日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢12,386名に調査した<日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキング>を発表します。2001年にイチローさんと新庄剛志さんがメジャーリーグに挑戦してから、何人もの日本人野手が海を渡りました。今は大谷翔平選手や吉田正尚選手の一打に胸が踊りますよね。あなたにとっての歴代最強の日本人バッターは誰ですか?さっそくランキングをチェック!

日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキング
TOP10
  • 1位大谷翔平 (4,541票)
  • 2位イチロー (2,726票)
  • 3位松井秀喜 (831票)
  • 4位吉田正尚 (444票)
  • 5位鈴木誠也 (269票)
  • 6位松井稼頭央 (263票)
  • 7位新庄剛志 (257票)
  • 8位青木宣親 (251票)
  • 9位秋山翔吾 (245票)
  • 10位城島健司 (235票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)12,386名/調査日:2023年4月26日

目次

第1位:大谷翔平(4,541票)

  • 大谷翔平選手は本当にスゴイ。言葉にならない
  • これまででも凄いが、これからも記録を作ってくれると思うので
  • 大リーグで二刀流で大活躍で、少年漫画のヒーローが現実にあらわれたから
  • ピッチャーもバッターも大谷が一番!

ファンの夢をかなえてくれたスラッガー!1位は大谷翔平選手!

二刀流で世界を席巻する大谷選手が1位に輝きました。メジャーで活躍する日本人投手は何人もいましたが、ホームランを量産するスラッガーはなかなか現れませんでした。「豪快なアーチを架ける日本人メジャーリーガーを見たい」というファンの夢をかなえてくれたのが大谷選手です。飛距離もメジャーリーガーに引けを取りません。ホームランやヒットを放つたびに形容詞がつくのも特徴で「大谷滞空時間7秒!ムーンショット弾」「大谷レジェンド超えの一発」「翔平異次元弾」など、アメリカのメディアも大谷選手の活躍に夢中です。次はどんなスーパープレーを見せてくれるのでしょうか。

第2位:イチロー(2,726票)

  • やっぱり、イチローでしょ
  • バッターと限定した場合は、最多安打等の記録を所持しているイチローが現段階では最強と言える
  • メジャーリーグでもレジェンドだから
  • メジャーリーグだけで2000本以上の安打は、凄すぎる

希代の安打製造機!2位はイチローさん!

2位はイチローさんでした。2001年にシアトル・マリナーズに移籍して以来19年間、メジャーで3089本のヒットを放ったレジェンドは、数々の記録を打ち立ててきました。記憶に残る試合はいくつもありますが、ハイライトはジョージ・シスラーさんの記録を84年ぶりに更新した、2004年のシーズン最多262安打でしょう。MLBの公式サイトも「おそらく破られないだろう記録」の一つに挙げています。新記録となる258本目のヒットを地元のシアトルで放った瞬間、会場中が沸きました。花火が上がりチームメイトにもみくちゃにされながらも、イチローさんはいつも通りの穏やかな笑顔を浮かべていました。どのシーンもかっこよかったですね。

第3位:松井秀喜(831票)

  • ワールドシリーズを経験して、なおかつMVPを受賞している
  • 成績も人柄も素晴らしいので
  • 現在では、松井さんが一番の強打者の実績を残していると思います
  • やっぱりゴジラと言われるだけあって、受け止め方にブレがなかった

日本人選手初のワールドシリーズMVP!3位は松井秀喜さん!

アメリカでも「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井さんが3位にランクイン。2003年にニューヨーク・ヤンキースに入団すると、名門チームの主軸として活躍しました。本拠地・ヤンキースタジアムでの開幕戦でメジャー1号となる満塁弾を放ち、ニューヨークのファンからスタンディングオベーションで出迎えられます。ニューヨーク・ヤンキース4年目の2006年、守備中に左手首を骨折するアクシデントに見舞われましたが、見事に復活。2009年のワールドシリーズでは打率.615、3本塁打で日本人初のMVPに輝きました。成績だけでなく人格者としても高く評価されています。

第4位:吉田正尚(444票)

4位は吉田正尚選手!

