みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【殿】松坂桃李が輝いていた出演作ランキング【旅人】(3~5位)

公開:2019-4-24 更新:2019-6-6


第5位:サイレーン 刑事×彼女×完全悪女



「刑事役、最高でした」
「早くも日本俳優界の頂点が見えてきた」
「菜々緒と木村文乃と3人はまり役だったなと」


2015年に放映された連続ドラマが5位!
同名の人気コミックが原作ですが、ドラマは結末に向けて完全オリジナルストーリーに変化していきます。
毎回ハラハラが止まらない展開に、連続猟奇殺人事件を追う松坂桃李さんの鬼気迫る演技。思わずのめり込んでしまうサスペンスです。
松坂桃李さんが恋人役の木村文乃さんと同棲しているシーンもあり、ドキドキしっぱなしの心臓を妄想で癒すこともできますのでご安心を。

第4位:ツナグ



「ツナグの桃李くん好き」
「彼の透明感が際立っている。惚れ惚れしてしまう横顔。結構おなかに響く声。それが作品にピッタリ」
「この映画最高でした。抑えた演技上手でした」


2012公開、辻村深月さんのベストセラー小説を原作とした映画が4位。
生者と死者を一晩だけ再会させるという使者“ツナグ”を演じています。もう設定だけで切なさが伝わってきますね…。
松坂桃李さんの持つ誠実さと、ストイックさが遺憾なく発揮された、心震える名作です!何年かごとにリピート視聴したくなる!



第3位:侍戦隊シンケンジャー


「彼の演じるレッド=殿は実によく似合っていた。ここからブレイクしたのがよくわかる」
「かっこよくて衝撃をうけた」
「一番印象に残っている。鮮烈だった!」


2009年~2010年に放映された『侍戦隊シンケンジャー』が3位にランクイン!個人的には俳優デビュー作の本作が1位かと思っていました!!
松坂桃李さんが演じるのはシンケンジャーのリーダーシンケンレッド!戦隊シリーズ初の侍モチーフ、さらにはレッドが“殿”なのに対し、他のメンバーはその家臣。
難しい設定の役を初々しくも演じきった実力に惜しみなく拍手をおくりたいですね。しかし、俳優界イチ白馬が似合うんじゃないでしょうか。


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…