みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ライフ
  • コロナ禍で必要な花粉症対策ランキング【2021年調査最新版】

コロナ禍で必要な花粉症対策ランキング【2021年調査最新版】(16~20位)

公開:2021-2-22

今年も花粉症の季節がやって来ちゃいましたね。辛い人にとっては本当に辛い季節、まずはかかりつけの耳鼻科など病院での治療や薬の処方を受けましょう。
そしてコロナ禍の今、花粉もウイルスもこの際まとめてガードしたいところ。

ということでみなさんの花粉&コロナスペシャル対策法をお聞きしました。ぜひ参考にしてください!

ランキングの集計方法

調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)を対象に、株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「コロナ禍で必要な花粉症対策ランキング」のアンケート結果を集計。(有効回答者数:13,420名/調査日:2021年2月13日)

コロナ禍で必要な花粉症対策ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!コロナ禍での花粉症に必要な対策グッズとは?みんなが選んだ、今ほしい花粉症対策グッズをランキング形式でご紹介!注目の集計結果、ぜひご覧ください。


第20位:ボトル型ティッシュケース(367票)

どれだけ花粉症対策をしても鼻水や涙は出ちゃいます。シーズンになるとティッシュが手放せなくなるわけですが、ボックスティッシュを持ち歩くわけにもいかなし、誰かと共用するのもコロナ感染が気になるし…。かと言って、ポケットティッシュはあっという間になくなっちゃうし、いくつも準備するのも面倒。そんな悩みのすき間に登場したのがボトル型ティッシュケース。ボックスティッシュの3分の1くらいのティッシュが入って、持ち運びにも便利で言うことなしです!







第19位:花粉をキャッチするレースカーテン(386票)

コロナ対策として換気は重要、ただし花粉症対策となると家の中に花粉を入れないことが大切、なかなかのジレンマですね。そこで開発されたのが花粉をキャッチするレースカーテン。特殊な加工を施した繊維で作られているため風や光は通しますが、花粉をキャッチして不活性化してしまうようなありがたい機能を持ったカーテンが販売されています。日中よりも夜間の方が花粉の飛散量も少ないので、このカーテンを使用しながら、夜の換気もしっかりと行いたいですね。







第18位:鼻マスク(403票)

コロナ対策として、マスク使用時はしっかりと鼻まで覆いましょうという注意喚起がなされますよね。花粉症でも同様に、鼻粘膜で花粉をキャッチしてしまわないよう対策をしておくことが大切です。そこで開発されたのがノーズマスク、その名の通り鼻専用のマスクなんですけど、通常のマスクのような耳にかけるタイプのマスクではなく、鼻の穴を塞ぐ小さなキャップのような形状が特徴。案外目立たないし、マスクと併用すれば花粉症+コロナ対策としても使えるので、さらに人気が高まるかも知れませんね。







第17位:花粉をガードするシール(406票)

衣服の襟など顔の付近にシールを貼っておくことで、そこから飛散される香りが花粉をコーティングし、花粉のアレル物質を抑え込んでしまうという、花粉症対策としての新たな手法が生み出されています。鼻や口を覆ってしまうようなシールではないのでご安心を。コロナ対策としてマスクと併用すれば尚良しってところだと思いますが、自宅でマスクを外して一息つきたいときにこのシールがあれば香りによるリラックスと、安心感が得られますね。







第16位:卓上パーソナル加湿器(409票)

空気中に浮遊する微細な物質の動きを抑制する上で加湿は有効な施策と言われていますね。コロナや花粉症対策としても加湿しておくことはとても大切だそうです。ただオフィスや仕事先などに家庭用加湿器を自分用として持ち込むことも難しく、そこで役に立つのが卓上でも使えるパーソナル加湿器。USB電源で使用できるタイプの製品も増えていて、より手軽に自分の身の回りを加湿しておくことができそうです。お肌の乾燥対策としても効果がありそうだし、ぜひ活用してみたいですね。






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…