みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

関西弁!意味が難しい関西の言葉ランキングPart2【2021年版】(3~5位)

公開:2021-1-20 更新:2021-8-19

第5位:やんぴ・やんぺ(やめる、抜ける)(727票)




  • ぱぴぷぺぽで言葉が終わることがないので、不思議です

  • 大阪ですが、やんぴは使わないな。やんぺは使うけどな

  • 聴いたこともない言葉。戸惑うだろうな~

やめる宣言の言葉!5位はやんぴ・やんぺ(やめる、抜ける)!


何かをしていてストップするときに「やーめた!」って言いますよね。それとおんなじです、関西人は「やーんぴ(ぺ)!」って言います。イントネーションも「やーめた!」とだいたい同じ。どちらかと言えば子ども言葉の関西弁ですね。大人が「今日の仕事は5時でやんぴ」とか「明日の会議はやんぺです」なんて言う人はあまりいません。率直な関西人と言えども、会社ではあまり使わない言葉。

第4位:わや(無茶苦茶)(790票)




  • 津軽弁はわからないというけど 関西も似たり寄ったりだ

  • シンプルな言葉だけに意味がつかみにくい

  • わや。わやや。私も普段使っているが、他の地方の人には意味が分かり難いと思う

関西では落語家さんもよく使います!4位はわや(無茶苦茶)!


「ダメな様子」や「不具合」を指す関西弁ですが、この言葉も若い世代の間ではあまり聞かれなくなりましたね。「準備していたことが雨のせいで全て台無しだ」=「段取りしとったのに雨でみなわややがな」なんて関西らしい風情を感じる言葉遣いですね。ちなみに、とても「わや」な状態のことを「わやくちゃ」や「わやくそ」と表現することもあります。関西らしいダイレクトな言葉遣いですね…。

第3位:なんしか(とにかく)(817票)




  • もし言われたら、えっ?と返しそう

  • 一文字もあってないので想像が出来ない

  • 風の谷の?

関西人ががんばっているときに使う言葉です!3位はなんしか(とにかく)!


「なんとしてでも」の関西弁活用形と言えばご理解いただきやすいでしょうか。普段マイペースな関西人が「なんしかやるねん!」(=なんとしてでもやりとげる!)って言ってる時は、とにかく必死のパッチ状態でがんばっていると思うので、あたたかく見守ってあげてください。やわらかい印象の言葉ですが、熱意や決意の込められた熱い関西弁なんですよ。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…