みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト

大晦日に見たい!年越しが印象的な映画おすすめ人気ランキング(11~15位)

公開:2020-11-27

大晦日に見たい!年越しが印象的な映画おすすめ人気ランキングTOP20!

15位から11位を発表!大晦日やカウントダウン、年越しの瞬間が印象的な映画をランキング形式でご紹介!年末年始は家でゆっくり映画を観ながら過ごしませんか?邦画から洋画まで大みそか映画の名作が集まった注目の結果、ぜひご覧ください!


第15位:フルートベール駅で(2014年)(75票)

15位はドラマ・クライム映画「フルートベール駅で」。2009年1月1日に実際に起きたオスカー・グラント三世射殺事件をテーマにした物語であり、その前日から当日にかけての出来事が描かれます。1人の黒人青年がなぜ射殺されることになったのか?愛娘や母へ愛情を注ぐ幸せな日々から一転して起きた悲劇を観ると、やるせない気持ちでいっぱいになります……。

【配信中サイト】Netflix、U-NEXTなど








第14位:ストレンジ・デイズ/1999年12月31日(1996年)(76票)

14位はSF・アクション映画「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」。製作は1995年ですが、舞台となるのは1999年の大晦日という未来の世界を描きます。ロサンゼルスで起きたとある犯罪を追う元警官のロニーの物語であり、いかにも世紀末的なお祭り感、高揚感が作品全体を支配する映画となりました。VR的な装置や電子ドラッグも劇中には登場し、今ではあまり観られない退廃的な近未来像を楽しめる、という意味ではちょっとした新鮮さがある作品と言えるかもしれませんね!








第13位:ポセイドン・アドベンチャー(1973年)(78票)

13位はパニック映画「ポセイドン・アドベンチャー」。ニューヨークからギリシャを目指して航行していた豪華客船ポセイドン号を襲った津波被害を描くパニック映画の傑作です!年末から新年にかけて、優雅な旅行を楽しんでいた人々の幸せな時間は一瞬にして終わりを告げ、阿鼻叫喚となった船内映像の迫力たるや……。「タイタニック」が海難事故を描いた恋愛&パニックの名作だとしたら、「ポセイドン・アドベンチャー」はドラマ性の高さにより比重を置いた名作と言えるでしょう!

【配信中サイト】U-NEXTなど










第12位:グラン・ノーチェ!最高の大晦日(伊公開2015年、日本劇場未公開)(79票)

12位はコメディ映画「グラン・ノーチェ!最高の大晦日」。大晦日のテレビ特番を巡る様々な出来事を、テンポの良いストーリーとドタバタなトラブルで彩った本作。個性的な登場人物たちの強烈な存在感と華やかさは終始一貫しており、「やべーヤツ」が目白押しのコメディは、スペイン語という言語も相まって非常にハイテンションかつ情熱的に見えます(笑)笑って大晦日を過ごしたい方、また大晦日でなくても笑いが欲しい方にオススメの一作です!

【配信中サイト】Netflixなど






第11位:駅 STATION(1981年)(81票)

11位はドラマ映画「駅 STATION」。高倉健さん演じる警察官・三上英次の約10年間を描いた物語であり、様々な場面に登場する「駅」のシーンは非常に印象的です。映画開始直後からまさに「昭和」といった感じの風景が広がり、雪景色の中で撮影された別れの場面は最序盤ながら観る人を作品に引き込むのに十分な美しさと儚さがありました。大晦日に紅白歌合戦をテレビで観る場面では八代亜紀さんの名曲「舟唄」が劇中歌として使用され、「舟唄」のようにいかにも昭和歌謡曲的な哀愁が漂う大人向けの邦画として愛されています!

【配信中サイト】Amazonプライムビデオなど






※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

気になるTOP10は…!