みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

道民以外には意味がわからない北海道の方言ランキング(9~10位)

公開:2021-4-30

第10位:ばくる(交換する)(470票)


  • 盗む意味に聞こえる

  • パクると音が似ているので勘違いしそうですけど

  • 奪う、みたいな意味かと

人と人とのあいだでもモノのやりとりを表現!10位はばくる(交換する)!


牛や馬の仲買人のことを指す「博労(ばくろう)」という言葉が語源とも言われていて、「交換する」という意味を持つ北海道の方言です。あなたの○○と私の△△を「ばくる」(=交換する)のような使い方ですね。お互いのものを「取り替えっこ」することは「ばくりっこ」。なお、機械の部品などを「新しいものに交換する」場合は「ばくる」を使いません。あくまでも人と人とのあいだでモノがやりとりされる際の交換について「ばくる」が使われます。

第9位:うるかす(水に浸けておく)(475票)


  • 地元の人でなければ絶対わからない

  • ぬるくなった??ってこと?

  • 主に北国、青森津軽・北海道では普通の言葉です。子どもの頃は、母に洗濯物を「うるかしておきなさい」と叱られていたのを思い出す

「うる」は「潤」!9位はうるかす(水に浸けておく)!


お米などを水に浸けておいたり、何かを水に浸してふやかすことを北海道の方言で「うるかす」と言います。漢字を当てると「潤かす」、こう書くとなんとなくイメージできますね。「ほったらかす」という意味で使われていたこともあったそうですが、徐々に聞かれなくなってきたとのこと。現在は、主に料理の際に使われることが多い方言だそうです。「ふやかす=うるかす」から派生して、「ふやける」を表す言葉として「うるける」も使われています。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…