アメリカのアニメ人気おすすめランキングTOP20

今回は「アメリカの人気アニメ」をランキング調査!
約100年の歴史をもつディズニー・アニメーションを筆頭に、さまざまな世界的ヒット作品を生み出すアメリカのアニメ。
今回のランキングでも、アメコミから飛び出した名作ヒーローアニメに、世界的キャラクターを生んだ人気アニメなどが次々登場!あなたの気になる作品・好きな作品はランクインしているでしょうか?大人もハマる話題の最新作もぜひチェックしてみてくださいね(※アニメ映画はノミネート外)!

アメリカのアニメ人気おすすめランキング
TOP20一覧
  • 1位トムとジェリー (119票)
  • 2位ピーナッツ(スヌーピー) (79票)
  • 3位アドベンチャー・タイム (74票)
  • 4位トランスフォーマーシリーズ (63票)
  • 5位スポンジ・ボブ (58票)
  • 6位フィリックス・ザ・キャット (57票)
  • 7位おさるのジョージ (53票)
  • 8位ザ・シンプソンズ (52票)
  • 9位アバター 伝説の少年アン (51票)
  • 10位スパイダーマン (48票)
  • 11位バットマン (46票)
  • 12位リック・アンド・モーティ (44票)
  • 13位ガーフィールドと仲間たち (43票)※同率
  • 13位ティーン・タイタンズ (43票)※同率
  • 15位おかしなガムボール (42票)
  • 16位怪奇ゾーン グラビティフォールズ (41票)
  • 17位パワーパフガールズ (39票)
  • 18位フィニアスとファーブ (38票)※同率
  • 18位ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (38票)※同率
  • 20位ポパイ (37票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<アメリカのアニメ人気おすすめランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)1,522名/調査日:2022年1月20日

目次

第1位:トムとジェリー(119票)

  • 言葉がわからなくても楽しめる!
  • ドタバタ感がいい!
  • お互いの奮闘ぶりが面白い

楽しく仲良くケンカするドタバタコメディ!1位はトムとジェリー!

見事1位に輝いたのは「トムとジェリー」。短気な猫のトムと、イタズラ好きなネズミのジェリーが繰り広げるドタバタ痛快コメディ!初めてアメリカでアニメが制作されたのは1940年のこと。そこから現代までコンスタントに映像作品を世に送り出し、2022年3月には新作OVA「トムとジェリー カウボーイ・アップ!」が発売。セリフも楽しいですが、動きや表情だけでも理解できる&笑える作品になっているのが「トムとジェリー」のスゴイところ。赤ちゃんから大人まで誰もが楽しめるコンテンツとして世界中で愛されています!

第2位:ピーナッツ(スヌーピー)(79票)

  • 可愛さだけでなく、スヌーピーの発する言葉が深いところがいい
  • キャラクターとしてもかわいいので!
  • ダントツでかわいい。UNIQLOのコラボアイテムも好き

癒やされるキャラクターと奥深い名言が魅力!2位はピーナッツ!

2位は「ピーナッツ」!アメリカの漫画家であるチャールズ・M・シュルツが手掛けた「Peanuts」のアニメ化作品。スヌーピーをはじめとしたおなじみの登場キャラクターは、日本でもありとあらゆるグッズとなって日常に溶け込んでいるほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のキャタクターとしても親しまれていますよね。
日本で初めて日本語吹き替え版がTVアニメとして放送されたのは1971年。この頃はチャーリー・ブラウンの声をコメディアンの谷啓さんが演じ、その後は作品ごとに何人もの役者、声優が担当した歴史があります。視聴した作品の時代によって、各々が抱く各キャラの声のイメージはかなり違うかもしれませんね!

第3位:アドベンチャー・タイム(74票)

  • ハマった!面白い!
  • 闇深くてやばいキャラクターが最高
  • 面白いからみんな見てほしい

壮大な世界観と伏線にハマるファンが続出!3位はアドベンチャー・タイム!

