【海だから許される?】陸上で活動していたら嫌な海の生き物ランキング!

目次

第4位:グソクムシ

「思い出すだけで鳥肌になる」
「色も形も気持ち悪い」
「やめてくれー」

調べたくねぇ(本音)

ダンゴムシやフナムシの仲間である等脚類の中で、オオグソクムシは日本最大種であり体長が10~15cm程度ですが、ダイオウグソクムシは世界最大となる20~40cmにもなります。

「生活テリトリー外だからこそ許せるキモさ。陸地にいたらゴキブリレベルで嫌」

私もそう思います。
家の中とかで発見したら卒倒する自信があります。

しかしながらファンも結構多いこの生き物。↑の写真のようにぬいぐるみなどのファンシーグッズも販売されています。
「見たことが無い」「知らない」という方も何人かおられたのですが、もっと詳しい情報は各自でお調べになってください…。

第3位:ナマコ

「形がいかにも気持ち悪いから」
「ナマコは見るのも気持ち悪いので(^_^;)」
「海でも気持ちが悪い」

意見をまとめていたらなんだかナマコが可哀想になってきました。
やはり見た目と、踏んでしまった時の感触を思い出してしまった方のご意見が多かったです。

「食べたら美味しいけど…」

日本では主に酢の物、腸などの内臓を塩辛にしたものは「このわた」という日本三大珍味の一つとされています。
また、中国では乾燥させた干しナマコを炒め物や煮物に使い、「黒いダイヤ」ともいわれる高級食材とされています。

それを知ると、嫌悪感は多少無くなり……ませんか。

気になる2位・1位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次