絶対に観るべき面白い洋画ランキング【名作80作品一覧】

映画には不思議な力あります。笑ったり泣いたり感動したり。観る者の心を激しく揺さぶり、時には人生に大きな影響を与えることも。名作は数え切れないほどありますが、今回は絶対に観るべき面白い洋画をアンケート調査。人生で一度は観たい、素晴らしい名作映画をご紹介します!
※本記事で紹介している映画の公開年は日本初公開の年を記しています。

絶対に観るべき面白い洋画ランキング
TOP20一覧
  • 1位バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年) (376票)
  • 2位タイタニック(1997年) (325票)
  • 3位ローマの休日(1954年) (276票)
  • 4位ショーシャンクの空に(1995年) (210票)
  • 5位スターウォーズ(1978年) (198票)
  • 6位ターミネーター2(1991年) (169票)
  • 7位アルマゲドン(1998年) (161票)
  • 8位スタンド・バイ・ミー(1987年) (158票)
  • 9位ゴッドファーザー(1972年) (157票)
  • 10位ライフ・イズ・ビューティフル(1999年) (150票)
  • 11位風と共に去りぬ(1952年) (149票)
  • 12位羊たちの沈黙(1991年) (145票)
  • 13位ゴースト/ニューヨークの幻(1990年) (140票)※同率
  • 13位レオン(1995年) (140票)※同率
  • 15位ニュー・シネマ・パラダイス(1989年) (137票)
  • 16位トップガン マーヴェリック(2022年) (136票)
  • 17位フォレスト・ガンプ/一期一会(1995年) (135票)
  • 18位マトリックス(1999年) (127票)
  • 19位愛と青春の旅だち(1982年) (126票)
  • 20位ボヘミアン・ラプソディ(2018年) (125票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<絶対に観るべき面白い洋画ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,009名/調査日:2024年4月28日

目次

第1位:バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)(376票)

第1位:バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)(376票)

画像はX(@eigacom)から引用 《拡大》

  • 何度見ても良いなと思う。デロリアンに乗って未来に行きたい!
  • 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大好きです。39年も経ったとは信じがたいです
  • エンターテインメント映画として完成度が素晴らしいから

オープニングから怒涛の伏線回収!1位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)!

ロバート・ゼメキス監督作のSF映画が1位!世代を超えて愛される1985年公開の不朽の名作です。高校生のマーティ(マイケル・J・フォックス)は親友で科学者のドク(クリストファー・ロイド)が開発したタイムマシンの「デロリアン」で30年前にタイムトラベル。青春時代の両親の恋愛に巻き込まれるストーリーはクライマックスの連続です。冒頭から張り巡らされた伏線が怒涛のように回収され、一瞬たりとも見逃せません。

第2位:タイタニック(1997年)(325票)

  • 何回観ても感動の涙です!
  • 凄い迫力、画面に吸い込まれる
  • 昔、映画館で何回も見ました

豪華客船が舞台の愛の物語を映画化!2位は「タイタニック」(1997年)!

実際に起きたタイタニック沈没事故がモデルとなった、1997年公開され大ヒットした傑作映画です。画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と名家の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)がタイタニック号で出会い、身分違いの恋に落ちます。しかし出発から4日目、船が氷山に衝突。沈没していく中で2人は…。船首でジャックにバックハグされたローズが両手を広げるシーンをマネした人も多いのでは?豪華客船を再現した規格外の撮影が行われています!

第3位:ローマの休日(1954年)(276票)

第3位:ローマの休日(1954年)(276票)

画像はX(@eiga_natalie)から引用 《拡大》

  • オードリー・ヘップバーンが最高です
  • 70年も前の作品なのに、名作として語りつがれるってことは、ホントに名作だからだと思う
  • 登場人物、建物、風景、ストーリー、映画そのものすべてが美術館みたいな作品だから

デートに行きたくなる胸キュンの名作映画!3位は「ローマの休日」(1954年)!

