みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

映画「クレヨンしんちゃん」作品人気ランキング【9月11日新作公開!】(11~15位)

公開:2020-7-19 更新:2020-9-9

新作公開!映画「クレヨンしんちゃん」作品人気ランキングTOP20!

15位から11位を発表!あなたが歴代の劇場版「クレヨンしんちゃん」で一番好きなのは?泣ける、笑える、「クレヨンしんちゃん」のアノ名作は何位?注目の集計結果、ぜひご覧ください!


第15位:映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年)(332票)

「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」は、2014年公開のシリーズ第22作目。ある日、ロボットに改造されてしまったひろし。ロボになっても、家族を守るため立ち上がる!劇団☆新感線の中島かずきさんが脚本を担当し、「泣ける」と話題に。主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅさんの「ファミリーパーティー」。重要な役どころで大和田伸也さんが出演。ゲスト声優として武井咲さんとコロッケさんも登場しました。第18回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。








第14位:映画クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年)(338票)

「映画クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」は、1999年公開のシリーズ第7作目。風呂嫌いのテロ組織「YUZAME」の「地球温泉化計画」を阻止するため野原一家が立ち向かう。原作者の臼井儀人先生が漫画家役でゲスト出演。声優に初挑戦の丹波哲郎さんは「温泉の精」役で特別出演!エンディング曲の「いい湯だな」を、野原一家と今回の作品に出演したオールキャストが歌っていて和みます。








第13位:映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年)(350票)

「映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」は、1996年公開のシリーズ第4作目。新しくできたテーマパーク「群馬ヘンダーランド」を舞台に、地球征服を企む魔女との戦いが描かれています。雛形あきこさんが、当時の大人気グラビアアイドルである本人役でのゲスト声優と、エンディングテーマを担当。ホラー展開がありつつも、ぶりぶりざえもんやアクション仮面などクレヨンしんちゃんでのおなじみのキャラクター登場にわくわく!










第12位:映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年)(358票)

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」は、2004年公開のシリーズ第12作目。古びた映画館「カスカベ座」から西部劇の世界に迷い込んでしまったしんのすけ達の冒険が描かれます。バラエティ番組「内村プロデュース」から生まれたユニゾングループ「NO PLAN」が主題歌を担当。劇中でも「NO PLAN」本人役として内村光良さん、さまぁ〜ず、TIM、ふかわりょうさんが出演。シリーズ初の西部劇が舞台で、シリアスな描写が多い作品です。






第11位:映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年)(364票)

「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」は、2017年公開の、劇場版25周年記念作品。野原家にやってきた宇宙人シリリと、シリリのビームで子どもの姿になってしまったひろし・みさえ。大人に戻るために、野原一家はシリリとニッポン縦断旅に出ることに。主題歌は高橋優さんの「ロードムービー」。志田未来さんが本人役として特別出演したほか、雨上がり決死隊も宇宙人役で特別出演。子どもになったひろしとみさえがかわいい!






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!