みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

1970年代アニメ名作ランキング【懐かしい昭和アニメ】(16~20位)

公開:2021-11-29 更新:2022-1-7

日本のTVアニメ黎明期である1960年代から時代は進み、表現方法や扱うテーマも多様化した1970年代。今も続くアニメシリーズの第1作目が多数生まれた時代であり、また現在は巨匠として知られる有名クリエイターが力をつけ、才能を見せつけた時代ともなりました。そこで、今回は投票者を男性に絞って「1970年代アニメ名作ランキング」を実施。夢とロマンあふれるあのSFアニメ、手に汗握って夢中になったあのスポ根アニメなど、様々名作が目白押しの注目ランキングです!

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした「30~60代男性に調査!1970年代アニメ名作ランキング」のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:30~60代の男性7,414名/調査日:2021年10月27日

30~60代男性に調査!1970年代アニメ名作ランキングTOP20!

まずは20位から16位を発表!あなたが名作だと思う1970年代アニメはどれ?


第20位:デビルマン(1972年~)(112票)





20位はバトル、ファンタジーアニメ「デビルマン」。漫画家・永井豪さんが手掛けた同名漫画のアニメ化作品であり、高校生・不動明がデビルマンとなってデーモン族と戦うバトルもの。ダークな原作漫画と比べてアニメ版はマイルドな設定になっており、「デービール!」の掛け声で変身し、敵を倒していくデビルマンは当時の子どもたちにとって「仮面ライダー」に並ぶ正義のヒーロー。その勇姿が心に焼き付いている方も多いでしょう!




第19位:タイムボカンシリーズ ヤッターマン(1977年~)(117票)





19位はSF・ギャグアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」。1975年にスタートしたタイムボカンシリーズの第2弾であり、その後長い歴史が作られていく同シリーズ屈指の人気作です。正義を守るヒーロー・ヤッターマン1号&2号と、毎回のように悪巧みをするドロンボー一味との戦いが描かれ、コミカルなやり取りにハマったファンは数知れず。声優・小原乃梨子さんが演じた金髪碧眼の美女・ドロンジョ様のセクシーな佇まいで多くの男性ファンを生みました!




第18位:科学忍者隊ガッチャマン(1972年~)(118票)





18位はSF・バトルアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」。世界征服を企む悪の組織・秘密結社ギャラクターと科学忍者隊の激闘を描きます。スタイリッシュなデザインと迫力ある戦闘シーンの作画、終盤に訪れるハードな展開なども話題となり、名実ともにタツノコプロの代表作となりました。特に人気を呼んだキャラクターは主人公のガッチャマン……ではなく、ニヒルなサブリーダー・コンドルのジョー。当時の子どもたちだけでなく女性視聴者をも魅了したイケメンです!




第17位:マジンガーZ(1972年~)(133票)


  • マジンゴー!!!

  • このアニメから巨大ロボットアニメのジャンルが確立されたと思う

17位はロボットアニメ「マジンガーZ」。世界征服を企む悪の科学者・Dr.ヘルの野望を打ち砕くため、巨大ロボット・マジンガーZに乗り込む高校生の少年・兜甲児の戦いを描きます。それ以前にも「鉄人28号」のような巨大ロボットアニメはありましたが、人が乗り込む巨大ロボットアニメで絶大な人気を集めた日本初の作品。「人が乗り込む」という設定だけでも革新的ですが、マジンガーZに内蔵された数々の秘密兵器、劇中でのパワーアップなども含めて、少年ファンを熱狂させる要素をこれでもかと盛り込んだ傑作でした!




第16位:サイボーグ009(第2作)(1979年~)(143票)





16位はSF・バトルアニメ「サイボーグ009(第2作)」。「仮面ライダー」など数々の名作を世に送り出した漫画家・石ノ森章太郎さんが手掛けた同名漫画のアニメ化作品であり、1968年版に続いて第2作目になります。サイボーグとなった9人の戦士の戦いを描き、孤独や悲哀を感じさせるストーリーは勧善懲悪ものに収まらない、とファンに評されます。勇壮でかっこいいテーマソング「誰がために」も熱い!



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

15位~11位は…

【関連記事】
懐かしいアニソン人気ランキング【30代~50代向け!平成前期編】

【2022年1月期】冬アニメ期待値ランキングTOP20

2021年ベスト地上波アニメランキングTOP20

実は高学歴のアニメキャラクターランキングTOP20