みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

長山 洋子 (ながやま ようこ)

生年月日 1968/01/13
星座 やぎ座
干支 申年
血液型 AB型
出身地 東京都
サイズ
公式サイト
公式SNS
長山洋子 オフィシャルサイト NEW YOKO TIMES
所属事務所公式プロフィール
長山洋子オフィシャルブログ
プロフィール

1984年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。1986年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、1988年に映画『恋子の毎日』に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。デビュー10年目の1993年、25才で演歌歌手に転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『蜩(ひぐらし)』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後もヒットを連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。また、ビクター少年民謡会時代の経験を生かした津軽三味線と民謡の披露など、コンサートにも一層の磨きがかかっていく中、立ち弾き三味線で唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深みを増した表現力で独自の世界を創出し、演歌ファンに強烈にアピールした。2005年からはタイトルに『洋子の…』と冠した3部作をリリース。2006年には作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒットを記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。2012年4月11日『木曽の翌檜』発売と同時に木曽観光大使に就任。

代表作

CDシングル『木曽の翌檜』(2012)
CDアルバム『帰心~長山洋子 津軽三味線の旅~』(2012)
CDシングル『ほっとしてください』(2012)

趣味・特技
職種 音楽

ランクインしているランキング一覧

3件中 1〜3件を表示

9位 実は初婚が40代と知って驚く女性芸能人ランキング
公開日:2022-07-07
13位 アラフィフに見えない美人女性歌手ランキング
公開日:2022-05-31
2位 国際結婚していた意外な芸能人ランキングTOP10
公開日:2022-04-03
  • 1