3位はファンタジーアニメ「アドベンチャー・タイム」。スーパーヒーローを目指す少年フィンと魔法の犬ジェイクたちの冒険がユーモラスに描かれる人気作。
1話から視聴者置いてけぼりのクレイジーな展開が話題となり、さらに物語の中盤からは世界観も大きな広がりを見せ、隠された伏線の多さから考察を楽しむ大人ファンが続出しました。可愛らしいキャラクターデザインからは想像もできないほど、狂気や混沌が入り乱れた世界にハマること間違いなし!

第4位:トランスフォーマーシリーズ(63票)

  • 日本生まれの作品だとばかり思ってました!アメリカ生まれ日本育ち?
  • 斬新さがあった

日本で制作されたアニメが実は多い!4位はトランスフォーマーシリーズ!

4位はバトル・SFアニメ「トランスフォーマー」シリーズ。正義のサイバトロンと悪のデストロンの対立がシリーズの基本構造であり、人型のロボットから乗り物、動物に変形するキャラクターは玩具も大ヒット!シリーズ第1作の「THE TRANSFORMERS」(日本では「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」)がアメリカで放送されたのは1984年のことであり、実はこの時期の初期トランスフォーマーシリーズは日本の東映動画が制作しています。その後、海外製のCGアニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」、実写映画「トランスフォーマー」などが制作され、映像技術の進歩と相まって新世代の「トランスフォーマー」として支持されました!

第5位:スポンジ・ボブ(58票)

  • たまにウッとなるリアルな描写が面白い
  • キャラクターが好き

破天荒な世界観に大人も子どももハマった!5位はスポンジ・ボブ!

5位はコメディアニメ「スポンジ・ボブ」。ニコロデオン・アニメーション・スタジオが制作するTVアニメであり、仕事好きな黄色いスポンジのスポンジボブの日常が描かれます。テンポの良さとコミカルな音楽、さらにはかなりぶっ飛んだキャラも登場することで明るい作風となっていますが、まれにブラックな笑いも差し込まれる点があなどれません。予測不能な笑いをお求めの方にオススメのギャグアニメと言えます!

第6位:フィリックス・ザ・キャット(57票)

生誕から100年を迎えた世界で最も有名な黒猫キャラ!6位はフィリックス・ザ・キャット!

6位はコメディアニメ「フィリックス・ザ・キャット」。初めてフィリックスがアニメ化されたのは1919年の「Feline Follies」であり、なんとアニメだけで100年以上の歴史を持ちます。この頃はまだフィリックスという名前ではなくデザインも見知ったものではなかったですが、次第にブラッシュアップされて現在の姿に。日本ではアニメ放送やCMの影響もあって80年代にブームとなり、駄菓子の「フィリックスガム」(発売から60年以上の歴史あり!)でも広く知れ渡りました。ミッキーマウス誕生以前にスターとなった歴史あるキャラクターですね!

第7位:おさるのジョージ(53票)

  • ジョージが可愛くてテレビでしてたら必ず見る!
  • 子供と一緒によく観るアニメだから

子供たちも大好きなおさるのアニメ!7位はおさるのジョージ!

7位は日常アニメ「おさるのジョージ」。絵本「ひとまねこざる」、「おさるのジョージ」を原案に制作されたシリーズであり、日本ではNHK Eテレで毎週土曜日に放送中です。好奇心旺盛な子ザルのジョージは、初めて見るもの・初めて行く場所に興味津々。おさるらしい奇想天外な行動が面白く、黄色い帽子のおじさんをはじめとした町の人々の温かさに癒やされる作品です。家族で楽しめる、アメリカアニメの代表ですね!

第8位:ザ・シンプソンズ(52票)

  • 日本ではまずしない社会や政治や宗教の風刺・ブラックジョークが面白い!!
  • いろんなハリウッドスターが声優として出てて内容も面白い

ブラックな笑いが魅力のアメリカの「サザエさん」!8位はザ・シンプソンズ!

