実は改名していて驚いた芸能人ランキング【芸名】TOP20

たびたび話題になる芸能人の改名。芸名から本名に改名して知名度アップした方や、姓名判断の結果思いも寄らない改名で話題になったりした方もいらっしゃいますよね。今回はそんな「実は改名していて驚く芸能人ランキング」を紹介します!

実は改名していて驚いた芸能人ランキング
TOP20一覧
  • 1位唐沢寿明(旧:SEXY KIYOSHI) (579票)
  • 2位KinKi Kids・堂本剛(旧:堂本直宏) (485票)
  • 3位井上陽水(旧:アンドレ・カンドレ) (329票)
  • 4位広瀬アリス(旧:広瀬晶) (324票)
  • 5位浜崎あゆみ(旧:浜崎くるみ) (254票)
  • 6位生瀬勝久(旧:槍魔栗三助) (235票)
  • 7位今田耕司(旧:上ロース) (223票)
  • 8位杉咲花(旧:梶浦花) (209票)
  • 9位華原朋美(旧:遠峯ありさ) (191票)
  • 10位ヒロシ(旧:齊藤健一) (180票)
  • 11位星田英利(旧:ほっしゃん。) (163票)
  • 12位極楽とんぼ・加藤浩次(旧:加藤浩二) (159票)
  • 13位Matt Rose(旧:Matt) (153票)
  • 14位月亭方正(旧:山崎邦正) (141票)
  • 15位野性爆弾・くっきー!(旧:川島邦裕⇒くっきー) (140票)
  • 16位千原兄弟・千原ジュニア(旧:千原浩史) (132票)
  • 17位スザンヌ(旧:山本紗衣) (131票)
  • 18位サンプラザ中野くん(旧:サンプラザ中野) (130票)
  • 19位関根勤(旧:ラビット関根) (128票)
  • 20位つみき(旧:ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ⇒TSUMIKI☆YANKE) (124票)

ランキングの集計方法

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした<実は改名していて驚いた芸能人ランキング>のアンケート結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)5,947名/調査日:2021年6月2日

目次

第1位:唐沢寿明(旧:SEXY KIYOSHI)(579票)

  • セクシー?!イメージのギャップが大きすぎる!!!
  • 本名がキヨシさんなの???
  • 横文字デビューだったの?!インパクトありすぎ!!!!

最初の芸名のインパクトが凄い!1位は唐沢寿明さん(旧:SEXY KIYOSHI)!

1位に選ばれたのは、俳優の唐沢寿明さん!かつての芸名はなんと”SEXY KIYOSHI”!インパクトありまくりのお名前は、かつて同じ劇団にいた友人が、ふざけて命名したそうです…!その後、本名の”唐沢潔”で活動していましたが、当時の所属事務所の社長が占い師に相談したことをきっかけに、”潔”が”寿明”に改名されたそうです。今や誰もが知る有名俳優ですが、2度も改名していたなんて驚きですね!

第2位:KinKi Kids・堂本剛(旧:堂本直宏)(485票)

  • デビューしたときから剛くんでしたよね?!!いつの改名?!!
  • あれ…どっちが本名なんですか…?!!
  • 子役時代なのか。知らないはずだ~~

知る人ぞ知る子役時代!2位はKinKi Kids・堂本剛さん(旧:堂本直宏)!

2位に選ばれたのは、KinKi Kidsのメンバー、堂本剛さん!改名していると知らなかったという人はきっと多いはず!子役として活動していた小学生時代は、“堂本直宏”の芸名で活動。この“直宏”という名前はお姉様の初恋の人の名前が由来となっているようです!その後小学6年生でジャニーズ事務所に入所し、以降、基本的に本名の堂本剛の名前で活動するようになりました。子役時代があることにも驚きですね!

第3位:井上陽水(旧:アンドレ・カンドレ)(329票)

  • 強烈な名前ですね!?!!
  • アンドレ・カンドレはさすがに衝撃…
  • お笑い芸人のような響き

異国的な雰囲気の旧芸名にビックリ!3位は井上陽水さん(旧:アンドレ・カンドレ)!

3位に選ばれたのは、シンガーソングライターの井上陽水さん! “井上陽水”の芸名になったのは1972年のこと!1969年にデビューした際は”アンドレ・カンドレ”という異国的な雰囲気漂う芸名を使用されていました。現在の芸名の由来となっているのは彼の本名。実際“陽水”は“あきみ”と読むのですが、インパクトを付けるため芸名では“ようすい”という読みにされたそうです!

第4位:広瀬アリス(旧:広瀬晶)(324票)

芸名の由来は本人も分からない!?4位は広瀬アリスさん(旧:広瀬晶)!

4位に選ばれたのは、女優でモデルの広瀬アリスさん!芸能界に入った当初は“広瀬晶”名義で活動していましたが、ある日所属事務所の社長から「今日からアリスよ」と新たな芸名を告げられ、改名に至ったそうです。“アリス”の由来は、広瀬さん本人も分からないのだとか!本名かと思うほどぴったりな芸名ですね!

