みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

2018-7-4

2018FIFAワールドカップで印象に残った日本代表選手ランキング!

後半20分を経過し、スコアは2対0―

FIFAワールドカップ2018 決勝トーナメント初戦。日本の相手はFIFAランク3位、優勝候補と目されるベルギー。

その強豪ベルギーに真っ向からぶつかり、格下である日本が2点をリードするまさかの展開に、日本中が「W杯ベスト8」という歴史的瞬間を夢見ました。

…しかし、ベスト8の壁は想像以上に厚かったですね。

日本は2点のリードを守りきれず、2-3で逆転負け。最後は「赤い悪魔」の底力に屈しました。

悔しい結果となりましたが、海外ではこの試合を「今大会のベストゲーム」と評する声も上がっています。W杯という大舞台で、そのような素晴らしい試合をしてくれた日本代表が誇らしいですね!

そして、今大会の日本代表はベルギー戦に限らず、他の試合でも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

4試合全てが格上との対戦でしたが、臆することなくチーム一丸となって戦う姿に、胸を打たれたという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日本代表のロシアW杯全4試合を振り返り「W杯で最も印象に残った日本代表選手は?」というアンケート調査を行いました。

全ての選手を称えたいですが、特にみなさんの記憶に残ったのはどの選手なのでしょうか。

それでは早速5位から紹介します。

第5位:川島永嗣


「1、2戦目のミスを最終的には帳消しにした」
「やっぱり日本の守護神は川島」
「ポーランド戦のMVP」


5位はゴールキーパーの川島永嗣選手。

コロンビア戦、セネガル戦で失点に繋がるミスを犯し「キーパーを代えるべき」と厳しい声も飛びました。

しかし、ポーランド戦、ベルギー戦ではチームを救うスーパーセーブを連発。見事に汚名返上し、チームに貢献しましたね。

「ミスをした次の試合でキャプテンマークを託されていたので、信頼されているんだなと思った」 →この西野監督の采配もイキでしたね。これによって川島選手が奮起し、ポーランド戦のスーパーセーブを呼び込んだのかもしれません。

吉田麻也選手のツイートからも、川島選手に対する厚い信頼が伺えます。

批判を真っ向から受け止め、立ち向かうメンタル。そしてミスをした後の試合のパフォーマンスはさすが日本の守護神でした!

気になる上位は…