8位はコメディアニメ「ザ・シンプソンズ」。アメリカの架空の街・スプリングフィールドで暮らすシンプソン一家の日常を描く物語であり、初放送の1989年から現在進行形で放送中のご長寿アニメとして世界で愛されています。あまりにもドジで天然な一家の大黒柱・ホーマーの言動には毎度笑わされますが、風刺の効いたブラックな笑い、時々登場する豪華なゲスト声優も作品の大きな魅力。基本は1話完結なので、どのシーズンのどの話を見ても気軽に楽しめるのも強みです。日本では主にWOWOWやFOXチャンネルといった有料チャンネルで放送されましたが、秀逸な日本語吹き替えもあって作品・キャラクター共に広く認知されました!

第9位:アバター 伝説の少年アン(51票)

エミー賞にも輝いたアジアンチックな名作!9位はアバター 伝説の少年アン!

9位はアクション・ファンタジーアニメ「アバター 伝説の少年アン」。水、土、火、気という四大元素の概念が存在する世界で、世界に平和をもたらす者である「アバター」こと少年・アンと、その仲間たちの旅が描かれます。極めてアジアンチックな世界観でストーリーは進み、中国拳法をベースにした各種アクションも印象的。徐々に重みを増していくストーリーが子どもだけでなく大人をも夢中にさせ、その出来の良さから優れたアニメ作品に与えられる「アニー賞」、優れたテレビ番組に与えられる「プライムタイム・エミー賞(アニメ部門)」の栄誉に輝いています!

第10位:スパイダーマン(48票)

  • 一番好きなキャラクター、かっこいい!
  • THEアメコミの代表だと思う!

マーベルコミックを代表するアメコミヒーロー!10位はスパイダーマン!

10位はアクションアニメ「スパイダーマン」。11位でご紹介した「バットマン」がDCコミックスを代表するヒーローなら、「スパイダーマン」はマーベル・コミックを象徴するヒーローの1人!クモを模したマスクを被り、クモ由来の特殊能力を持ったヒーローとして戦う姿に世界が熱狂しました。実写化作品も人気となり、中でも実写映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は完成度が高いと大絶賛されています!

第11位:バットマン(46票)

11位はアクションアニメ「バットマン」。アメリカを代表するアメコミヒーローの1作であり、原作漫画が初登場したのはなんと1939年のこと。犯罪都市・ゴッサムシティに蔓延る悪に立ち向かうバットマンことブルース・ウェインの活躍が描かれ、アニメ、実写、スピンオフ作品……と、様々なメディア展開で愛されています。際立った特殊能力を持たない1人の人間として奮闘する姿、さらにはバットマンをサポートするアイテムやメカも作品の魅力と言えますね!

第12位:リック・アンド・モーティ(44票)

12位はSF・コメディアニメ「リック・アンド・モーティ」。天才的な頭脳を持つ科学者のリックと、彼の孫である少年・モーティの冒険が描かれ、大人向けのブラックなコメディとして人気に!有名映画のパロディから社会風刺なども強烈にファンを惹きつける要素となっています!

第13位:ガーフィールドと仲間たち(43票)※同率

同率13位はコメディアニメ「ガーフィールドと仲間たち」。1978年から連載開始となった新聞漫画「ガーフィールド」のアニメ化であり、虎柄猫のガーフィールドとその仲間の日常がコミカルに描かれます。1988年から放送が開始された旧アニメ版「ガーフィールドと仲間たち」の他に、映画版の3DCGアニメ「ガーフィールド ザ・ムービー」、フランスで制作されたCGアニメ「ガーフィールド・ショー」も存在し、こちらを認知している方も多いでしょう。アメリカのコメディものらしく、絵柄はカワイイのですが時折見せる風刺の効いたギャグもあって大人も笑えます!

第13位:ティーン・タイタンズ(43票)※同率

同率13位はアクション・コメディアニメ「ティーン・タイタンズ」。「バットマン」をはじめとするDCコミックスの主役ヒーロー……ではなく、その相棒(サイドキック)たちが集結してコミカルなアクションものとして描かれます。多くのファンに認知されているのは2004年版や、2014年から放送開始の「ティーン・タイタンズGO!」。こちらは「バットマン」のロビンを筆頭に、各キャラクターのデザインが可愛らしくアレンジされて、親しみやすさも感じられる作風となりました!

