みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

ディズニー映画おすすめ人気ランキングTOP20<2020最新版>(3~5位)

公開:2020-6-10


第5位:アラジン(368票)


  • 「ストーリーも音楽も大好き。何度でも見られる。実写も良かった。中村倫也さんの歌声が素敵」
  • 「ジーニーの魔法のシーンが凄く綺麗で壮大だったから」
  • 「空飛ぶ絨毯が気持ち良さそう」


主題歌が素敵すぎる!第5位はアラジン!


「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案としたディズニー映画で、日本では1993年に公開されました。
砂漠の王国アグラバーで王女のジャスミンに一目惚れした貧しい青年アラジン。邪悪なジャファーによって魔法のランプを手に入れるように約束させられますが、ランプを見つけたアラジンが擦ってみると、中から魔人ジーニーが出現。願いを3つだけ叶えてあげると言われます。主題歌「A Whole New World」はアカデミー歌曲賞を受賞。
日本語版の吹き替えでは、アニメ版も実写版もジーニー役はもちろんこの人!声優の山寺宏一さんが担当しています。ジーニーは山ちゃんじゃなくっちゃ…!
2019年には実写版が公開され、アラジン役の日本語吹き替えを中村倫也さんが担当したことでも話題になりました。


第4位:くまのプーさん(393票)


  • 「ティガーが好きなので」
  • 「ディズニーいちの癒し系かも。のんびりかわいい」
  • 「気持ちがホンワカする」


幅広い世代に愛されるディズニーの人気キャラクター!第4位はくまのプーさん!


短編も長編も多数制作されているくまのプーさん。ディズニー映画「くまのプーさん」は2011年に公開されました。くまのぬいぐるみ「プーさん」の主な仲間は気弱で優しい子ブタの「ピグレット」、ジャンプが得意なトラの「ティガー」、悲観的なロバのぬいぐるみ「イーヨー」、賢くて優しい少年「クリストファー・ロビン」。100エーカーの森で繰り広げられるほのぼのとした物語に心が温まります。
日本語版ではプーさんの吹き替えを亀山助清さんが担当しています。主題歌「Winnie the Pooh(くまのプーさん)」を聴くと心が和みますね。




第3位:トイ・ストーリー(659票)


  • 「グリーンメンが好き」
  • 「子供に戻ったような気持ちで楽しく見れる。声優も良い!」
  • 「私も好きだし、子供も大好き!家のおもちゃもこんな風に思ってるのかな?とか思うと、また愛しさが増すようです!」


おもちゃたちの友情物語!第3位はトイ・ストーリー!


日本では1996年に公開となったディズニー映画「トイ・ストーリー」シリーズ!
トイ・ストーリーの主人公はカウボーイ人形のウッディ。おもちゃの持ち主アンディの一番お気に入りです。しかしアンディが誕生日にスペースレンジャーのバズ・ライトイヤーをプレゼントされたことから、ウッディはお気に入りの座を奪われてしまいますが…?!現在までにシリーズ4作目まで公開されています。大人になっていくアンディと、おもちゃであるウッディたちの関係の変化に、涙が止まらない~!でも観たあとに必ずあたたかい気持ちになれる、泣けて笑えるディズニーの超名作です。
主題歌は「You've Got a Friend in Me(君はともだち)」。日本語版の吹き替えは、アンディ役が唐沢寿明さん、バズ・ライトイヤー役が所ジョージさんです。




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…