  • これからは、彼を応援したいですね、今までの活躍を見て
  • これからすごい成績を残すのでは。期待を込めて
  • バランスがいい!

2023年のWBCで大会新記録となる13打点を挙げ、侍ジャパンの優勝に貢献した吉田選手。大きな手土産を持ってのメジャー挑戦となりました。ボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイパーク名物のグリーンモンスターを直撃する当たりを何本も放つなどメジャー1年目からエンジン全開で、さらなる飛躍が期待できますね。

第5位:鈴木誠也(269票)

5位は鈴木誠也選手!

  • カープファンとしても応援しています!
  • 最近の活躍がすごいので

2022年にポスティングシステムを利用し、シカゴ・カブスに移籍した鈴木選手。背番号「27」は憧れのマイク・トラウト選手にちなんでのもので、入団会見でも「マイク・トラウト、アイラブユー」とラブコールを送っていました。メジャー1年目は111試合に出場し、打率.262、14本塁打。環境に慣れてくる2年目以降、さらなる飛躍が期待されます。

第6位:松井稼頭央(263票)

6位は松井稼頭央さん!

  • かっこよかった。今もかっこいい。私のスター!
  • ファンだから

「イチローのミート力と、松井秀喜の長打力を兼ね備えた選手」と言われた松井さん。ニューヨーク・メッツに移籍し、開幕戦に1番・遊撃手で出場すると、メジャー初打席で初球をセンターバックスクリーンへ放つという衝撃的なデビューを飾りました!怪我と闘いながらメジャーリーグで7年間プレーし、日本球界に復帰してからもプロ野球を盛り上げてくれました!

第7位:新庄剛志(257票)

7位は新庄剛志さん!

  • やっぱり新庄さんです。プレーを見ていると楽しくて仕方なかった!

2000年オフ、阪神タイガースに所属していた新庄さんがFA宣言し去就が注目されました。そして選んだ移籍先はニューヨーク・メッツ!新庄さんの選択には日本中が驚きましたね。メジャーリーグでも大活躍を見せ、その後移籍したサンフランシスコ・ジャイアンツでは、レジェンドのバリー・ボンズさんを差し置いて4番を打つ活躍ぶり。ワールドシリーズにも出場し、しっかり爪痕を残しました!

第8位:青木宣親(251票)

8位は青木宣親選手!
メジャー6年間で758試合、774安打、219打点、98盗塁をマークした青木選手。いずれも日本人メジャーリーガー3位の記録です。7球団を渡り歩いた「ジャーニーマン」で、2017年シーズン途中まで在籍したヒューストン・アストロズが世界一に輝き、チャンピオンリングを手にしました。

第9位:秋山翔吾(245票)

9位は秋山翔吾選手!
秋山選手は2015年にNPB史上最多のシーズン216安打を達成し、日本を代表するヒットメーカーに成長します。2020年に海外FA権を行使してシンシナティ・レッズに移籍すると、開幕戦に代打で出場。タイムリーを放ちメジャー初打席初安打初打点をマークしました。2022年には日本に戻り、広島東洋カープに入団されました。

第10位:城島健司(235票)

10位は城島健司さん!
日本人がメジャーに挑戦するのは珍しくなくなりましたが、捕手としては城島さんただ一人。2006年の18本塁打は、大谷翔平選手に抜かれるまで日本人メジャー1年目の最多記録でした。イチローさんからのレーザービームをキャッチし、体をはって本塁を死守する姿は頼もしかったですね。

日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキングベスト10

以上、全年代の男女(性別回答しないを含む)12,386名が選んだ<日本人メジャーリーガー「歴代最強バッター」ランキング>でした。

編集者:とば
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)12,386名
調査日:2023年4月26日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次