第15位:おかしなガムボール(42票)

15位はコメディアニメ「おかしなガムボール」。アメリカとイギリスの合作であり、3Dキャラクター、2Dキャラクター、実写キャラまでが共存するかなり変わった趣向の作品です。水色猫のガムボールと、手足の生えた金魚のダーウィンという取り合わせはなんともアニメ的ですが、前記した映像面も手伝ってドタバタでカオスなコメディとして人気に。ポップでアート的な独特な雰囲気、さらには時折描写されるダークで毒のあるセリフもまた大人のファンを魅了するポイントとなっています!

第16位:怪奇ゾーン グラビティフォールズ(41票)

16位はSF・コメディアニメ「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」。ディズニー・テレビジョン・アニメーションが制作する作品であり、アメリカの田舎町「グラビティフォールズ」での日々をミステリアスかつユーモラスに描きます。SF要素のある作りは子どもが楽しめるだけでなく、一緒に観る大人をも惹きつけ、伏線のあるストーリーや心温まるエピソードも高評価。主人公となる双子の兄妹・ディッパーとメイベルの魅力と成長、また個性的な登場キャラクターもスパイスとなっています!

第17位:パワーパフガールズ(39票)

17位はアクション・コメディアニメ「パワーパフガールズ」。カートゥーン ネットワーク・スタジオが制作する作品であり、生まれながらにしてスーパーパワーを持った3人の幼稚園児・パワーパフガールズの活躍が描かれます。日本では2001年からテレビ東京系で地上波放送され、2006年からは日本オリジナル展開で「出ましたっ!パワパフガールズZ」も制作。独自テイストの「パワーパフガールズ」として支持されました!

第18位:フィニアスとファーブ(38票)※同率

同率18位はコメディアニメ「フィニアスとファーブ」。ディズニー・テレビジョン・アニメーションが制作する作品であり、仲良し義兄弟のフィニアスとファーブが過ごすワクワクの夏休みが描かれます。そんなメインストーリーと同時進行で、フィニアスのペットとして登場するカモノハシのペリーがエージェントとして秘密裏に動いていて……?有名映画のパロディも面白い一作です!

第18位:ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ(38票)※同率

同率18位はアクション・コメディアニメ「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」。同名漫画がアメリカで初めてアニメ化されたのは1987年のこと。悪と戦う正義のヒーロー・タートルズの活躍が描かれ、二足歩行する亀+忍者のコンセプトで大ヒット!実は初代アニメの制作は日本の東映動画であり、1993年から95年にかけてテレビ東京で地上波放送もされています。秀逸なアクションはもちろんですが、美味そうにピザを食べるタートルズの姿が強く記憶に残っているファンも多いかもしれませんね!

第20位:ポパイ(37票)

20位は「ポパイ」!ほうれん草の缶詰を食べるとパワー全開のマッチョになるポパイ。1929年にアメリカの漫画「シンブル・シアター」に登場した脇役キャラクターでしたが、またたく間に人気者となり主人公に昇格、さらに漫画のタイトルも「ポパイ」となりました。日本では1959年からアニメが放送され、高視聴率を記録。2019年で生誕90周年を迎えた現在に至るまで、根強い人気を誇っています!

アメリカのアニメ人気おすすめランキングTOP20!

世界的に知られる人気作品だけでなく、最近の作品も数多くランクインした今回のランキング。トップには幅広い世代に愛される「トムとジェリー」が選ばれ、変わらぬ人気を改めて認識させられました!
以上、10~40代の男女(性別回答しないを含む)1,522名が選んだ「アメリカのアニメ人気おすすめランキング」でした。あなたが思うアメリカの人気アニメはランクインしていましたか?

編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)1,522名
調査日:2022年1月20日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次