みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

  • トップ
  • ジャニーズ
  • 【30~40代の青春がよみがえる】1990年代!名曲だと思うジャニーズの曲ランキング

【30~40代の青春がよみがえる】1990年代!名曲だと思うジャニーズの曲ランキング(3~5位)

公開:2019-7-22 更新:2019-11-20


第5位:青いイナズマ(SMAP)


「ゲッチュー!」
「ジャニーズで初めて買ったCD」
「友達がよく歌って踊ってました」


1996年に発売されたSMAP・「青いイナズマ」が5位。

森且行さん脱退後、5人となったSMAPの初シングルでした。サビの合間に差し込まれる「ゲッチュー!」の掛け声に合わせて、ファンのハートを射抜くように人差し指を向ける振り付けは、世の女性をメロメロにしました。当時カラオケ店に出向くと、いろんな部屋から「ゲッチュー!」が聞こえてきた記憶があります。


第4位:セロリ(SMAP)


「純粋に名曲だと思う」
「ドラマ主題歌!草彅君がいい人だったw」
「曲も歌詞も最高」


1997年に発売されたSMAP・「セロリ」が4位。

平均視聴率20.4%の大ヒット作、草彅剛さん主演ドラマの「いいひと。」で主題歌として使用されました。ミュージックビデオで木村拓哉さんがギターを演奏しているのもカッコよかったですね!!



第3位:A・RA・SHI(嵐)




1999年、世紀末に発売された「A・RA・SHI」が3位!

「デビュー曲、強烈なインパクトだった」というコメントの通り、記念すべき嵐のデビューシングルです。
「ジャニーズ曲でラップが使われていて新鮮だった。ノリも凄く良く、何度も聴いているのに全く飽きない」とのコメントもその通り!櫻井翔さんはジャニーズ初、「ラップ担当」のポジションを担当したんだとか。

「嵐の出発となった歌。ハワイで会見した若きメンバー達の姿を惜しみつつ」と、2021年からの活動休止を惜しむお声がたくさん挙がりました。休止までにあと何度5人の歌声が聴けるのか…1回1回を大事にしたい!



※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる2位・1位は…