1954年公開の胸キュン必至のラブロマンス。70年以上経っても色褪せない不朽の名作です。ヨーロッパを周遊中の小国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)はローマを訪問しますが、公務に疲れ公邸から脱出。街で新聞記者のジョー(グレゴリー・ペック)と偶然出会い、一生忘れない”たった一日の恋”を描いています。みんなが楽しめる元祖デートムービーで、ロマンチックなシーンやセリフが盛りだくさん!ヘプバーンの魅力が詰まっています。

第4位:ショーシャンクの空に(1995年)(210票)

第4位:ショーシャンクの空に(1995年)(210票)

画像はX(@livedoornews)から引用 《拡大》

  • 永遠の名作です
  • めちゃくちゃ感動した
  • 本当に良い映画

希望を失わなかった冤罪の囚人が起こした奇跡!4位は「ショーシャンクの空に」(1995年)!

絶望の中でも希望を持って生きる、無実の罪を着せられた男の生きざまを描いた最高傑作。1995年公開の心を揺さぶるヒューマンドラマです。妻とその愛人を射殺した容疑でショーシャンク刑務所に収容されたアンディ(ティム・ロビンス)。囚人のレッド(モーガン・フリーマン)と徐々に友情を築いていき…。大雨の中、両手を広げ空を仰ぐシーンはアンディの心の解放を表しているように見え、生きる勇気を与えてくれる名シーンです!

第5位:スターウォーズ(1978年)(198票)

  • 今見てもワクワクして楽しい
  • シリーズ最初の作品だから、何度も見返している
  • フィギュアを収集するほど、ハマる

社会現象を巻き起こし続ける大人気シリーズの原点!5位は「スター・ウォーズ」(1978年)!

1978年に公開されたシリーズ第1作。銀河系を舞台に繰り広げられる善と悪の戦いが描かれています。ダース・ベイダー率いる悪の帝国軍に捕らえられたレイア姫(キャリー・フィッシャー)。オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)はレイア姫を救うためルーク(マーク・ハミル)を正義の騎士・ジェダイへと導き…。当時の映像技術でこのクオリティーはさすがの一言!社会現象にまでになったスペースファンタジーです。

第6位:ターミネーター2(1991年)(169票)

第6位:ターミネーター2(1991年)(169票)

画像はX(@eigacom)から引用 《拡大》

  • 衝撃を受けた
  • 面白いし今見ても新鮮
  • ラストシーンは秀逸

ヒーローとして帰ってきたシュワちゃんが最高!6位は「ターミネーター2」(1991年)!

大ヒットSFアクションの続編。1991年に公開された傑作です。前作から10年後、未来から2体のターミネーターが送り込まれます。一体は将来指導者になる少年を守るため、もう一体は抹殺するため。前作は最強の悪役を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーがヒーローとして”帰ってくる”設定は秀逸です。

第7位:アルマゲドン(1998年)(161票)

第7位:アルマゲドン(1998年)(161票)

画像はX(@famitsu)から引用 《拡大》

  • 何度も観ましたね。ハラハラドキドキするし、人間ドラマもいい
  • 音楽も素晴らしい
  • 感動したから

地球の運命を託されたスペシャリスト集団に涙!7位は「アルマゲドン」(1998年)!

1998年公開の大ヒットSFアクション。小惑星が接近し地球に衝突するまであと数日となり、人類最後の希望はハリー(ブルース・ウィリス)ら石油採掘のプロの男たちに託されます。豪華キャストが演じる個性的なキャラクターは魅力たっぷり!次々訪れる危機を乗り越えるストーリーは息つく暇もありません。

第8位:スタンド・バイ・ミー(1987年)(158票)

第8位:スタンド・バイ・ミー(1987年)(158票)

画像はX(@NetflixJP)から引用 《拡大》

  • 最後に余韻が残る。心に残る
  • 子どものころに、一度は見るといい
  • 名作です~!

少年時代の自分に会いたくなる青春映画!8位は「スタンド・バイ・ミー」(1987年)!

