ネタバレ注意!ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング

目次

第2位:セブン

「全体的な雰囲気が良かった」
「観終わった後の無常感…」
「映画館で観て、最後に『えっ!?』って思いました」

こちらも「後味の悪い映画」で挙げられる作品の一つ。
キリスト教の「七つの大罪」をモチーフに繰り広げられる連続猟奇殺人事件を追う刑事たちの姿を描いた、サイコ・サスペンスの代表作です。
この映画で「七つの大罪」を知った方も多いのではないでしょうか?

「ブラッド・ピットの演技がよかった」

ラストの演技は本当にハラハラさせられたのを覚えています。

第1位:シックス・センス

「まさかの展開」
「えーーーーと思った」
「最後まで分からなかった」

これほど最後に「やられた!」と思わせてくれる作品はあまりないのではないでしょうか。
霊を視認し会話も出来る特殊な能力を持つ少年と、小児精神科医の交流を描いたミステリー作品。
再度観直すと、要所要所で伏線がちゃんと張ってあることが分かるのも面白いです。
ちなみに霊が視える人にはこのように視えているのだとか…。


6位以下は下記のとおり。ネタバレせずに内容を説明するのが困る映画ばかり(泣)
少しでも興味を持たれた方、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

「ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング」
TOP10
  • 1位シックス・センス
  • 2位セブン
  • 3位死刑台のエレベーター
  • 4位ミスト
  • 5位ブラック・スワン
  • 6位ミッション: 8ミニッツ
  • 7位隣人は静かに笑う
  • 8位ユージュアル・サスペクツ
  • 9位シベリア超特急
  • 10位バタフライ・エフェクト
編集者:吉本
調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:11,736名
調査日:2018年8月10日
1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次