もう一度見たい!【平成の】NHK大河ドラマランキング

みなさん、NHKの「大河ドラマ」はお好きですか?
毎回の視聴率がニュースになったり、放送後はTwitterのトレンドワードにランクインしたりと、良くも悪くも毎年なにかと注目を集める大河ドラマ。
「毎年必ず見るよ!」派も、「主人公(もしくは時代・脚本家・役者……等)が好きなら見るよ!」派も、「たまたま見たら面白かったよ!」派も、それぞれ一押しの大河ドラマがあるのではないでしょうか?
そこで今回は「もう一度見たい!【平成の】NHK大河ドラマ」を、11,870名の方に伺ってみました。「人にすすめたい大河ドラマ」だと、有名人が主役のとっつきやすい作品を……とか考えますが、「もう一度見たい大河ドラマ」は自分の希望ですから、より純粋に思い入れの強い作品が並ぶランキングになったのでは?
 

目次

第5位:八重の桜(綾瀬はるか)

「綾瀬はるかさんは演技がうまい」
「戦う女の物語、スッキリする」
「福島なので」

“よーく狙って、打ちなんしょ!”

第5位は、2013(平成25)年放送の第52作『八重の桜』
会津藩の砲術師範の娘として生まれ、女ながらに銃を担いで戊辰戦争で戦った「幕末のジャンヌ・ダルク」、山本(新島)八重を綾瀬はるかさんが力強く演じました。
大河ドラマの舞台となる時代の人気ツートップの1つが「幕末維新」ですが、『八重の桜』では、敗者から見たこの時代を描いています。二本松少年隊の悲劇から鶴ヶ城開城までは、悔しくて辛くて毎回泣いてたなぁ……。
美しい悲劇で終わらせず、ドラマ後半では、何もかも失った会津の人たちが立ち上がって明治の世を力強く生きていく姿を見せてくれました。東日本大震災で傷ついた人々へのエールを感じる作品です。
 

気になる上位は…

1 2 3

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次