新紙幣!好きな歴代「お札の人物」ランキング【2024年最新版】

20年ぶりに刷新された「お札の顔」。2024年7月3日から発行された新紙幣はもう手にしましたか?千円札は北里柴三郎、五千円札は津田梅子、一万円札には渋沢栄一が採用されています。今までの紙幣の人物になじみがある方も、新技術で印刷された人物の紙幣を目にするのを楽しみにしている方も多いでしょう。そこで、今回はウェブアンケートにて総勢8,749名に「好きな歴代お札の人物」を調査しました。歴代の紙幣に印刷された偉人の中で一番人気なのは誰?さっそくランキングをチェック!
※今回の調査では昭和21年(1946年)以降に発行されたA~Fシリーズの銀行券を対象としました。

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<新紙幣!好きな歴代「お札の人物」ランキング【2024年最新版】>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)8,749名/調査日:2024年7月7日

目次

第10位:樋口一葉(ひぐちいちよう)(421票)

10位は樋口一葉(ひぐちいちよう)!

  • 女性だとなんだかうれしい
  • 初めての女性紙幣ですし
  • 才色兼備の人物ですよね

「E五千円券」として発行された小説家・樋口一葉が「歴代お札の人物」人気10位に。日本で初めての職業女性作家とされており、代表作は「たけくらべ」など。平成16年(2004年)11月1日から発行が始まりました。裏面に描かれているのは尾形光琳作の「燕子花図」。日本銀行が発行する紙幣の表面に初めて採用された女性の肖像です。過去には明治期の政府紙幣で神功皇后(じんぐうこうごう)採用されており、新紙幣の津田梅子で女性は3人目となります。

第9位:板垣退助(いたがきたいすけ)(469票)

9位は板垣退助(いたがきたいすけ)!

  • 維新の功労者だから
  • 政治家として好きな人です
  • 生まれた年からの発行なので思い入れがある

「B百円券」として発行された政治家・軍人の板垣退助が「歴代お札の人物」人気9位に。自由民権運動を展開し、日本初の政党「自由党」を発足。党首に就任しました。発行は昭和28年(1953年)12月1日から昭和49年(1974年)8月1日まで。裏面には国会議事堂が描かれています。2023年5月には、板垣退助の生誕地に近い高知市の天神橋通商店街で、買い物のお釣りに旧百円札を渡してくれるイベントも開催されていました。

気になる続きは…

1 2 3 4

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次