「四字熟語に見える。食べ物に思えない。ジンギスカンは羊肉の料理なので、羊という漢字が入っていないのにも驚いた」
  • 「漢字がある事自体知らなかった」
  • 「『なるよしおもあせ』でやっと覚えた」


モンゴルの初代皇帝の名前です!第7位は成吉思汗(ジンギスカン)!


北海道を代表する食べ物のひとつ「ジンギスカン」。この料理名の由来がモンゴルの初代皇帝「チンギス・ハン」っていうことをご存知の方も多いのではないでしょうか。戦いに臨む兵士たちに羊肉を食べさせたという逸話が伝わっていて、「チンギス・ハン」という人名の漢字表記が「成吉思汗」となるそうです。読みが難しい漢字ですが、北海道の方にはお馴染みだったりするんでしょうか…?




第6位:鳳梨(パイナップル)(537票)


  • 「これが読めたらかっこいい」
  • 「ありふれた果物なのにこんな漢字になっていたのか…」
  • 「台湾のお土産で見たことある」


鳳凰の尾羽が付いているフルーツ!第6位は鳳梨(パイナップル)!


中国や台湾では「鳳梨」と書いてパイナップルを指すことから、日本でもこの難しい漢字が使われるようです。パイナップルの頭についているグリーンの部分が鳳凰の尾羽をイメージさせることから「鳳」という文字が入るそうですよ。「バナナ=甘蕉(20位)」や「パパイヤ=万寿果(15位)」など南国のエキゾチックな食べ物には、和名がついていないことも多く、中国での漢字表記がそのまま当てられる事例が見受けられますね。



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…