みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

【2020年最新版】後世に伝えたい名作アニメ邦画ランキングTOP20【ジブリ作品を除く】(3~5位)

公開:2020-4-10


第5位:映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001)(220票)


  • 「小学生の時に見たときは、『大人は勝手だな』と思ってました。今になって見ると『昔は良かった』と現実から目を背けたくなる心境にあります。現実から逃げても何も変わらないと思い知らされた作品です!」
  • 「クレしん劇場版は名作だらけ。その中でもオトナ帝国は戦国、ヤキニクと並んで大好きな作品です」
  • 「昭和の時代を知らない世代にも引き継がれて欲しい」


大人のためのクレヨンしんちゃんです!第5位は映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001)!


劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ第9作の本作品は、2001年(平成13年)つまり21世紀初のクレしん映画として公開されました。20世紀に対するノスタルジーを無理やり感じさせて、オトナ世代を骨抜きにしていくというお話…?そうなんです、このストーリー、どう見てもオトナ向けなんですよね。21世紀に入ったからこそノスタルジーに浸ってばかりではなく、ちゃんと前向いて進んでいこうって。そしてオトナたちを救うヒーローはもちろん、しんちゃんをはじめとするかすかべ防衛隊のみんなです!


第4位:この世界の片隅に(2016)(298票)


  • 「ほんわかしているのに悲しい戦争映画」
  • 「戦時中でもずっと暗いだけじゃなくて、笑うことがあったり、そこには今と変わらない日常があったんだと、初めて実感できた作品だったから」
  • 「日本本土で起こった戦争の事実を、女性の立場から描いた数少ない映画。後世に残してほしい」


穏やかに、だけど明確に戦争の愚かさを描く!第4位はこの世界の片隅に(2016)!


第二次大戦が激化する最中の広島県呉を舞台にしたアニメ作品。ある女性の戦時下における日々の暮らしが淡々と描かれています。本来であれば淡々とした日常を過ごせないくらいの緊急事態であるはずなのに、その状況に慣れてしまっていること、それこそが戦争の罪であると語りかけているような筆致で物語は進んでいきます。戦争の愚かさを市民生活の変化という手法で表現した意義深い「戦争映画」です。2016年(平成28年)公開。




第3位:銀河鉄道999(1979)(346票)


  • 「美しいメーテルと哲朗の旅が永遠に続いて欲しいと思いました。ゴダイゴの主題歌も、アニメにピッタリで曲を聴くと連想させます」
  • 「永遠の命を手に入れる旅で、たくさんの経験をして成長していく姿が、少しほろ苦く感じた」
  • 「主人公の悲しい境遇や差別世界への抵抗、さまざまな人間模様の中にある哀愁と、魅力に溢れた唯一無二のヒロインを造り出し、描き切った素晴らしい作品」


旅はヒトを成長させる!第3位は銀河鉄道999(1979)!


1979年(昭和54年)、松本零士さん原作の同名漫画が劇場版アニメとして公開された作品。母を失った少年が銀河鉄道のパスを手渡してくれた美女とともに機械の体を求めて旅を続ける物語です。壮大なスペースファンタジーであり、冒険活劇でもあり、少年の成長を追った青春ストーリーでもあり、大人から子どもまで多くの観客を集めました。公開年の邦画配収第1位となり、まだ当時はアニメ作品が首位を獲ることは異例で、松本零士さんの他の作品も含めて大ブームとなりました。




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…