みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • 漢字の読み方が難しい動物ランキング【成り立ち解説】

漢字の読み方が難しい動物ランキング【成り立ち解説】(16~20位)

公開:2021-11-25

モフモフしてたり、愛くるしい表情やしぐさでわたしたちにいろんな喜びを与えてくれる動物たち。とってもかわいい存在なんですけど、「鹿」とか「熊」とか読み慣れている動物でも、よくよく見ると漢字表記って案外カクカクしてますよね。もっと掘っていくと「なんだこれは!?」みたいな超難しい漢字表記の動物がたくさんいるんです。ということで今回は難読漢字動物のランキング。これ知ってたらちょっと自慢できますよ!

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「漢字の読み方が難しい動物ランキング」のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)5,277名/調査日:2021年11月3日

漢字の読み方が難しい動物ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!読み方が難しい動物の名前をランキング!気になる順位だけでなく、クイズとしても楽しめる、難読動物TOP20です。あなたはいくつ読めますか?


第20位:海豹(あざらし)(106票)


  • かっこいい

  • なんとなくわかるが、難しい

  • こういう字のイメージじゃない、もっと可愛い

海の豹(ヒョウ)と書いてアザラシ。漫画「少年アシベ」のゴマちゃんのようにチビッコ時代は真っ白だったりして模様がなくても、成長するにつれて陸のヒョウと同じく体表に斑点が現れてくる動物だから、海のヒョウ=海豹という難しい漢字が使われるようになったんですよ。アザラシの「アザ」もカラダの斑点=つまり「痣(あざ)」に由来しているという説もあるそうです。これからは街でヒョウ柄ファッションを見かけたら、水族館のショーで輪っかくぐってるアザラシを思い出してください!




第19位:獺、川獺(かわうそ)(114票)


  • 川瀬という名前と間違えそう

  • かわ…せ?

  • 一文字で『カワウソ』4文字!?

もともとは中国でこの動物を表していた「獺」という漢字が、日本のカワウソという呼称に当てられたようですね。日本ではタヌキやキツネと並んで恐ろしい動物と捉えられていたそうで、川にすむ恐ろしい生き物→カワ・オソ→カワウソっていう名前が付けられたという説もあるようです。カワウソって獲った魚を並べておくことがあるようで、昔の中国の人はお祭りのお供えのように見立てたそうです。獺のお祭り=「獺祭(だっさい)」…そうです!あの難しい漢字の名酒はカワウソフェスティバルが語源なんですよ!




第18位:海狸(びーばー)(123票)


  • 海がつくともう訳がわからない

  • ビーバー海関係ないし!

  • 海でもないし、狸でもないからちょっとかわいそう

「ビーバー」つまり「beaver」。日本にはいなくて、カナダなんかのお土産屋さんのマスコットとかになってそうなあの動物にもちゃんと漢字表記があったってことがまず驚きですよね。しかも海の狸(タヌキ)っていう難しい字が当てられてるわけですけど、海じゃなくて川や湖で暮してる生き物だし、一生懸命ダム作っててタヌキとは生態も全然違うし…。昔は湖も含めて大きな水のエリアを「海」と呼んだそうで、一方の「狸」についてはアザラシを海の豹と見立てた昔の人の豊かな想像力と一緒なのかもしれませんね!




第17位:儒艮(じゅごん)(128票)


  • 今回初めて目にした漢字で、じゅ、は読めても、ごん、は全く読めないので

  • 漢字のつくりや熟語などからイメージして読んでいるが、この漢字は全然わからない

  • ジュゴンに馴染みないから想像しにくい

ジュゴンってイルカやクジラの仲間と思われがちですが、ジュゴン目ジュゴン科ジュゴン属として1種のみで構成されるとってもユニークな動物。学名もDugong dugonだそうで、もう徹底的にジュゴンですね。マレー語での呼称が語源とも言われていて「海の貴婦人」っていう意味なんだそうです。漢字表記の「儒艮」は当て字だそうですが、「艮(ごん)」という難しい文字もなかなかの希少種ですね。日本でジュゴンが暮らす琉球・奄美地方の方言では「ザン」や「ザンヌイユー」などとも呼ばれるそうですよ。




第16位:海驢(あしか)(136票)


  • あしか、アザラシ、オットセイ、とど、せいうち…なにがなんだか

  • 海の生き物は漢字にすると難しい

  • 読めない!

海の豹(ヒョウ)でアザラシ(20位)、海の狸(タヌキ)でビーバー(18位)に続く、「昔の人は想像力豊かだった」シリーズ第3弾の動物、それは海に驢という難しい漢字で=ロバ(驢馬)に見立てられた「アシカ」です!冷たい海に面した岩場で長いヒレのような脚を使って歩いているアシカを思い浮かべてください。ほら、ロバに見えてきますよね、ね、ね、ロバに見えますよね…汗。イマジネーションって大切です。ちなみに英語でアシカは「sea lion」、つまり海のライオン。ライオンが吠えているような鳴き声だからだそうです、なるほど。



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…