【祝25周年】一番好きなMr.Childrenのシングル曲ランキング(2002~2017年編)

目次

第3位:旅立ちの唄

「卒業式に良く聞く」
「一番好きだから」
「受験を思い出す」

3位は2007年発売、映画「恋空」の主題歌になった「旅立ちの唄」。

“明日へと歩きだす背中をそっと押してくれる”優しい応援ソングで、歌詞から「卒業式」を連想する人も多かったです。

ミスチルって本当に、「言葉にできない大切な感情」を歌にするのが得意というか。歌詞とメロディーがすんなり心に染み渡る曲が多いですよね。

第2位:しるし

「ドラマ主題歌で印象的だから」
「よく聴く」
「ジーンときます」

2位は2006年リリースの「しるし」。
ドラマ「14才の母」の主題歌ですね。

サビの”ダーリンダーリン”で覚えていた人は「あの曲のタイトルは『しるし』だったのか!」と思ったはず(笑)。

“しるし”という言葉自体は、歌詞に1度しか登場しません。しかしそのワンフレーズは、ものすごくビビッとくるアンサー的なタイミング。

私だったらタイトルはそのまま「ダーリン」ってしちゃうなあ…(笑)。
ミスチルって歌詞もいいですが、こういうタイトルの付け方だけでもセンスがありますよね~。

気になる1位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次