第5位:浜崎あゆみ(旧:浜崎くるみ)(254票)

幼い頃の芸名が可愛い!5位は浜崎あゆみさん(旧:浜崎くるみ)!

5位に選ばれたのは、歌手として活動している浜崎あゆみさん!幼い頃から芸能活動をしており、1994年に14歳で“浜﨑あゆみ”に改名。1998年に歌手デビューした際に、“﨑”の字を“崎”に変更し、国民的歌姫として大ブレイク!“くるみ”と“あゆみ”どちらでも可愛いですが、旧芸名のままだったら今の愛称である“Ayu”は生まれなかったのかと思うと不思議!

第6位:生瀬勝久(旧:槍魔栗三助)(235票)

旧芸名にNHKもビックリ!?6位は生瀬勝久さん(旧:槍魔栗三助)!

6位に選ばれたのは、俳優、タレント、司会者と幅広い活動をしている生瀬勝久さん!1988年度下半期の連続テレビ小説へのレギュラー出演がきっかけで本名に改名することに!それ以前は“槍魔栗三助”という、学生時代に所属していた喜劇研究会などで名乗っていた名前を使用していたそうです。改名の理由を生瀬さんは、「以前の名前ではNHKに出られなかった」と語っています…!

第7位:今田耕司(旧:上ロース)(223票)

今の芸名からは想像できない!7位は今田耕司さん(旧:上ロース)!

7位に選ばれたのは、お笑いタレントで司会者としても活動している、今田耕司さん!お笑いタレント・ほんこんさんと共に“ダブルホルモンズ”というお笑いコンビで活動していた際の芸名が、“上ロース”!「かつての芸名を知らなかった!」という人も多いのではないでしょうか?現在の芸名とのギャップの大きさにビックリです!

第8位:杉咲花(旧:梶浦花)(209票)

本人もお気に入りの名前!8位は杉咲花さん(旧:梶浦花)!

8位に選ばれたのは、女優として活動中の杉咲花さん!かつては本名の“梶浦花”の名前で、子役として活動していたことも!中学生時代に「女優になりたい」という思いが固まり、研音に所属。その際、芸名を現在のものに変更することを決められたそうです!“杉に咲く花で、花粉症”と言われることも多く、自身も花粉症という点から複雑な思いを抱くこともあるという杉咲さん。しかし芸名自体は本人もお気に入りのようです!

第9位:華原朋美(旧:遠峯ありさ)(191票)

本名と芸名が似てる!9位は華原朋美さん(旧:遠峯ありさ)!

9位に選ばれたのは、歌手やタレントとして活動している華原朋美さん!1994年は“遠峯ありさ”の芸名で、アイドルとしてバラエティー番組にも引っ張りだこに!後に、所属事務所を移籍したことをきっかけに現在の芸名に改名されました。尚、華原さんの芸名には、本名の“下河原朋美”と近い、というエピソードがあるのだとか!確かに発音が似ていますよね!

第10位:ヒロシ(旧:齊藤健一)(180票)

芸名が決まったきっかけにビックリ!10位はヒロシさん(旧:齊藤健一)!

10位に選ばれたのは、お笑い芸人で、YouTuberのヒロシさん!お笑いコンビ・ベイビーズで活動していた時は本名の“齊藤健一”で活動。「本名に“ヒロシ”が入ってない!?」と驚かれた方も多いのではないでしょうか?芸名の由来となったのは、なんとフリーアナウンサーの生島ヒロシさん!偶然家にあった雑誌の表紙を飾っていた生島さんを見たのが、芸名を決めたきっかけだったそうです!名前の使用は生島さんも許可済み!

第11位:星田英利(旧:ほっしゃん。)(163票)

11位に選ばれたのは、お笑いタレント、俳優として活動している星田英利さん!芸名を“ほっしゃん。”から、本名の“星田英利”に改名したのは2014年のこと。改名に至った理由は“挨拶で以前の芸名を噛んでしまいショックを受けたから”というものでした…!ショックのあまり引退も脳裏に過ぎったそう。噛まない方は以前のように気軽に“ほっしゃん”と呼んで下さい、と仰っている点からは、彼の優しさとユーモアが感じられますね!

第12位:極楽とんぼ・加藤浩次(旧:加藤浩二)(159票)

12位に選ばれたのは、お笑いタレントで、司会者や俳優としても活躍中の極楽とんぼ・加藤浩次さん!元々は本名表記と同じ“浩二”だった漢字を、“浩次”に変えていたと番組で発表。彼が改名に至ったのは、芸能界デビューして2年目にロケで会った、占い師のひと言がきっかけ。字画を指摘された加藤さんは当時仕事が上手くいっていなかったこともあり、小さな改名を決意したそうです!今の成功はこの改名のおかげかも?!

