みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

最新!おすすめのホラー映画<洋画版>ランキングTOP20【ネタバレなし】(6~8位)

公開:2020-3-27 更新:2020-4-28


第8位:エイリアン(81票)


  • 「エイリアンに対する無力感。怖かったですね」
  • 「出産シーンは夢にでてきそう」
  • 「悲鳴をあげました」


SFホラーの古典!第8位はエイリアン!


1979年に公開された「エイリアン」が8位にランクイン。出演者はシガニー・ウィーバーさん、ヴェロニカ・カートライトさんなどです。
宇宙船ノストロモの乗員たちは地球へ戻る航路の途中で奇妙な信号を受け、未知の惑星に降り立ちます。卵のようなものをみつけた1人がのぞき込んだその時、殻を破って飛び出してきた謎の生物により悲劇が幕を開けます。生物が顔面に張り付いてしまった乗員を助け出し、再び地球を目指しますが、乗員の体内にはすでに異星生物の幼体が産みつけられており…。
完成されたエイリアンのフォルムは得体のしれない生物への恐怖を掻き立てます。


第7位:エルム街の悪夢(84票)


  • 「観た日の夜は眠れなくなる」
  • 「夢を見るとフレディが来る」
  • 「どこかに行ったとか拾った・買った・貰ったみたいな自分で選択出来る行動の結果じゃなくて、夢に出てくるとかいう回避不能な事象が嫌すぎる」


夢なのか現実なのか!第7位はエルム街の悪夢!


1984年にアメリカで公開された「エルム街の悪夢」が7位!出演者は、ヘザー・ランゲンカンプさんやロバート・イングランドさん、ジョン・サクソンさんなど。2010年にはリメイク・リブート版が公開されています。
エルム街に住む高校生のナンシーたちは、毎晩鉄の爪を持つ男に襲われる悪夢を見ていました。ある日、同じ悪夢にうなされていた友達の1人が現実世界で殺されてしまい…。
夢なのか現実なのか、冷酷な殺人鬼の恐怖に思わず目を覆いたくなる作品です。




第6位:パラノーマル・アクティビティ(86票)


  • 「再現ビデオと実際の映像を組み合わせたような意図的な作り方によって、あたかも現実に起きた出来事と錯覚してしまう。あまりの衝撃と恐怖で眠れなくなった」
  • 「実写と思って、マジで怖かった」
  • 「最後がものすごく怖い」


リアリティありすぎるモキュメンタリー映画!第6位はパラノーマル・アクティビティ!


2007年に公開されたアメリカの映画「パラノーマル・アクティビティ」が6位!ケイティー・フェザーストンさんやミカ・スロートさんが出演しています。約100万円程度の低予算で製作されたにも関わらず、全米興行収入第1位の記録を残した驚異のモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)ホラーです。
同棲中の若いカップルが家の異変に気付き、家の中のいたるところにビデオカメラを設置。その撮影された映像を通して見る、不気味な現象の数々。2人が眠りについた後、ビデオカメラに映ったのは衝撃的なモノでした…。
リアリティがありすぎて見終わったあと自分の部屋が怖くなる作品。



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…