1987年公開のノスタルジックな青春映画。仲良し4人組の少年たちが死体を捜す旅に出るストーリーで、ウィル・ウィートンが主演、伝説の俳優リバー・フェニックスと、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルが出演しています。感受性豊かな少年時代を描いた、若い時そして年を重ねてからの”2度観るべき”作品という声も!ベン・E・キングの同名主題歌が胸に響きますね。

第9位:ゴッドファーザー(1972年)(157票)

第9位:ゴッドファーザー(1972年)(157票)

画像はX(@fashionpressnet)から引用 《拡大》

  • すごく興奮した。面白かった
  • 何といってもこれは名作、重厚さ、人間へのアプローチ。すごかった
  • 何度見ても面白い不朽の名作

壮大な家族愛を描いたマフィア映画の最高傑作!9位は「ゴッドファーザー」(1972年)!

マフィアの内幕と壮大な家族愛を重厚なタッチで描いた大作。イタリアからアメリカに移住したビトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)はマフィアとなり巨万の富を築きますが、他のマフィアとの抗争が激化。三男のマイケル(アル・パチーノ)が”ドン”の跡を継ぎ…。1972年公開の最高傑作です!

第10位:ライフ・イズ・ビューティフル(1999年)(150票)

第10位:ライフ・イズ・ビューティフル(1999年)(150票)

画像はX(@fashionpressnet)から引用 《拡大》

  • 忘れてはいけないこと
  • 何度も泣きました
  • 辛く苦しいけれど、愛の強さに心打たれます

人生は素晴らしいと教えてくれる感動作!10位は「ライフ・イズ・ビューティフル」(1999年)!

1999年公開の感動作。絶望的な状況でも楽しみを見いだすことが幸せを呼ぶことを教えてくれます。ナチの収容所に収監された一家の父親(ロベルト・ベニーニ)は、幼い息子を守るため、ひたすら陽気に振る舞いウソをつき続け…。重いテーマながら心温まる一本です。見終わった後は、「人生は素晴らしい」と感じる作品です。

第11位:風と共に去りぬ(1952年)(149票)

第11位:風と共に去りぬ(1952年)(149票)

画像はX(@eigacom)から引用 《拡大》

  • 総合芸術といわれる映画というものの特徴が、どの作品よりもあらわれていると思うから
  • スカーレットの様な強い女性になりたい。10回以上観ました
  • 歴史に興味も出てくる作品だから

1939年に制作されアカデミー賞の主演女優賞など10部門に輝いた超大作。日本では1952年に公開されました。大富豪の令嬢スカーレット(ヴィヴィアン・リー)がバトラー(クラーク・ゲーブル)と出会い、南北戦争に翻弄されながら力強く生きていくさまを描いています。絵画のような美しい風景と衣装で、80年以上前の作品ですが、まったく色褪せませんね。

第12位:羊たちの沈黙(1991年)(145票)

第12位:羊たちの沈黙(1991年)(145票)

画像はX(@eigacom)から引用 《拡大》

  • これ程サスペンスを感じる映画はないくらい好きな映画だから
  • 怖いが、ものすごい映画だから。見応えがある
  • ドキドキして怖かった

1991年に公開され世界を震撼させたサイコホラーの金字塔。連続殺人事件を追うFBIの実習生クラリス(ジョディ・フォスター)と猟奇殺人犯で元精神科医のレクター(アンソニー・ホプキンス)の奇妙な交流を描いています。ホプキンスの狂気的かつ上品な演技はすごいのひと言。緊張感漂う作品です!

第13位:ゴースト/ニューヨークの幻(1990年)(140票)※同率

第13位:ゴースト/ニューヨークの幻(1990年)(140票)※同率

画像はX(@wowow_movie)から引用 《拡大》

  • 繰り返し見て感動しました
  • せつなくて良かった
  • 日本人の感性に合っていると思います

1990年公開のラブファンタジー。世界を感動に包んだ大ヒット作です。モリ―(デミ・ムーア)は恋人のサム(パトリック・スウェイジ)と幸せな日々を送っていましたが、サムが暴漢に襲われ命を落としてしまいます。2人でろくろを回すシーンは映画史に残る名場面。涙なしでは見られない切ない一本です!

