みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

本格ミステリ邦画人気ランキング【2000年以降公開映画の傑作選】(6~8位)

公開:2020-12-8

第8位:十二人の死にたい子どもたち(2019年)(299票)



  • 人気の若手俳優さんがたくさん出ていて、最後まで目が離せないようなストーリーで面白かった

  • 妙にリアルで不気味でした

  • 閉ざされた環境での会話劇、ゾクゾクしました!

密室で展開する死にたい若者たちによる犯人探し!第8位は十二人の死にたい子どもたち(2019年)!


8位はドラマ・ミステリー映画「十二人の死にたい子どもたち」。それぞれが死にたい理由を持った未成年であり、集団自殺をするため廃病院に集った12人の少年少女……でしたが、そこで彼らが目にしたのは13人目の若者の死体。誰がこの若者を殺したのか、議論を進めるうちに事態は思わぬ方向に転がりだし……。1人1人が抱える死にたい理由がまたリアルであり、そんな役どころを新田真剣佑さん、北村匠海さん、杉咲花さん、橋本環奈さんといった人気の若手俳優・女優が演じた点も話題に!謎解き要素もありますが、どちらかと言うと「生きる」ということにスポットライトを当てたヒューマンドラマと言えるでしょう。

【配信中サイト】huluなど

第7位:悪人(2010年)(307票)



  • ただの田舎者の若者が、たまたま悪い方向に流れでむかっていってしまう、誰にでも起こりうる可能性のある恐ろしい映画だった

  • 人間の心理をついた映画ですね

  • 考えさせられる内容だった。また観たい

本当の悪人は一体誰だったのか?第7位は悪人(2010年)!


7位はドラマ・恋愛映画「悪人」。長崎に暮らす清水祐一が出会い系サイトで知り合ったのが佐賀県に住む馬込光代。2人はその日のうちに男女の関係になるも、祐一はその数日前に出会い系サイトで知り合った女性・石橋佳乃を「とある事情」によって絞殺しており……。祐一に惚れた光代は自首しようとする祐一を止め、そこから始まる2人の逃亡劇が描かれました。「罪にはならないものの善人とは言えない人間」、「悪人ではないのにちょっとした不幸から大罪を背負った人間」の描写がとても印象的であり、祐一を演じた妻夫木聡さんの好演も高評価!「悪人」 とはどんな人間の事を指して言うのか、観た人を深く考えさせるテーマ性のある一作となっております!

【配信中サイト】Netflix、hulu、U-NEXTなど

第6位:祈りの幕が下りる時(2018年)(317票)



  • 人間の闇が深く関わった作品が好きだが、その中でも美しい情念がはいったこの作品は素晴らしいの一言につきる

  • 胸が締め付けられた

  • 泣けたから

あまりに深い親子愛に涙……第6位は祈りの幕が下りる時(2018年)!


6位はドラマ・ミステリ映画「祈りの幕が下りる時」。人気作家・東野圭吾さんが手掛けた同名小説の映画化であり、テレビドラマとしても人気を博した「新参者」シリーズの完結編となった本作。とある殺人事件の捜査に従事する刑事・加賀恭一郎と、事件の容疑者として浮上した美しき舞台演出家・浅居博美の謎と過去を追った物語であり、阿部寛さんと松嶋菜々子さんのW主演は大きな見どころです!ストーリーの根幹にあるのは「親子愛」。加賀と浅居、それぞれの親が大きく関わる物語であり、なぜ加賀が日本橋署で長年勤務していたのか、という謎も本作で判明!シリーズを締めくくる美しき物語に感動の声も多数上がりました!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…