みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

日本人メジャーリーガー歴代人気ランキングTOP20<野球選手>(6~8位)

公開:2021-9-1 更新:2021-11-19

第8位:佐々木主浩(176票)





アメリカの地にも知れ渡った「Daimajin」!8位は佐々木主浩!


8位はシアトル・マリナーズに所属した佐々木主浩選手。1999年に横浜ベイスターズからFAでシアトル・マリナーズに入団し、NPB時代と同じく試合を締めくくるクローザーのポジションで活躍。150km/hを超えるストレート、落差の大きいフォークボールを武器に、MLBに在籍した4シーズン通算で129セーブ、日米通算では381セーブを記録した日本歴代最高峰の守護神です。ベイスターズ在籍時は、その雄大な体格、威圧感と絶望感を与える姿から「ハマの大魔神」として恐れられましたが、アメリカでも「Daimajin」の愛称で呼び親しまれました!

第7位:黒田博樹(177票)





男気満点!メジャーでも結果を残し続けた仕事人!7位は黒田博樹!


7位はニューヨーク・ヤンキースなどメジャー2球団に所属した黒田博樹選手。2007年に広島東洋カープからFAでロサンゼルス・ドジャースに入団。メジャー時代はほぼ全ての試合で先発投手として登板し、メジャー在籍7シーズンで5回の2桁勝利、計79勝は立派すぎる数字です!ニューヨーク・ヤンキースでも安定した実績を残しましたが、2014年にはメジャー球団の高額オファーを断って古巣カープに復帰。愛着ある球団とファンに尽くす姿勢は「男気復帰」と絶賛され、現役最後の2年間も先発投手として2桁勝利を記録するなど最後まで一流選手でした!

第6位:田中将大(246票)





闘志あふれるピッチングスタイルがカッコイイ!6位は田中将大!


6位はニューヨーク・ヤンキースに所属した田中将大選手。2014年に東北楽天ゴールデンイーグルスからポスティングでニューヨーク・ヤンキースに入団。総額1億5500万ドル(約161億円)の7年契約という破格の待遇も大きな話題に!先発ローテーションの一角として長期離脱することなく活躍し、特にポストシーズンでの高い安定感は信頼が置けるものでした。気迫を感じさせる鋭い目つきとピッチングスタイルがかっこいいですが、イメージとは異なりマウンド上では割と冷静な田中選手。だからこそ、ここぞという場面で相手バッターを抑えた時に吼える姿、感情を爆発させる姿もまた人気を呼ぶのですね!


※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になる続きは…

【関連記事】
大谷翔平選手のすごいところランキングTOP10【野球史が変わる】

プロ野球選手イケメンランキングTOP20【2021年版】

歴代日本人メジャーリーガーイケメン度ランキング

歴代サッカー日本代表選手イケメンランキング