4,609人が「読めない!」と悶絶した難読駅名・地名ランキング(関西編)

初見じゃ読めない駅名・地名とかって、結構ありますよね。
特に関西圏は「読めるモンなら読んでみろ!」と言わんばかりの難読駅名がズラリ。
そこで10~60代の男女4,609人に聞いた「読み方が分からない駅名・地名」ランキング、10位から1位まで一気にどうぞ。
(全部読めたら相当スゴイぞ!)

目次

第10位:柘植

「難しい」「初めて聞いた」「まったく読めない」等の声多数。これで「つげ」と読みます。
場所は三重県と滋賀県のほぼ県境。2両編成のバスみたいな電車が、1時間に1本来るか来ないか…といった閑静な駅です。

第9位:安曇川

「読みづらい」「あずみがわ、じゃないの?」「仕事先で『あずみがわ』と読んで恥かいた」等、似たような「安曇野(あずみの)」の読み方に引っ張られる方多数。
でもこれ、「あどがわ」って読むんです。

気になる続きは…

1 2 3 4

\読まれています/
「芸能全般」週間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」週間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」週間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!
目次