覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢6,183名に調査した<覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキング>を発表します。ジュニアヘビー級で輝きを放ったレジェンドから、大声援を受けた外国人レスラーまで顔ぶれは様々!さっそくランキングをチェック!

覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキング
TOP10
  • 1位初代タイガーマスク (1,112票)
  • 2位獣神サンダー・ライガー (528票)
  • 3位ミル・マスカラス (520票)
  • 4位ザ・デストロイヤー (481票)
  • 5位ロード・ウォリアーズ(ホーク・ウォリアー&アニマル・ウォリアー) (342票)
  • 6位グレート・ムタ (319票)
  • 7位ザ・グレート・カブキ (303票)
  • 8位ザ・グレート・サスケ (255票)
  • 9位初代ブラック・タイガー (247票)
  • 10位ウルティモ・ドラゴン (220票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,183名/調査日:2023年4月27日

目次

第1位:初代タイガーマスク(1,112票)

  • インパクト抜群
  • あの空中殺法は興奮した!
  • その時代のヒーローでした!

「人はこんなに素早く動けるのか!?」と誰もが驚愕した伝説の虎戦士!1位は初代タイガーマスクさん!

見事1位に輝いたのは、1981年に新日本プロレスに登場して一大ブームを巻き起こした初代タイガーマスクさん!見る人を魅了する俊敏なステップやアクロバティックな飛び技に加えて、キックや投げ技の美しさも超一流。漫画・アニメの「タイガーマスク」がそのまま現実に飛び出してきたかのような動きと説得力もあり、初代タイガーマスクさんの登場によって少年・少女のプロレスファンは爆発的に増加。まさにプロレス史に残る伝説の覆面レスラーです!

第2位:獣神サンダー・ライガー(528票)

  • 豪快な技を決めている姿が印象的
  • 派手さが良いです!
  • インパクトのあるマスク

パワフル&全力ファイトで「ジュニアの象徴」に!2位は獣神サンダー・ライガーさん!

2位は1989年に獣神ライガーとしてデビューし、ジュニアヘビー級のレジェンドへと上り詰めた獣神サンダー・ライガーさん!派手なマスクとコスチュームに身を包み、ジュニアヘビー級ながらそれを感じさせないパワフルなファイトスタイルでいくつもの名勝負を生み出しました。引退する2020年まで新日本プロレス一筋を貫いてきたライガーさんですが、他団体のレスラーとも積極的に戦ったのも大きな功績。常にプロレス界を盛り上げ続けた、平成期における「ジュニアの象徴」です!

第3位:ミル・マスカラス(520票)

  • すごく印象に残っています!
  • マスクが美しかった
  • メキシコが産んだスーパースター。色んなマスクで飛び技が光って強くてワクワクした

正統派のファイトスタイルでアイドル的人気を獲得した「仮面貴族」!3位はミル・マスカラスさん!

3位は1971年に初来日し、「千の顔を持つ男」などの異名で愛されたミル・マスカラスさん!正統派のクリーンファイトを信条とし、華麗な空中技やテクニックもあって瞬く間に人気を獲得しました。実は2019年に日本で行われたジャイアント馬場さんの没20年追善興行にもレスラーとして参加しましたが、このときなんと76歳。コーナートップから、必殺のダイビング・クロスボディアタックを決めて試合に勝利しています…!

第4位:ザ・デストロイヤー(481票)

4位はザ・デストロイヤーさん!

  • 日本でのプロレス人気を高めた
  • ジャイアント馬場さんとともに思い出されます

「白覆面の魔王」の異名で力道山さんやジャイアント馬場さんと死闘を繰り広げたザ・デストロイヤーさん。1963年にWWAヘビー級世界王者として初来日し、力道山さんと戦ったWWA世界選手権は平均視聴率64.0%(日本歴代4位)を記録しています。当初はヒールレスラーとして活躍しましたが、愛嬌のあるキャラクターもあってバラエティ番組に出演するようになり、リング上とは違った魅力を発揮してファンに愛されました!

第5位:ロード・ウォリアーズ(ホーク・ウォリアー&アニマル・ウォリアー)(342票)

5位はロード・ウォリアーズ(ホーク・ウォリアーさん&アニマル・ウォリアーさん)!

  • とんでもないパワーで日本のプロレスラーを粉砕していった驚異のインパクトは忘れられない!未だに歴代レスラー最強だと思っている!
  • とにかく強かった!

80年代から90年代にかけて活躍した伝説的なタッグチームであり、顔に施したド派手なペイント、モヒカン刈り&逆モヒカン刈りの奇抜すぎるヘアスタイルはインパクト抜群です。その見た目通り、当初はヒールとして登場しましたが、圧倒的なパワーとスピード、怪物的な暴走ファイトで「悪役」に収まらない独特のポジションを獲得。合体技として繰り出すダブルインパクトの迫力に驚いたファンは多いでしょう!

第6位:グレート・ムタ(319票)

6位はグレート・ムタさん!
グレート・ムタさんは、ザ・グレート・カブキさんの息子という設定でアメリカマット界を席巻するヒールに!素顔の武藤敬司さんとは全く異なるラフファイトが魅力であり、毒霧や凶器を駆使して相手レスラーをマットに沈めることも多々ありました。毎回変わるペイントのデザイン&マスクもムタの特徴であり、特有の華と極悪さでファンの記憶に強く残るレスラーとなっています!

第7位:ザ・グレート・カブキ(303票)

7位はザ・グレート・カブキさん!
歌舞伎の隈取りをモチーフにしたペイントが特徴的なプロレスラーであり、1980年代初頭のアメリカマット界で大ブレイク!入場時の忍者のようなコスチューム、日本刀やヌンチャクを操るパフォーマンス、試合中に繰り出す毒霧…と、全てがセンセーショナルでたちまちビッグスターとなります。日本に凱旋帰国してからも「東洋の神秘」として人気を博し、日本中にカブキブームを巻き起こしました!

第8位:ザ・グレート・サスケ(255票)

8位はザ・グレート・サスケさん!
全盛期は華麗な空中殺法を駆使したファイトスタイルを得意とし、リング外に向かって飛び立つノータッチ・トペ・コンヒーロやサスケ・スペシャルなど会場が沸き立つ技でファンの支持を得ました。また、1996年に実施されたジュニアヘビー級8冠統一トーナメント「J・CROWN」では、並み居る強豪を破って初代王者に輝いています。

第9位:初代ブラック・タイガー(247票)

9位は初代ブラック・タイガーさん!
初代タイガーマスクさんのライバルとして登場し、1980年代の新日本プロレスで大活躍したヒールレスラーです。欧州仕込みのレスリングテクニックを備え、「暗闇脳天落とし」と実況された必殺のツームストン・パイルドライバーの破壊力は抜群でした。

第10位:ウルティモ・ドラゴン(220票)

10位はウルティモ・ドラゴンさん!
1987年にプロレスデビューし、日本のみならずアメリカやメキシコのプロレス界でも活躍。メキシコマット界仕込みの、軽快かつ派手さのあるレスリングで会場を沸かせます。後進レスラーの育成にも熱心で、自身が設立したルチャドール養成学校・闘龍門からは数多くのレスラーを輩出し、のちにプロレス団体・DRAGONGATEへ発展しました。1人のレスラーとしても、プロレス界への貢献という面でも偉大なレジェンドです!

覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキングベスト10

以上、10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,183名が選んだ<覆面・ペイントレスラー歴代人気ランキング>でした。

編集者:zenzai
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)6,183名
調査日:2023年4月27日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次