【殿】松坂桃李が輝いていた出演作ランキング【旅人】

2019年春ドラマ『パーフェクトワールド』で、山本美月さんと共に主演を務めている松坂桃李さん。
今やすっかり演技派俳優として認められていますが、友人に誘われてオーディションに応募しグランプリ受賞、そのまま雑誌モデルとしてデビューするという、THE IKEMENな経歴をお持ちだということをご存知でしょうか?

その華々しい過去から俳優デビューを経て、今年で俳優歴も10年目。
アニバーサリーを記念して松坂桃李さんが一番輝いていた役はどの作品なのか、9,815名の男女に調査してみました。

さっそく10位から発表します!

目次

第10位:グッドカミング〜トオルとネコ、たまに猫〜

「観るとほんわかする映画!」
「桃李君の雰囲気に合ってた」
「猫と桃李君の組み合わせは最強」

2012年に公開された映画、『グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~ 』が10位に。
捨て猫との出会いから始まる、ほのぼの青春ストーリー。短編作品ですので、松坂桃李作品の入り口としても手軽に楽しめます。猫とイケメン、これ以上は存在しませんよ。

第9位:不能犯

「得体の知れない犯罪者が似合っていた」
「ダークな雰囲気がよかった」
「引き込まれました」

dTVオリジナルドラマとして、2017年に配信開始、また同名タイトルの映画も2018年に公開されました。
マインドコントロールで他人を操るため、その犯行を実証できないことから「不能犯」と呼ばれる男を松坂桃李さんが演じます。
悪役の松坂桃李さんのカッコよさは、ヒーローを演じるときとは別腹!いくらでも見られますので、おすすめです。決め台詞の「愚かだね…人間は」もイケてる!

気になる続きは…

1 2 3 4

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次