第13位:Matt Rose(旧:Matt)(153票)

13位に選ばれたのは、タレントやミュージシャンとして活動しているMatt Roseさん!テレビで“Matt Rose”と紹介されている彼を見て驚いた!という人も多い様子。改名の理由は同名が多い“Matt”という芸名にラストネームをつけて差別化をはかるため。“Rose”というラストネームには“美と愛を届ける存在になる”という意味があるそうです!彼らしい素敵な由来ですね!!

第14位:月亭方正(旧:山崎邦正)(141票)

14位に選ばれたのは、落語家でお笑いタレントの月亭方正さん!落語家に転身すると決めた翌年の2013年に芸名を“山崎邦正”から“月亭方正”に改名すると発表し、新年早々話題に!名前でわかるとおり、月亭一門に弟子入りしました。すでに大成功していた芸名だっただけに驚きは大きかったですよね!

第15位:野性爆弾・くっきー!(旧:川島邦裕⇒くっきー)(140票)

15位に選ばれたのは、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!さん。最初は本名の“川島邦裕”で活動していましたが、街を歩いていて「川島!」と呼び捨てされる事が嫌で、“くっきー”に改名!しかし2019年に番組の企画で姓名判断を受けた結果「もう1画足した方が良い」と言われ、“!”を追加し、現在の芸名になりました!どんどんポップになっている変化の過程が可愛い!!

第16位:千原兄弟・千原ジュニア(旧:千原浩史)(132票)

16位に選ばれたのは、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアさん!デビュー当初は本名の “千原浩史”の名前で活動していたけれど、2005年に現在の芸名に改名しました。最初に彼を“ジュニア”と呼んだのは、兄・千原せいじさんのアルバイト先の店長。漫画「キャプテン」に登場するイガラシ兄弟の弟の愛称が、“ジュニア”だったことが、その由来となっているようです。親しい芸人の方々からはデビュー前から“ジュニア”と呼ばれていた、というエピソードも!

第17位:スザンヌ(旧:山本紗衣)(131票)

17位に選ばれたのは、タレントとして知られるスザンヌさん!デビュー当時は、本名の“山本紗衣”という名前で活動していました。現在の芸名が生まれたきっかけはある日乗ったタクシーの運転手が、彼女を外国の方に間違えたことにあるとのこと!その時咄嗟に応えてしまったのが現在の芸名“スザンヌ”だったようです!咄嗟に自分にぴったりな名前が思いつけるなんて凄い!

第18位:サンプラザ中野くん(旧:サンプラザ中野)(130票)

18位に選ばれたのは、ミュージシャンや作家として活動しているサンプラザ中野くん!元々は“サンプラザ中野”と言う芸名で活動していましたが、霊感の強い友人から「2画増やした方がいい」とのアドバイスが。その後、「踊る!さんま御殿!!」で正式に“サンプラザ中野くん”に改名する、と発表されました!当時、突然の改名にもかかわらず番組内や公式ホームページでの名前の更新がスムーズに行われた事も話題になりました!

第19位:関根勤(旧:ラビット関根)(128票)

19位に選ばれたのは、お笑いタレントの関根勤さん!デビュー当初の1975年に“ラビット関根”の芸名を桂三枝師匠に名付けられ、芸能活動をしていました。その後1983年に事務所の先輩・萩本欽一さんのひと言がきっかけで、本名で活動する事になったのだとか。改名に大物芸能人が2人も関わっているなんてスゴイ!

第20位:つみき(旧:ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ⇒TSUMIKI☆YANKE)(124票)

20位に選ばれたのは、芸人である村上ショージさんの娘で、女優・芸術家として活動しているつみきさん!2018年12月までは“ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ”という芸名で芸人として活動。後、「真剣に芸術をもっと夢中になってやらないと意味がない」等の理由から芸人を引退し、現在の活動を本格的に開始されました!そして、2021年3月に“TSUMIKI☆YANKE”に改名!さらに2022年7月13日には「つみき」に改名したことをYouTubeの生配信にて報告されました。

実は改名していて驚いた芸能人ランキングTOP20!

この人も改名していたんだ!!と驚きの連続のランキングでしたね!由来や改名のきっかけも様々で、知れば知るほど面白いですね。
以上、10~40代の男女(性別回答しないを含む)5,947名が選んだ「実は改名していて驚く芸能人ランキング」でした。あなたが思う芸能人はランクインしていましたか?

編集者:ことり
調査方法:株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)5,947名
調査日:2021年6月2日

\読まれています/
「芸能全般」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「スポーツ」月間アクセスTOP3

\読まれています/
「音楽」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「ドラマ・映画」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「グルメ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「地域ネタ」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「マンガ・アニメ・特撮」年間アクセスTOP3

\読まれています/
「韓国エンタメ」月間アクセスTOP3

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。
※記事内容が社会規範・公序良俗に反すると判断される場合、予告なく変更する場合がございます。

よかったらシェアしてね!

こちらの記事もおすすめ

目次