第13位:レオン(1995年)(140票)※同率

第13位:レオン(1995年)(140票)※同率

画像はX(@livedoornews)から引用 《拡大》

  • ストーリーが素晴らしいので
  • 名作です
  • 強く生きてほしい

1995年公開のニューヨークを舞台にしたアクション映画。孤独な殺し屋レオン(ジャン・レノ)と隣の部屋に住む家族を失った少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)の絆と、悪との壮絶な戦いが描かれています。当時13歳だったポートマンの演技は必見!ハードボイルドながら愛にあふれる作品です。

第15位:ニュー・シネマ・パラダイス(1989年)(137票)

第15位:ニュー・シネマ・パラダイス(1989年)(137票)

画像はX(@livedoornews)から引用 《拡大》

  • 映像も音楽も素晴らしいから
  • 名作です!
  • 映画文化の一区切りの様な役割を果たした作品だと思います

”映画の魔法”にかけられたような至高の名作。世代を超越して愛される1989年公開の作品です。イタリアの映画館「パラダイス座」を舞台に、映写技師と映画好きの少年の交流を描いています。トト少年(サルヴァトーレ・カシオ)の愛らしい演技は見事!美しい名曲も郷愁を誘い、聴けば名場面がよみがえってきます。

第16位:トップガン マーヴェリック(2022年)(136票)

  • 実機で撮影したと聞いた。迫力があります
  • 大好きだから!
  • トム・クルーズはマジですごい

トム・クルーズの出世作の続編。36年の時を経てよみがえった2022年公開のスカイ・アクションです。パイロット養成学校「トップガン」の教官に赴任したマーヴェリック(トム・クルーズ)が訓練生と困難なミッションに挑む姿を描いています。第1作を観ていても観ていなくても世代を超えて楽しめる傑作です!

第17位:フォレスト・ガンプ/一期一会(1995年)(135票)

  • ガンプを通して出会いの大切さなどを学べるし、諦めずにやる素晴らしさなども学べる素晴らしい映画
  • 生き方を教えてくれる素晴らしい映画だから
  • 与え続けることの大切さを感じる

1995年公開のヒューマンドラマの感動作。愚直なまでに真っすぐ生きたガンプ(トム・ハンクス)の人生を、1960年代からのアメリカ激動の時代を絡めて描いています。亡くなった有名人が合成で登場するシーンも話題になり、歴代米大統領やジョン・レノンがガンプと”共演”を果たしました。副題の「一期一会」が秀逸な作品です。

第18位:マトリックス(1999年)(127票)

第18位:マトリックス(1999年)(127票)

画像はX(@cinematoday)から引用 《拡大》

  • この映画を見たときは本当に衝撃を受けた
  • 傑作!
  • ストーリーも良いし、アクション・エンターテイメントとしても素晴らしい

21世紀末を舞台にストーリーが展開する新感覚SFアクション。1999年に公開され話題になりました。乗っ取られた世界を救うため、プログラマーのネオ(キアヌ・リーブス)が仮想現実の世界で人工知能と戦う姿を描いています。弾丸をのけぞってよけるシーンは有名!映像革命を起こした傑作です。

第19位:愛と青春の旅だち(1982年)(126票)

第19位:愛と青春の旅だち(1982年)(126票)

画像はX(@tx_gogoro)から引用 《拡大》

  • 音楽とストーリー、それに俳優に痺れました
  • 感動する
  • 一番好きな映画だから

海軍士官学校生の恋と友情を描いた1982年公開の傑作。邦題の「愛と青春の旅だち」がピッタリくる青春映画です。パイロットになるため海軍士官学校に入学したザック(リチャード・ギア)は、工場の娘ポーラ(デブラ・ウィンガー)と出会いやがて恋に落ち…。同名の主題歌も大ヒットしました!

