好きなきょうだいオリンピック選手ランキング【メダリスト兄妹も】

連日盛り上がりを見せた東京2020オリンピックでは、獲得したメダルが日本選手団史上最多の58個を記録。選手の皆さんには惜しみない拍手を送りたいですよね!
オリンピックの見どころはメダル以外にもたくさんありましたが、そのなかでも「きょうだいでオリンピックに出場した選手」に注目すると、過去には同じ表彰台に立った重量挙げの三宅義信さん・義行さんや、三兄弟そろっての出場が話題になった柔道の中村佳央さん・行成さん・兼三さん、冬季五輪で注目を集めたノルディック複合の荻原健司さん・次晴さんなどなど記録に残るレジェンドきょうだいが続々!
そこで今回は2000年以降のオリンピック出場選手から、応援したい、好きなきょうだい選手たちをランキング形式でご紹介します。

好きなきょうだい五輪選手ランキング
TOP10
  • 1位阿部一二三・詩(柔道) (3,250票)
  • 2位高木菜那・美帆(スピードスケート) (1,392票)
  • 3位伊調馨・千春(レスリング) (1,111票)
  • 4位川井梨紗子・友香子(レスリング) (1,025票)
  • 5位石川祐希・真佑(バレーボール) (892票)
  • 6位田中和仁・理恵・佑典(体操) (641票)
  • 7位吉田知那美・夕梨花(カーリング) (573票)
  • 8位馬瓜エブリン・ステファニー(バスケットボール) (547票)
  • 9位永井友理・葉月・祐真(ホッケー) (424票)
  • 10位乙黒圭祐・拓斗(レスリング) (416票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<好きなきょうだい五輪選手ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)11,339名/調査日:2021年8月8日

目次

第1位:阿部一二三・詩(柔道)(3,250票)

  • この阿部兄妹の、二人そろっての金メダルは、感動そのものでした
  • 仲良しそう。二人で金ってすごい。あの二人を育てたお母さんは、さぞ自慢だろうな~と
  • 今回兄妹でのメダルは素晴らしかった。妹が兄をとっても慕っているのもわかったし、兄もそれに応えようとしている。素敵な兄妹だと思う
  • 兄妹で金メダルと騒がれるプレッシャーの中、素晴らしい試合を観せてもらえました。お互いを心配しあってる姿も印象的でしたね

笑顔はじける仲良し兄妹金メダリスト!1位は阿部一二三・詩(柔道)!

2位に大差をつけての1位に輝いたのは、2020東京で男子柔道66キロ級で金メダルに輝いた兄の一二三選手と、女子52キロ級で同じく金メダルを獲得した妹の詩選手!
兄妹が同日金メダルを得るのは、オリンピック史上初!詩選手が先に金メダリストとなったことに対し、一二三選手は「逆に燃えた」とプレッシャーをはねのけ快挙を成し遂げました。
8月9日で24歳を迎えた一二三選手と、7月14日で21歳になった詩選手。仲の良いことでも知られており、試合前に一二三選手が「兄妹優勝は絶対にできる」と強い信頼を見せただけではなく、詩選手は兄に髪型を相談したりと、微笑ましいやりとりも。きょうだい愛も金メダル級!

第2位:高木菜那・美帆(スピードスケート)(1,392票)

  • この姉妹は次々と記録を塗り替えていき、普段からの努力は相当なものなんだろうと思った
  • いい意味で、ずーっと姉妹で競い合ってるでしょ?それが競技にも出るし結果にも出てきてる。カッコいいですよ
  • 同じレースで争うことがあるが仲がよさそう

氷上で競い合い高めあう姉妹!2位は高木菜那選手・美帆選手(スピードスケート)!

姉の菜那選手は2018年平昌オリンピックで、団体パシュート、マススタート両競技に出場。日本人女子では初めての複数金メダリストに!妹の美帆選手は、2010年バンクーバー五輪でチームパシュート銀メダル、平昌オリンピックのスピードスケート1500mで銀、1000mで銅を獲得。前述の団体パシュートには菜那選手とともに出場し、姉妹で表彰台に上がりました。
実のお父様が「よくケンカをしていましたよ」と笑って話すほど、タイプが正反対の2人。菜那選手は妹のレースで「転べ」と念じたことを語り、美帆選手は姉に「そんなにガツガツしなくても」と思っていたんだそうです。そんな2人だからこそ、欠点を補いあい切磋琢磨し合えたに違いありません!

第3位:伊調馨・千春(レスリング)(1,111票)

  • 妹馨さんの圧倒的な強さがかっこよかったです
  • やっぱり伊調姉妹かな?姉妹でオリンピックで頑張ってる姿をTVで観て感動していたので
  • 最強姉妹でレジェンドだから

絆も競技もレジェンド級の最強姉妹!3位は伊調馨・千春(レスリング)!

