みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • 【2018FIFAワールドカップ】コロンビア戦で印象に残った日本代表選手ランキング!

【2018FIFAワールドカップ】コロンビア戦で印象に残った日本代表選手ランキング!(1~2位)

公開:2018-6-20

第2位:香川真司


「先制点、PKを決めたから」
「やっぱり頼りになる」
「ベテランの域に達した香川君をMVPに推薦する」


第2位にランクインしたのは香川真司選手。

前半3分、香川選手の強烈なミドルシュートが相手MFのハンドを誘い、今大会初のレッドカード!

テレビの前で応援している私たちすら「え?なに?!どうなったの?ハンド?レッド?PK?」と浮足立ってしまう状況。

しかし!コロンビアサポーターのブーイングの中でも、香川選手は落ち着いていました。相手GKの逆を突いてPKを決め、日本に貴重な先制点をもたらしたのです。
そこには確かに、プレッシャーなんかに負けない「頼れる10番」がいました。

惨敗したブラジル大会以降、重圧と戦い続けてきた香川選手。ワールドカップで輝くあなたを見ることができて幸せです。さらなる高みへ連れて行って!

第1位:大迫勇也


「大迫半端ないって!ナイスヘディングでした!!」
「決勝点を入れたのは大きい」
「1トップとして得点を決め、日本の勝ち点3獲得に貢献」


そして1位は……やはり「半端ない男」大迫勇也選手!

開始早々、競り合いに勝ってドリブルからシュートを放ち、香川選手の先制点をお膳立て。

その後1人少ないコロンビアにFKで追いつかれ、ちょっと嫌なムードが漂っていたところ、後半28分、本田選手のCKを大迫選手が強烈なヘディングで叩き込み、待望の決勝点!
その瞬間、いったいどれだけのサポーターが「大迫半端ないって!」と叫んだことでしょう。

幾度となく嘆かれてきた日本代表の「決定力不足」。大迫選手こそ救世主なのでは?
この後も点を獲りまくってくれ!

「コロンビア戦で印象に残った日本代表選手ランキング」TOP10は以下の通り。

6位の川島選手はFKの対処のまずさで、良くない意味で印象に残っちゃいましたね…。次戦、GKの変更はあるでしょうか?パラグアイ戦スタメンの東口選手、最年少GKの中村選手もコンディションは良さそうです。

グループリーグはあと2戦。次の相手は西アフリカの雄・セネガル。こちらも初戦で格上のポーランド相手に白星をあげ、勢いに乗っています。
勝ち点3同士の戦い、勝てば最終戦を待たずに決勝トーナメント進出が決まる可能性があります。
6月24日24時(日本時間)キックオフ!
バモス、ニッポン!
「コロンビア戦で印象に残った日本代表選手ランキング」
TOP10
  • 1位大迫勇也
  • 2位香川真司
  • 3位長友佑都
  • 4位本田圭佑
  • 5位乾貴士
  • 6位川島永嗣
  • 7位柴崎岳
  • 8位原口元気
  • 9位長谷部誠
  • 10位岡崎慎司
編集者:九条
調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:5,589名
調査日:2018年6月20日

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

このランキングは…