第20位:ボヘミアン・ラプソディ(2018年)(125票)

第20位:ボヘミアン・ラプソディ(2018年)(125票)

画像はX(@livedoornews)から引用 《拡大》

  • 大好きな映画で、何度も見に行きました
  • クイーンのことはあまり知らず、好奇心から見に行ったが感動してガタガタ震えた。音楽、ストーリー、全て良かった
  • 是非見てほしい。いいよ

世界的バンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーの人生を描いた伝記。ヒット曲テンコ盛りの2018年公開の大ヒット作です。クイーンに加入したフレディ(ラミ・マレック)は栄光の裏でメンバーと対立。そんな中、伝説のチャリティーコンサート「ライブ・エイド」を迎え…。あの頃のクイーンが再来したかのような高い再現度は驚きです!

絶対に観るべき面白い洋画ランキングTOP20!

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にワクワクし「タイタニック」に思わず涙、「ローマの休日」に胸キュン!不朽の名作から最近の大ヒット作までバラエティーに富んだ名作がランクインしました。やっぱり映画が持っている力は計り知れません。いや~映画って本当にいいものですね!
以上、10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,009名が選んだ<絶対に観るべき面白い洋画ランキング【名作80作品一覧】>でした。あなたが好きな名作映画はランクインしていましたか?

絶対に観るべき面白い洋画ランキング、21位~40位はこちら!

第21位 「ダ・ヴィンチ・コード」(2006年) 124票
第22位 「グリーンマイル」(2000年) 123票
第23位 「ダイ・ハード」(1989年) 122票 ※同率
第23位 「戦場のピアニスト」(2003年) 122票 ※同率
第25位 「ジュラシック・パーク」(1993年) 119票
第26位 「ミッション:インポッシブル」(1996年) 117票
第27位 「シザーハンズ」(1991年) 106票
第28位 「インデペンデンス・デイ」(1996年) 102票
第29位 「最高の人生の見つけ方」(2008年) 97票
第30位 「プライベート・ライアン」(1998年) 93票
第31位 「フィールド・オブ・ドリームス」(1990年) 91票
第32位 「最強のふたり」(2012年) 88票
第33位 「オーシャンズ11」(2002年) 83票
第34位 「アメリカン・スナイパー」(2015年) 82票 ※同率
第34位 「グレイテスト・ショーマン」(2018年) 82票 ※同率
第36位 「インターステラー」(2014年) 80票
第37位 「インセプション」(2010年) 77票 ※同率
第37位 「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年) 77票 ※同率
第39位 「007 スカイフォール」(2012年) 75票
第40位 「ラ・ラ・ランド」(2017年) 74票 ※同率
第40位 「きみに読む物語」(2005年) 74票 ※同率

他にもこんな作品が人気!
「ジョーズ」(1975年)
「E.T.」(1982年)
「プリティ・ウーマン」(1990年)
「ホーム・アローン」(1991年)
「天使にラブ・ソングを…」(1993年)
「パルプ・フィクション」(1994年)
「セブン」(1996年)
「メン・イン・ブラック」(1997年)
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」(1998年)
「A.I.」(2001年)
「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年)
「ロード・オブ・ザ・リング」(2002年)
「ラスト サムライ」(2003年)
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(2003年)
「バタフライ・エフェクト」(2005年)
「プラダを着た悪魔」(2006年)
「ミスト」(2008年)
「グラン・トリノ」(2009年)
「アバター」(2009年)
「バーレスク」(2010年)
「英国王のスピーチ」(2011年)
「ダークナイト ライジング」(2012年)
「華麗なるギャツビー」(2013年)
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(2014年)
「キングスマン」(2015年)
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)
「マイ・インターン」(2015年)
「デッドプール」(2016年)
「ムーンライト」(2017年)
「バーフバリ 伝説誕生」(2017年)
「ベイビー・ドライバー」(2017年)
「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」(2017年)
「レディ・プレイヤー1」(2018年)
「ジョーカー」(2019年)
「ミッドサマー」(2020年)
「TENET テネット」(2020年)
「ノマドランド」(2021年)
「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」(2023年)
「オッペンハイマー」(2024年)

編集者:とば
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,009名
調査日:2024年4月28日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次