姉の千春さんはレスリング女子フリースタイル48キロ級で2004年アテネ、2008年北京五輪に出場し共に銀メダル。妹の馨選手は同63キロ級で、アテネ・北京・2012年ロンドン・2016年リオデジャネイロと計4度のオリンピックに連続出場、そのすべてで金メダルを獲得、国民栄誉賞も受賞しています。
姉妹揃っての金メダル獲得を夢に、アテネでは「こんなメダルなら欲しくありません」と銀メダルを喜べず、北京五輪後に引退を示唆した千春選手。当時は馨選手も「自分ひとりだと何を目標にしていいのか」と語っていましたが、その後の活躍や、馨選手を「最も尊敬する選手」と呼ぶ千春選手に姉妹の強い絆を感じますね。言わずと知れた「国民的オリンピック選手姉妹」です!

第4位:川井梨紗子・友香子(レスリング)(1,025票)

  • ダブル金メダル、おめでとうございます!互いに思いやり、切磋琢磨している姿に、勇気と感動をもらいます
  • 試合すごく粘り強くて絶対負けない!!という気迫があった。今後も姉妹で頑張ってね
  • 姉妹仲良く見ててほのぼのするし励まし合って頑張ってる姿はみんなに感動を与えたと思います

4位は川井梨紗子選手・友香子選手(レスリング)!

東京オリンピックで、姉の梨紗子選手はレスリング女子フリースタイル57キロ級に、妹の友香子選手は同62キロ級に出場。姉妹共に金メダルを獲得するという快挙を成し遂げました!
子どもの頃はピアノなどが習いたかった、という友香子選手は、2016年のリオ五輪で先に金メダルを獲っている姉の背中を追いかけ続け、オリンピック初出場で夢を叶えました。コロナ禍での延期を受け不安を感じる梨紗子選手を励まし続けたのも友香子選手だったそうです。梨紗子選手の試合直前にはお互い目線を交わし、「しっかりやっていけると思った」と感じたという美しい姉妹愛に感動しちゃいます!

第5位:石川祐希・真佑(バレーボール)(892票)

  • 二人ともキラキラしてる。金は取れなかったのは残念でしたが…
  • バレーボール大好きなのでこのきょうだいはホントに好き!スパイクとかめっちゃ決めてくれるから、見ててスカッとする!!
  • 2人ともバシッと決めてくれる。
    冷静

5位は石川祐希選手・真佑選手(バレーボール)!

東京2020で、ともにバレーボールで出場した兄の石川祐希選手・妹の真佑選手。日本男子代表は、7位入賞。女子代表は1次リーグ5位で、決勝ラウンド進出なりませんでした。
祐希選手は192cmの長身でチームの主将兼エース。技巧の光るプレーで、ブラジル戦で見せた「フェイクトス」はツイッター上でトレンド入りするほど話題になりました。真佑選手は174cmとバレーボール選手としては小柄ながらも力強いスパイクと、祐希選手にも似た冷静な勝負強さが持ち味。ぜひ今後のバレーボール界を牽引してほしいきょうだい選手です!

第6位:田中和仁・理恵・佑典(体操)(641票)

6位は田中和仁さん・理恵さん・佑典選手(体操)!
3きょうだいで2012年のロンドン五輪に出場。ご両親も元体操選手だそうで、物心ついたときから家の中にトランポリンがあったんだとか。ロンドンオリンピックでは兄の和仁さん、弟の佑典選手が日本男子団体で銀メダルを獲得。

第7位:吉田知那美・夕梨花(カーリング)(573票)

7位は吉田知那美選手・夕梨花選手(カーリング)!
姉妹とも、2018年平昌オリンピックでのカーリング女子銅メダリスト。話題になった「もぐもぐタイム」や「そだねー」のフレーズも記憶に新しいですね。

第8位:馬瓜エブリン・ステファニー(バスケットボール)(547票)

8位は馬瓜(まうり)エブリン選手・ステファニー選手(バスケットボール)!
姉のエブリン選手は5人制バスケ、妹のステファニー選手は 3人制バスケットボール「3×3」で東京オリンピックに出場。5人制バスケ女子は銀メダルを獲得しました。アメリカ代表との決勝戦、熱い試合は多くの人の心を揺さぶったはず!

第9位:永井友理・葉月・祐真(ホッケー)(424票)

9位は永井友理選手・葉月選手・祐真選手(ホッケー)!
なんと、ご両親も元代表選手だという「ホッケー一家」。東京五輪では惜しくもメダルは獲得なりませんでしたが、3きょうだいそろっての出場となりました。

第10位:乙黒圭祐・拓斗(レスリング)(416票)

10位は乙黒圭祐選手・拓斗選手(レスリング)!
東京2020で兄の圭祐選手はレスリング男子フリースタイル74キロ級に出場し予選敗退、弟の拓斗選手はレスリング男子フリースタイル65キロ級で金メダルを獲得!

好きなきょうだい五輪選手ランキング

編集者:西脇
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)11,339名
調査日:2021年8月8日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次